1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. もしあなたが迷っていたら…後悔しないためにも「妊活」は医師任せにしない!

もしあなたが迷っていたら…後悔しないためにも「妊活」は医師任せにしない!

もしあなたが迷っていたら…後悔しないためにも「妊活」は医師任せにしない!のタイトル画像

不妊治療デビューをしたものの、毎月、同じ方法で治療を繰り返すだけ。いまだ妊娠もせず……。このままでいいのかなぁ~? 転院したほうがいいのかなぁ~?そんな気持ちになっている人、いませんか?

もしあなたが迷っていたら…後悔しないためにも「妊活」は医師任せにしない!の画像1

自分の希望を医師に伝えよう

不妊外来デビューしたい、あるいはデビューしたばかりの人へ

排卵日に合わせて行う“タイミング法”、
子宮内に採取した精子を直接注入する“人工授精”、
採卵、採精し、受精させたたまごを子宮に戻す“体外受精”…

あなたが望む不妊治療は、どのようなものでしょうか?

不妊治療と一言でいっても、いろいろな治療方法があります。
不妊治療をしたい、不妊治療に関して勉強し始めたばかりという人は、自分ではよく分かりませんよね。

そういう時は、

「あまり薬は使いたくない」
「なるべく自然に近い方法で妊娠したい」
「本格的に取り組みたい」

など、自分の希望を医師に伝えると良いと思います。
また予算や治療期間も決めていれば、これらも伝えておきましょう。

医師はあなたの希望を聞いたうえで、治療法を提案してくれます。
婦人科で相談した場合、本格的な治療が受けられる不妊外来をすすめられる場合もあります。

治療を進めていくなかで、疑問や不安を感じたら…

何回か同じ方法で治療をしていくと、使う薬、体の反応、通院の間隔など、
大体の流れが分かってきます。

そんな中で、いい結果が出ないことがたび重なると、
今の治療法や使用薬に疑問や不安を感じてきます。

ネットや雑誌、書籍などから得た不妊治療や薬を試してみたくなります。
そういう時は、思い切って主治医に相談してみましょう。 

相談したことで、主治医との関係がぎくしゃくしてしまわない?

確かにその心配はあります。
しかし、妊娠・出産の期間は決まっています。

もやもやした気持ちのまま治療を続け、妊娠ができない年齢になっても後悔はしませんか?

切りだせないから、ぎくしゃくしたくないから転院するという考え方もありますが、

相談したことで関係がぎくしゃくした、
意見を聞き入れてもらえなかった、
望む治療とは違った、

など、言い出したあとで、転院を考えればいいのではないでしょうか。

我が家の場合は

不妊治療を始めて5年目の我が家。

治療の主導権は夫が握り、医師からの説明やデータから判断して治療方針や使用薬を決めます。

決定権は私にあり、周期ごとに使う薬の量や種類を医師に提案します。
試してみたい治療やサプリメント、薬なども気軽に相談します。

ムッとされることも否定されることもありますが、やってみましょうと治療に取り入れられることもあります。

いかなる場合でも、必ず説明してくれるので、提案が実行できなったときでも自分の中で消化し、
気持ちを切り替え、また治療に取り組めています。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を書いた人

Kuma*Kuma

アラフォー@イラストレーター。ズボラでテキトー、感覚人間のワタクシ・くまくまと、きっちりかっちり几帳面、合理主義の理系サラリーマン・もじゃお(47)は、2009...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. もしあなたが迷っていたら…後悔しないためにも「妊活」は医師任せにしない!