1. >
  2. >
  3. >
  4. 事前に学んでおこう!妊娠・出産・育児でいくらかかる?

事前に学んでおこう!妊娠・出産・育児でいくらかかる?

事前に学んでおこう!妊娠・出産・育児でいくらかかる?のタイトル画像

妊娠・出産を迎えるとき、避けて通れない悩みといえば「お金」のこと。出産や育児にはいったいどのくらいの費用がかかってくるのか、前もって調べて把握しておきましょう。

妊娠期間中にかかる費用はどのくらい?

妊娠がわかると、産婦人科で毎月の検診を受ける必要があります。検診は1回3000円から5000円ほどかかり、血液検査などが同時に行われる場合は1万円以上かかることもあります。出産まで15回ほど検診を受けると考えて、検診費用としてトータル10万円程度用意しておくと安心です。自治体によって妊婦さんに向けた控除も増えているので、母子健康手帳や一緒にもらえる冊子によく目を通し、最新の情報をチェックしておきましょう。

入院に分娩…気になる出産費用について

出産費用は妊婦さんがどのような出産方法を望むかで変わってきますが、40万円程度が一般的です。産後の入院中にコース料理が出るなど、産院独自の個性的なサービスがあると、割高になる傾向があります。健康保険に入っていると、出産育児一時金として産院に42万円が給付されるため、実際に支払う金額は少なくてすみます。ただし、産科医療保障制度に加入していない産院だと給付は39万円になるので、事前に産院に確認しておくと安心です。

お祝いやおさがりで差が出る!出産準備品

初めての赤ちゃん場合、新しいものでそろえたくなる気持ちが湧いてきますが、新品とお下がりどちらを使うかで費用に大きく差が出てきます。親戚からのお下がり以外に、オークションを使って安く済ませる方法もあります。赤ちゃん用の体重計などはレンタルも可能です。マタニティウェアは元々持っているチュニックなどを使いまわし、マタニティジーンズや下着など、使いまわしができない部分だけを新たに購入するようにすると経済的です。

内祝いにはどのくらいの金額が必要?

お祝いをいただいてから3週間以内には相手へ届くようにしましょう。お礼状には感謝の気持ちと子どもの名前なども書き添えます。内祝いは、出産のお祝いとしていただいた金額の3分の1から2分の1の価格のものをお送りするのが一般的です。内祝い用として、金額をきちんとメモしておくとスムーズでしょう。必要なものを買い揃えるための出費が多く、なれない育児で慌ただしい時期でもありますが、内祝いは必ず送るようにしましょう。

赤ちゃんのお祝い事にかかる費用は

出産を乗り越えて一息つきたいところですが、お七夜やお宮参り、初節句など赤ちゃんにはお祝いごとがたくさんあります。家庭の方針や地域によって、夫婦だけで行ったり盛大に親戚を呼んで行ったりと差があるため、夫婦で確認しておくと安心です。お食い初めの食事を自分達で用意したり、お宮参りでお下がりの着物を活用するなど、節約できるシーンもあります。一旦10万円程度用意しておいて、余った分を教育資金にあててもいいでしょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ひろりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 事前に学んでおこう!妊娠・出産・育児でいくらかかる?