1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 不妊治療で「子宮内膜の薄さ」が、どうして必要なの?我が家の体験談

不妊治療で「子宮内膜の薄さ」が、どうして必要なの?我が家の体験談

不妊治療で「子宮内膜の薄さ」が、どうして必要なの?我が家の体験談のタイトル画像

長年の不妊治療で、私の内膜はまったく厚くならなくなってしまいました。一般的に内膜は厚いほど妊娠率が上がるといわれているだけに、これは何とかしなくてはいけません!! 

不妊治療に「子宮内膜が薄い」と何がダメなの?

子宮内膜が薄いと、妊娠しづらい、流産しやすい、からです!

○内膜の厚さと妊娠・出産率

・妊娠率
子宮内膜8mm 53.1%
子宮内膜16mm 77%

・出産率
子宮内膜8mm 44.9%
子宮内膜16mm 67.6%

@Shady Grove Fertility Reproductive Science Center Georgetown University


上記のデータを見ても分かるように、内膜は厚みがあるほうがいい結果を出しています。不妊治療では、移植決定時の内膜は最低でも8ミリ以上を基準とし、理想としては10ミリ以上が望ましいとされています。6ミリ以下は内膜が薄いとされ、妊娠する可能性が限りなく低いといわれています。
妊活する人のあいだでは厚い内膜は〝ふかふかベッド〟といわれ、1ミリでも内膜を厚くさせようと日々、試行錯誤しています。

一般的〝内膜ふかふか作戦〟

病院では薄い内膜を1ミリでも内膜を厚くさせようと、多種多様の薬が処方されています。

○一般的な処方
・プレマリン……内服薬。女性ホルモン補充
・エストラーナテープ……貼り薬。女性ホルモン補充
・ユベラ……内服薬。ビタミンE剤
・ツムラ当帰芍薬散……漢方薬。体を温め、血行促進

通常の人はこれらの処方で薄い内膜が改善されるのですが、私の内膜にはまったく効果が上がりません。そこで主治医が実験的に考えた方法も試みることとなりました。

実験的〝ふかふか内膜作戦〟

○試みた処方
・フェマーラ ……通常、生理3日目から3日間内服するところを、長期服用。女性ホルモンのエストロゲンを押さえ、排卵促進を促す効果がある薬なので、長期服用することで排卵促進で内膜を厚くさせる作戦

・バイアグラ……内服もしくは膣剤で使用。血流促進で内膜を厚くさせる作戦

・栄養剤注射……がん患者などに投与する栄養剤を膣に注入。免疫力をつけることで内膜を厚くさせる作戦

効果は残念ながら、まったくありませんでした。不妊治療では現状、子宮内膜を厚くする決定的な方法jも薬もありません。各病院では少しでも内膜が厚くなればとあれやこれやと試行錯誤しているわけですが、私の治療は完全に迷走しています(笑)。


ついに内膜に変化が!

不妊治療で「子宮内膜の薄さ」が、どうして必要なの?我が家の体験談の画像1

8~9ミリ台あった私の内膜は、長年の不妊治療による体調不調、流産、年齢などの問題が重なり、ここ2年間は何をやっても5ミリ台でした。絶望的な気持ちになっていたころ、内膜に嬉しい変化が表れたのです!

○健康食品、LEM(レム)、LEMファーム
・LEM(レム)、LEMファームはシイタケ(微生物)の働きを利用して作られた醗酵食品
・免疫賦活、コレステロール低下、抗ウイルス、血栓形成抑制に作用

直接、妊娠に結びつく効能はありませんが、免疫力をつけることで体の不調を整えることで、妊娠しやすい体になるのではないかと、妊活でお世話になっている漢方医から勧められました。これが私の体には合っていたようで、内服して2か月で内膜が厚くなるようになりました。

内膜が薄くても妊娠できる

さんざん内膜の厚さに執着してきましたが、「内膜の厚さと妊娠は関係ない」「内膜が薄くても妊娠できる」と考える医師もいます。実際、6ミリ台の内膜でも妊娠する人はいらっしゃいます。年齢が若ければ、受精卵の質が良ければ、内膜が多少薄くても妊娠するともデータで出ています。

私たち夫婦は高齢からの不妊治療なので、内膜が薄いままで移植を行うのはやはり心もとないです。この2年間、毎月大量の薬を処方されても内膜が厚くならず、ずっと移植を断念してきました。

ネット検索をすると、内膜が薄くて悩んでいる人が意外に多くので驚きました。内膜の薄さに悩んでいる方に私の体験談がヒントになれば幸いです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を書いた人

Kuma*Kuma

アラフォー@イラストレーター。ズボラでテキトー、感覚人間のワタクシ・くまくまと、きっちりかっちり几帳面、合理主義の理系サラリーマン・もじゃお(47)は、2009...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 不妊治療で「子宮内膜の薄さ」が、どうして必要なの?我が家の体験談