1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 今流行りの「ミニマリスト」。モノを減らし豊かな生活を送るためのヒントとは?

今流行りの「ミニマリスト」。モノを減らし豊かな生活を送るためのヒントとは?

今流行りの「ミニマリスト」。モノを減らし豊かな生活を送るためのヒントとは?のタイトル画像

要らないモノを捨てると運気が上がる、幸運が舞い込むといったことを耳にすることはありませんか?モノを減らすと何となく良さそうだけど、それ本当?と感じるかもしれません。でも実はちゃんとした理由があるんですよ。また、家族や子どものモノが沢山あって何をどう減らそうか、悩むママも多いのでは?今回は毎日を心地よく過ごすための、モノを減らすヒントをお伝えします。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11021007264

モノが増えた分だけあなたのエネルギーが減る、という事実

今、あなたの周りには一体どのくらいの「モノ」がありますか?
例えば、ペン立てに入っているボールペン・サインペン・シャープペンのたぐい。色も黒・赤・青…と数えられないほどの本数がある方もいると思いますが、実はその1本1本を、皆さんは頭の中でちゃんと把握しています。

子どもに「お母さん、アレどこ?」と聞かれれば「アレはどこどこの棚の何番目の引き出しよ」ときっと即座に答えられることでしょう。
つまり、身の周りにあるモノは「ただのモノ」ではなく、あなたが無意識に記憶して「常に気を配っている存在」なのです。

モノが豊富な日本では、1人あたりが所有しているモノの数が平均で1万個を超えるともいわれています。
所有しているモノが多ければ多いほど、その人の記憶の領域にモノが占める割合は増え、さらにそれらが整理されていなかったり壊れていたりすると「アレを片づけなければ」「アレを修理しなければ」と、常に頭の片隅で気にかかっている状態となります。

つまり、あなたのエネルギー(労力)がモノによって取られ続けることになるのです。それが集中力を欠く原因にもなってケガやミスにも繋がりますし、疲労やストレスとして蓄積されることにもなるのですね。日々のお掃除や片づけも、モノが多いと一苦労です!
そういった悪循環が、「運気が下がる」状態だと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

家の中のモノを減らす方法は3通りしかない

モノが増える・モノが多いと悪循環に陥りやすくなるということは、逆に言うと余計なモノを減らせば無駄にエネルギーを浪費しなくて済み、自分が本当にやりたいこと・望むことにエネルギーを集中できるので、良い結果を引き寄せやすくなるということです。

モノを減らす方法は、実は以下の3パターンしかありません。

【1】食べる・使う(自分が消費する)
【2】あげる・売る(他の人に使ってもらう、自分以外の人に消費してもらう)
【3】捨てる・処分する

簡単に言うと、商品を10個買ってきたら10個消費しないと、家の中にモノがどんどん増え続けることになります。
さらに、モノが家に入ってくるルートは「買う」というルート以外にも、人から頂いたり、試供品や景品としてもらったり、郵送・宅配で送られてきたり…と、あなたが気付きにくいあらゆるところから家の中に入ってきます。

次々に入ってくるモノに対して、それを「消費するスピード」というのは思った以上に遅いもの。だから、常に「家の中にモノを入れない」努力と「モノを減らす」という意識を持つことが、とても大切なんですね。

これは処分する?しない?の判断基準

今流行りの「ミニマリスト」。モノを減らし豊かな生活を送るためのヒントとは?の画像2

いざ、モノを減らそう!と意気込んで片づけにとりかかるも、そこで皆さんが悩むのは「これは処分すべきモノか?とっておくべきモノか?」という線引きだと思います。
このように、処分の判断基準に悩んでいる時には、以下の項目に当てはまるようなら潔く処分することを検討してみましょう。

■直せば使えるモノ■
修理しないと使えない(直せば使える)モノがある場合、それは基本的に使っておらずそのまま放置されているというケースがほとんど。はたしてこの先、わざわざお金と労力をかけて修理してまでそのモノを使おう、と思えるかどうか?です。そう思えないなら手放しましょう。

■今は使っていないモノ■
以前は役に立っていたけれど今は使っていないモノ、というのは「過去のあなた・過去の家族」に必要だったモノです。そしてそれは「今のあなた・今の家族」には必要がないモノなのです。「いつか使うかも…」と思っていても、二度と過去の状態に戻ることはないでしょう。また、古いエネルギーを持つモノは運気的にもNGです(思い出の品として保存する場合は、そのつもりで大切にしましょう)。

■人から頂いて扱いに困っているモノ■
人から頂いたけれど扱いに困っているモノは、感謝の気持ちを持って手放しても大丈夫です。それをあなたに贈った相手は贈った時点で満足しているので、渡した後のことは意外と気にしていません。また、あなたが受け取って御礼を伝えた時、すでに「愛情の受け渡しと恩返し」は完結していますので、あとはお互いにとって気分良く過ごすためにはそのモノをどう扱うか、が大切なのです。

■存在を忘れていたモノ■
箱や引き出しを開けた時に「あ、こんなモノあったんだ」と思うような場合、それはこれからも使うことがないモノです。

■買い直しができるモノ■
あってもなくてもどちらでも構わないようなモノは、とりあえず「処分する」方を選びましょう。たとえ捨てても必要な時は買い直すことができたり、誰かに借りることもできるので心配いりません。また、次に買い直したりする時には、本当にそれが必要かどうか吟味するようになりますので、無駄なモノを買わなくなる効果もあります。それよりも、買い直せないモノや思い出の品などに気を使いましょう。

■所有していて・使っていて気分の良くないモノ■
高価だったから…とか、勿体ないから…という理由で、あなたが嫌だと思いながら持っているモノなら処分した方が運気が上がります。足に合わない靴なども同様です。気分が下がると運気も下がるものなので、あなたが所有していて・使っていて気分が良いモノを残すようにしましょう。

片づけや収納で苦労する前に…まずはモノを減らして「楽しく・ラクに・気分良く」!

いかがでしたか?
モノが多いことで片づけや収納で悩む前に、まずはモノを「必要以上に家に入れない」ことと「減らす」意識を持つことで、ご家族皆さんの購入・消費バランスを見直すことができます。この機会にぜひ、身の周りのモノを今一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

本当に必要なモノと気分の良いモノだけを持つようにすれば、エネルギーの消耗やストレスも減り、毎日がもっと楽しく・ラクに・気分良く過ごせるようになりますよ!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

ライフスタイル 住まい・インテリア・収納

この記事を書いた人

運気アップ風水アドバイザー ラピスハーモニー鈴木晶子

運気アップ風水アドバイザー 鈴木晶子(すずき あきこ)

横浜で幸せ叶える運気改善コンサルタントセラピーサロン「Lapis Harmony」経営。
お越し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 今流行りの「ミニマリスト」。モノを減らし豊かな生活を送るためのヒントとは?