1. >
  2. >
  3. >
  4. 働くプレママ必見!妊娠中も仕事を続けていくには

働くプレママ必見!妊娠中も仕事を続けていくには

働くプレママ必見!妊娠中も仕事を続けていくにはのタイトル画像

妊娠中も仕事を続けていくには、ちょっとした工夫や注意が必要です。特に初めての妊娠では不安も大きくなりがち。周囲の人に協力してもらいながら、マタニティライフと仕事の両立をしていきましょう。

妊娠がわかったら早めに上司に相談を

妊娠が分かったら、なるべく早い段階で職場の上司に伝えましょう。出産予定日を伝え、出産まで仕事を続けるのかどうかの希望をきちんと伝える必要があります。悩んで報告する機会を逃さないことが大切です。力仕事や化学物質を扱う仕事をしている人は、母体に負担をかけないために仕事内容を変更してもらうことも必要でしょう。つわりによる体調不良や健診など、早退や欠勤をする場合があることも事前に報告しておくと安心です。

産休、育休や今後の仕事の進め方を考えよう

次は、今後の働き方について考えましょう。仕事を辞めるのか続けるのか、続けるのであればいつ頃まで続けるのか、産後に仕事復帰するのかなど、改めて今後の仕事と育児の両立についてじっくりと考えてみましょう。初めての妊娠では分からないことが多く不安な気持ちも生じますが、出産はこれからの見通しを立てるよい機会でもあります。できるだけ自分の希望を叶えるためにも、職場の上司に自分の気持ちや考えを伝えておくことが大切です。

ワーキングママに関する法律や手当

働くママを応援する制度はたくさんあります。産前産後休暇は、産前6週間から産後8週間は休暇を取ることができる制度です。子どもが1歳の誕生日を迎えるまで取得できる休暇が育児休暇制度で、こちらは会社に書面を提出する必要があります。産前産後の休暇中に給料がない場合にもらえる出産手当金、育児休暇中に支払われる育児休業給付金などもあります。職場によっては特別休暇や勤務時間の短縮などを設けているところもあるので、調べて活用するとよいでしょう。

社内での過ごし方にも工夫が必要です

妊娠中、喫煙者からはできるだけ遠ざかるのが安心です。風邪薬などを飲めなくなるため、マスクをつけるなど常に予防が必要です。歩きやすい靴を履いたり、階段は手すりを持ったりといった注意も必要です。また、重労働や物を持ち上げるなどの作業は避けましょう。誰かに仕事を代わってもらう場合などは気配りを忘れずに、自分も周囲も快適に仕事ができる環境作りを心がけましょう。

早産や流産の危険性にも考慮した働き方を

妊娠中はいつ何が起こるか分かりません。順調であっても、油断は禁物です。特に通勤時や急いでいる時などは、転倒しないよう注意が必要です。急ぐことのないよう、これまで以上に時間に余裕を持って行動することをおすすめします。妊娠中は急に気分が悪くなったりお腹が張ったりすることもあるので、体調不良を感じたら無理をせずに休憩を取るようにしましょう。また、妊婦に冷えは大敵です。冷えている実感がなくても体を温めるようにするのがよいでしょう。

関連する記事

この記事に関するキーワード

ママの仕事 妊娠中のお仕事

この記事を書いた人

ひろりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 働くプレママ必見!妊娠中も仕事を続けていくには