1. >
  2. >
  3. >
  4. どうしてもひっかかる。「家族サービス」という言葉への違和感

どうしてもひっかかる。「家族サービス」という言葉への違和感

どうしてもひっかかる。「家族サービス」という言葉への違和感のタイトル画像

先日、打ち合わせに参加していた男性が、終わり際の雑談で「あしたは家族サービスをします」と言いました。以前から「家族サービス」とか「育児を手伝う」という言い方に、いちいち「ん?」と思っていたため、つい「サービスって言い方って!」と口を出してしまいました。

せっかくの機会なので、長年なんとなく引っかかっていた「家族サービス」という言葉について考えてみます。

「家族サービス」って、なんだろう?

どうしてもひっかかる。「家族サービス」という言葉への違和感の画像1

仕事の終わり際に、取引先の男性が「あー、終わったー!あしたは家族サービスします」と言いました。
小さなお子さんのいるパパです。

「いやー、いいパパですね。」とも思いますが、どういうわけかわたしは以前から『家族サービス』という言葉にしっくりこないというか、ひっかかりがあるんですよね。

それでつい、

「家族サービスって言われたら、ご家族ちょっとさみしくないですか?」

と余計なことを言っちゃったんです。

ところが、言われた相手は「え?」と。(笑)

「家族サービスって、なにか、まずいんですか?」

とびっくりした様子でした。


なにがまずいかと聞かれると、わたしもはっきりとは答えられなかったのですが、なんとなくひっかかる「サービス」という言葉。

サービスって商売っぽいじゃないですか。
家族にサービス?
ちょっと変な感じがするんです。

とはいえ、引っ込みもつかなかったので、まずは「サービス」の意味を検索してみました。

個人(客・来訪者)や社会や家族に対する、奉仕的な活動、また、職務としての役務提供。

ちょっと難しくてわかりません。

うーん、どうしてこんなに「家族サービス」という言葉にひっかかるんだろう?

ママが使うとどうなるか、試してみました

わからなくなってきたので、とりあえずママである私も使ってみようと思いました。

「あー、仕事がんばった。週末は家族サービスするよー!」と。

でもこれ、なんかちょっと違和感ありません?
ママは家族にサービスする感じがしない。
どうしてだろう?

あまり認めたくないですが、やはりわたし自身の中にも、"女性だから家族にサービスするはずがない"という概念があるのでしょうか。


ではなぜ女性は、家族にサービスをするはずがないと思うのか。

それは、"ママは家族の笑顔のために、なにかをすることが"あたりまえ"と思われているから。

"女性が何かするのは当たり前で、男性だとサービスになる。
ここが私の違和感の“素”だと思うのです。

どうしてもひっかかる。「家族サービス」という言葉への違和感の画像3

でもよく考えると、小さな子どもがいる家庭で、家族と過ごす時間ってそんなに嫌なものでしょうか?

むしろ子どもたちの笑顔を見たくて、笑っていてほしくて、どこかに連れていこうとしたり、一緒に遊びたくなる。

疲れていても、しんどい日でも、頭に来ても、それでも子どもたちになにかをしてあげたくなってしまう。

つまりそれは、子どもたちのために"してあげている"というよりも、したくてやっていることであって、がんばれてしまう力の源でもあるわけです。

サービスとしてして差し上げているわけじゃない。


もちろん、
「まま― あれとって」
「ままー おみずのみたい」
「ままー せなかかゆい」とか言われると、

『うっさーい!自分でやって!』

と思うこともありますが(笑)。

かといって、
あれとって・水汲んで・背中をかくことも、
サービスではないんですよね。

してあげるではなく、そうしたいからここにいるパパであってほしい

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

Ca-sun編集長 高沖 清乃

フォトアプリ『Baby365』プロデューサー。ママのための情報サイト『Ca-sun』編集長、マタニティサイト『ニンプス』発行人。

2008年に働く女性のた...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. どうしてもひっかかる。「家族サービス」という言葉への違和感