1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 12ヶ月の赤ちゃん

12ヶ月の赤ちゃん

12ヶ月の赤ちゃんのタイトル画像

離乳食が完了期に入ったり体つきも変わってきたりと、赤ちゃんから幼児へと成長していく満1歳の頃。自立と依存の間を行き来しながら成長していく時期でもあります。この頃の赤ちゃんのからだの特徴やお世話のポイントについてまとめました。

生後12ヶ月の赤ちゃんのからだ

生後12ヶ月の赤ちゃんの身長は70~80cm、体重は7.2~11.3kgほどです。産まれてから満1年、頭のてっぺんにある大泉門も閉じはじめ、一人前の幼児の誕生です。1歳を過ぎる頃には発育の個人差は2〜3ヶ月の幅が出てくるので、数値や状態はあくまでも目安にしてくださいね。

生後12ヶ月の赤ちゃんの動き

よく動き回り、タンスの隅やカーテンの後ろ、狭いところや物陰が大好き。ソファにもよくのぼり、ママやパパとのハイハイ追いかけっこも大好きです。1歳の誕生日頃に歩き始める赤ちゃんは、全体の約半数。おすわりや寝た状態から一人で立つことができるようになり、助けを借りず一人歩きを始める赤ちゃんもいます。最初はがに股で、転ばないように両手を広げてバランスを取り、足をゆっくり交互に出して進みます。そのうち安定してまっすぐ歩けるようになり、後ずさりもできるようになります。外に行くときは、ぴったりサイズの靴を履くようにしましょう。1歳半までにはほとんどの子が一人で歩けるようになるので、この時期にまだ歩いていなくても心配はありません。

生後12ヶ月の赤ちゃんの感情と興味

立てるようになると視界と行動範囲がぐんと広がり、興味のあるものに突進するでしょう。周りにあるものすべてがおもちゃ。探求心が満足するまで自由にやらせてあげましょう。危ないものには気迫をこめた怖い表情で「ダメ」といえば伝わりますが、好奇心の芽を摘まない程度にしましょう。手指もますます器用になります。洗濯ばさみやコップ、シールなど身の回りにあるものでも赤ちゃんにとっては楽しいおもちゃになるので、与えてみましょう。



また、人間らしい感情が芽生えるのもこの頃。ママがよその赤ちゃんを抱っこしていると怒ったように割り込んでくるのは、嫉妬の感情からです。ママの愛を独占したいという感情をぶつけてくることもあるでしょう。

生後12ヶ月の赤ちゃんのごはん

ごはんを歯茎で噛むことが上手になり、離乳食も完了期に入ります。スプーンを持って一人で食べたがるほど、自立心が芽生えてきます。最初は持ち方が不器用で、ぽろぽろこぼしたり手づかみで食べようとしますが、自由に食べさせることが赤ちゃんの食欲を発達させることにつながります。食べ物を投げたりした場合には叱ることも必要ですが、自由に楽しく食事させてあげることが大切な時期です。



また1歳になる頃の赤ちゃんは、あいさつや食事のマナー、帰ってからの手洗いや歯磨きの習慣といった大人の動作や言葉をよく見ています。ママやパパが生活習慣のお手本になることも重要です。

生後12ヶ月の赤ちゃんの育児ポイント

言葉によるコミュニケーションがますます進んできます。赤ちゃんの言葉に共感を示し、指さしをしたらものの名前を教えてあげましょう。肩とひじを連動して使えるようになるので、クレヨンやえんぴつを持たせると線を書けるようになります。



1歳になる頃は、自立と依存を行ったり来たりしながら成長する時期です。靴を履いたり服を着るのも自分でやりたがる一方、ママの姿が見えないと怖がることも。それでも産まれてから1年、無事に成長してきたことを赤ちゃんと一緒に喜びましょう。はしかや風疹の予防接種も忘れずに!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まなみん

妊娠に関する記事を書いています。よろしくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 12ヶ月の赤ちゃん