1. >
  2. >
  3. >
  4. 育児休暇(育児休業)制度とはいったいどんなもの?

育児休暇(育児休業)制度とはいったいどんなもの?

育児休暇(育児休業)制度とはいったいどんなもの?のタイトル画像

育児休暇(育児休業)とは、産前・産後休暇のあとに取得できる、育児に専念するための休暇のことです。会社に育児休暇の制度がない場合でも、申請することが可能で、雇用者側が労働者の育児休暇の申し出を拒否したり、これを理由とした解雇は法律で禁止されています。だれでも申請できるとはいえ、労働者側としては休暇中に社内での業務に支障がないよう、育児休暇に入る必要があります。

育児休暇(育児休業)が取れる人の基準とは?

育児休暇(育児休業)を取得することができるのは、男女に関わらず常用雇用の正社員の他、パート社員・契約社員など、同じ職場で1年以上雇用されている労働者で、子が1歳に達する日を越えて引き続き雇用されることが見込まれていることが必要です。ただし産前・産後休暇と育児休暇は別扱いとなるため、妻が産後休暇中に夫が育児休暇を取ることは可能です。

育児休暇の取得期間は決まっています

育児休暇を取得できる期間は、子どもの1歳の誕生日の前日までの間(公務員は3歳まで)となっています。両親ともに育児休業を取得する場合は、パパママ育休プラスとして、子が1歳2か月に達するまでの間に1年間取得することが可能です。



また、保育園に入所できず職場復帰ができないなど、子が1歳を超えても休業が必要と認められる一定の場合には、子が1歳6か月に達するまで延長することができます。育児休暇の申請は休暇開始日の一ヶ月以上前、延長の申請は1歳の誕生日の2週間以上前から行っておく必要があります。

休暇中は育児休業給付金を受け取れるかも

出産・育児にはいろいろと出費が重なるものですが、育児休暇中は産前・産後休暇と同じように、雇用者側には給料の支払い義務がありません。このため、産後しばらく休暇をとっている期間の収入がゼロまたは大幅にカットされてしまう可能性も大きいのですが、ハローワークで期間内に申請を行うと、雇用保険から「育児休業給付金」が給付されます。受給対象者の条件に当てはまるかどうか、ハローワークで相談してみるとよいでしょう。

育児休暇取得に必要とされる書類とは

育児休暇を申請するときは、子の氏名・生年月日・休業開始予定日及び終了予定日などを記載した書類を提出します(規定の書類がある場合にはその書類を使用しましょう)。育児休暇を申し出ると同時に、雇用者側から必要な書類の提出を求められる場合もあります。その後、雇用者側から育児休業取扱通知書が労働者に向けて発行されます。出産が早まったなどの特別な事情が認められれば、1回に限り書類変更を申し出ることが可能です。

育児休暇は女性だけでなく男性も申請することが可能です。休暇中に給料の代わりにもらえる給付金を申請しておくと生活の助けとなりますので、忙しい育児期間中ではありますが、申請するのを忘れないようにしましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

ママの仕事 育休(育児休業)

この記事を書いた人

ひろりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 育児休暇(育児休業)制度とはいったいどんなもの?