1. >
  2. >
  3. 食べつわりとは?症状・原因・対策まとめ

食べつわりとは?症状・原因・対策まとめ

食べつわりとは?症状・原因・対策まとめのタイトル画像

食べつわりとは、「何か常に食べていないと気持ちが悪くなる」というつわりの症状です。食べないと吐き気がしますし、食べ過ぎても太ってしまい、なかなか悩ましい症状ですよね。どのようにしたら食べつわりを解消できるのか、食べつわりの原因・症状とともに、すぐに取り入れられる対策をご紹介します。

目次 食べつわりとは?症状は?
食べつわりはいつまで?
食べつわりの原因
食べつわりの対策
食べつわり中の注意点
まとめ

食べつわりとは?症状は?

食べつわりとは?

食べつわりとは、つわりの一種で、口の中に食べ物がなかったり空腹になったりすると、気持ちが悪くなり吐き気を催す症状です。食べつわりになると、むくんだり太りやすくなったりしますし、妊娠の経過にも影響することがあるため注意が必要です。

食べつわりの症状

食べつわりの主な症状は以下のようなものです。

●空腹による吐き気
ゲップが出る感覚で胃がムカムカしたり、空腹時や口に何か食べ物が入っていないと吐き気がしたりします。また、朝起きたときは胃の中が空っぽになっているため、吐き気が起こりやすいといわれています。

●食べ過ぎによる吐き気
最初はお腹が空いて気分が悪くなっていたのに、それを満たすために食べ過ぎたことでも吐き気を催すことがあります。

食べつわりはいつまで?

食べつわりとは?症状・原因・対策まとめの画像2

一般的につわりは妊娠5~6週に始まり、12~16週ごろまで続くと言われてはいますが、個人差があります。また、妊娠後期に後期つわりと言われる症状が出る人もいます。食べつわりに関しては特に個人差が激しいので、食べつわりが起こる時期、食べ物の好みや量、食事の回数などは千差万別と言えます。食べつわりに関する体験談をご紹介します。

食べつわりの原因

医学的に確定しているわけではありませんが、食べつわりはホルモンバランスの変化が原因ではないかといわれています。妊娠すると、普段は出ないhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が分泌され、一気に増加します。このような大きな変化がホルモンバランスの崩れを生み、消化器官系に吐き気症状を引き起こすと考えられています。

食べつわりの対策

食事量を減らして回数を増やす

食べつわりが治まらない場合は、1回の食事の量を減らして、回数を増やしてみてください。朝食・お昼前・おやつ時・夕食・夜食など、1日4~5回の食事回数にして、極端に空腹になる時間を減らしましょう。外出時や起床時にすぐに食べられるガムや飴、ビスケットなどを手元に準備しておくのも効果的です。1回の食事の量を減らさず回数だけ増やすと、肥満の原因となってしまうため注意が必要です。

低カロリーの食品を選ぶ

食べつわりで気になるのは、カロリーの過剰摂取です。妊娠中の急激な体重増加は、母体にも赤ちゃんにも悪影響が出やすいので、できるだけ低カロリーで体重に影響しないものを食べましょう。食べられるのであれば、温野菜や大豆製品など、栄養バランスが取れるものを食べるように心がけましょう。

身体を温めるものを食べる

妊娠中は身体を冷やさないようにすることが大切ですので、身体の内部から温める物を食べるようにしていきましょう。食事に温かいスープなどを加え、間食にはハーブティなどを飲むことで、満腹感も得るので食事の量を減らすことができます。

食べつわり中の注意点

よく噛んで食べる

食べつわりがある人は、どうしても食べていなければ気持ちが悪いからと早食いになってしまいがちですが、しっかり噛んで食べるようにしましょう。よく噛んで食べると、唾液がたくさん分泌されて満腹感を早く得ることができますし、胃腸の消化にも良いです。

虫歯に注意

妊娠中は虫歯になりやすくなりますが、食べつわりで食べる回数が増えると、さらに虫歯になる確率が上がります。そのため、食べた後は毎回うがいや歯磨きをすることをおすすめします。歯磨きをすると気持ちが悪くなる場合には、食後に水を飲むだけでも虫歯予防になります。

まとめ

食べつわりの対策で肝心なことは、健康を損なわない程度に、常に満腹感を得られるように工夫をすることです。そのためには、食事回数を小分けにしたり、常に食べられるものを持ち歩いたりすることが効果的です。

身体の変化への戸惑いや、つらい症状による心身の疲れがあると思いますが、つわりには必ず終わりがやってきます。パートナーや周囲の人々の協力も得ながら、頑張って乗り越えていきましょう。

つわりへの対処方法 坂本産婦人科

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の病気・症状 つわり

この記事を書いた人

はむはむ

福岡在住の主婦です。子育てしながら在宅で記事を書いています。ママの心に寄り添えるような記事を届けていきたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. 食べつわりとは?症状・原因・対策まとめ