1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 抱っこママの頑張りすぎないオシャレの楽しみ方

抱っこママの頑張りすぎないオシャレの楽しみ方

抱っこママの頑張りすぎないオシャレの楽しみ方のタイトル画像

自分の意志で楽しめたころと違い、子どもができるとなにげにあるのが子育てママのファッションの制約です。でも、視点を変えればこの時期ならではのママファッションの楽しみ方があるんです。ママでもオシャレをあきらめない!ママ自身が楽しめるファッション、見つけてみませんか?

お悩み満載!育児中のママファッション

抱っこママの頑張りすぎないオシャレの楽しみ方の画像1

育児疲れしたママにはなりたくないし、たまには気分転換になるようなオシャレもしてみたい。けれど、子どもを抱っこすると、よだれで洋服を汚されることも多いし、ピアスやネックレスを引っ張られたりして、アクセサリーもつけられない。なんだかファッションが思うように楽しめない…

赤ちゃんが生まれてからのファッションは今までのスタイルとは違ってくるので、どうしても機能性が優先になりがち。好きなものが着れなくなったり、何を着ていいのか悩んでしまうママも多いです。



でもそれは、今までのファッションスタイルを基準にしているから。今度は育児中にできるファッションアイテムを意識して選ぶようにすればよいのです。

抱っこママのアイテム選び

前身頃側にビジューがついていたり、立体的なデザインが施されていたりすると抱っこした時に赤ちゃんを傷つけたり、引っかかったり、引っ張られたり。できるだけ前はシンプルな方がいいですね。その分「色」や「柄」で楽しんでみましょう。



お子さんとの親子コーデもこの時期ならではの楽しさがありますね。同じ柄、同じデザインでのコーデもありますし、それはちょっと恥ずかしい。。という方なら、素材でリンクするのもいいですね。また、今季の大本命トレンド、デニムなら、ママとお子さんもあわせやすいのではないでしょうか?

また、後ろにポイントのあるデザイン、(例えば小さなリボンやボタンがついている、など)はお子さんの抱っこを妨げないのでおすすめです。

スタイルアップにも役立つ小物

抱っこママは両手があいたほうが何かと便利です。なので、バッグなど小物選びも肩にかけられるショルダータイプが楽チン!でも、そのバッグにたくさんのものを詰め込んでいないでしょうか?

子連れのお出かけは、おむつに着替え、ミルクにおもちゃ、そしてママの荷物、とバッグもパンパンになりがちですが、荷物をいっぱい詰めたバッグは全体のバランスを悪くしてしまいます。



一つのバッグに無理にまとめようとせずに2つに分けて、2個持ちしてみる。それだけでもスッキリして見えたりします。携帯や貴重品、ハンカチちり紙など、すぐ手にしたいものは小さなショルダーバッグ、ほかの荷物は大きなバッグへ。たまにはこんな持ち方をしてもいいかもしれませんね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

よしなみりか

パーソナルコーディネーター®認定インストラクター。育児に追われ、時間に追われているママにも楽しめる、着こなしや着まわし、ワードローブのつくり方があると感じ、ママ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 抱っこママの頑張りすぎないオシャレの楽しみ方