1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 毎朝、保育園の玄関で大泣き!上手にお別れする方法とは?

毎朝、保育園の玄関で大泣き!上手にお別れする方法とは?

毎朝、保育園の玄関で大泣き!上手にお別れする方法とは?のタイトル画像

入園おめでとうございます!
でも、おめでたいどころか、毎朝、園の玄関で大泣きされると親としては、すごくつらいですよね。「まだ預けるのは早すぎたかしら」と思ったり、仕事に行くときも、いつまでもその光景を引きずって気持ちがブルーになってしまいます。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030023530

こんにちは。『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子です。

毎日行く保育園、久々に仕事に復帰。機嫌よく園の玄関で「バイバイ」してくれる子どもだったら、どんなに気持ちが楽でしょう。でも、最初からバイバイできる子ばかりではありません。毎朝、別れ際にギャン泣きされてしまうと、すごくつらいですね。

「私が仕事を始めたことで、子どもに可哀想な思いをさせているのではないか」
「子どもを犠牲になっているのかも」
「まだ預けるのには早すぎたかしら」
と後悔してしまう瞬間があるかもしれません。

でも、様々な事情があって園にお願いする選択をしたのです。罪悪感を持つ気持ちもわかりますが「仕事を始める→園にお願いする」と決めたのならばいつまでも引きずっていてはなりませんよ。

そこで、今日は園での上手なお別れ方法についてお伝えしたいと思います。

なぜ、子どもはお別れの時にそんなに泣くの?

おもちゃもたくさんあるし、園庭もあり、友達もたくさんいるのに、どうして子どもはお別れのときに毎朝泣くんでしょうか。
分析してみました。

泣く理由① 見知らぬ場所だから

大人だって、知らない場所に行くのって緊張感がありませんか?

ずっと家にいた子どもだったらなおさらです。しかも、1時間2時間の短時間ではなく朝から夕方までそこにいることになります。トイレだって家の仕様とは違います。昼寝の布団の感触も違います。慣れないうちはぐずるものです。

②知らない人だから

育児のプロである保育士といっても見知らぬ人です。それに園には3~5歳の大きい子どもも大勢いて圧倒されます。「この人たちにお世話してもらってね」「このお友達と遊ぶのよ」と急に言われも馴染めないのです。

時間が経過すれば見知らぬ人たちも“よく知っている人たち”に変わり、喜んで遊べるようになりますよ。

③味が違うから

初めての給食。家で食べつけていた“家庭の味”とは見た目も味付けも違います。しかも「残さず食べよう」と指導されます。「あれ嫌い、これ食べる」とわがままが言えない場所なんです。

④思い通りにならないから

家では自由に好きなおもちゃで遊べていたのに、大勢の子どもがいると取り合いになったり、譲らなくてはならないことも多々あります。家のようにはいかないのでちょっと窮屈だったりします。でも、“自分の思い通りにならないこともある”ことを体験し、お友達との交渉を通して社会性も付いていきます。

もちろん、すぐに馴染む子もいますが4月5月中まで、このように保育園に行くのを嫌がる子どももいます。

こんなとき、子どもとの“上手なお別れの仕方”があります。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

保育園 保育園・幼稚園・こども園 遊び・教育

この記事を書いた人

立石 美津子

子育て本著者、講演家、自閉症児を育てる母親

著書は『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』
『読み書き算数ができる子にするために親がやっては...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 毎朝、保育園の玄関で大泣き!上手にお別れする方法とは?