1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの歯にフッ素を塗ったほうがいい?フッ素の効果や塗布の方法、おすすめの歯みがき粉をご紹介!

赤ちゃんの歯にフッ素を塗ったほうがいい?フッ素の効果や塗布の方法、おすすめの歯みがき粉をご紹介!

赤ちゃんの歯にフッ素を塗ったほうがいい?フッ素の効果や塗布の方法、おすすめの歯みがき粉をご紹介!のタイトル画像

赤ちゃんの歯を守るためにフッ素を塗ったほうがいい、という話を聞いたことがある方も多いと思います。フッ素とはいったい何なのでしょうか?フッ素の効果や塗布の方法、タイミングなどについてまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10367008806
目次 フッ素とは
赤ちゃんの歯にはフッ素が効果的?
フッ素にはリスクがある?
赤ちゃんの歯にフッ素を塗るタイミングは?
赤ちゃんのフッ素塗布はどのくらいの周期でするべき?
家庭で使える!おすすめフッ素製品
フッ素塗布の費用は?
まとめ

フッ素とは

フッ素とは、フッ素化合物やフッ化物のことで、虫歯予防に様々な効果をもたらしてくれる成分です。歯磨きで落としきれなかった歯垢は、虫歯の原因となる菌の力を強めて虫歯にしてしまいますが、フッ素は歯垢が作りだす酸の量を抑えてくれるので、虫歯を予防することができます。具体的には、下記のような効果が挙げられます。

・細菌の活動を抑える
・溶けたエナメルを修復する
・歯を強化して健康を守ってくれる


特に子どもや赤ちゃんの歯の健康を守るために必要な成分として注目を集めています。

赤ちゃんの歯にはフッ素が効果的?

歯の生え始めは唾液の自浄作用によって虫歯になりにくい時期なので、赤ちゃんの歯みがきについては、あまり焦る必要はありません。しかしパパママとしては、早い段階から少しずつでもケアしてあげたいですよね。そこでおすすめなのが、フッ素です。

赤ちゃんは歯みがきに慣れていないので、歯ブラシをくわえると嫌がることもあります。嫌がる赤ちゃんを無理やり押さえつけて歯磨きをすると、大きくなっても歯みがきを嫌がる可能性もありますが、フッ素を塗るだけであれば効率良くやってあげることができるのです。

フッ素にはリスクがある?

フッ素には様々な効果がありますが、安全性が心配なママもいると思います。フッ素の安全性については、以下のようなことが言われています。

フッ素は自然界に広く存在し、アメリカなどでは身体にとって必須のものと考えられています。むし歯予防のために局所応用する場合、投与量・方法が正しければ安全で効果的ですが、誤った方法で使用すると安全な物質でも害が生じます。

基本的には、用法・用量を守ればリスクも低く、効果的に虫歯を予防できます。かかりつけの歯医者さんにも相談して、使用を決めるのが良いでしょう。

一般社団法人 奈良県歯科医師会HP

赤ちゃんの歯にフッ素を塗るタイミングは?

上下の前歯が生え、そのすぐ隣の歯が生え始めたらフッ素を塗ることが勧められています。具体的な時期としては、1歳検診でフッ素の塗布を行っているところが多く、フッ素入りの歯みがき粉も生後12ヶ月からのものが多いです。自治体の1歳児検診や3歳児検診などでフッ素の無料塗布が行われる場合もあります。

小児歯科があれば専門的に診てもらえますが、通常の歯科でも検診はしてもらえるケースが多いので、フッ素を塗り始める際には一度歯の状態を見てもらってみてはいかがでしょうか。子どもの歯の健康は、将来的な歯並びにも関係してくるため、最適なタイミングでのフッ素の塗布を検討してください。

赤ちゃんのフッ素塗布はどのくらいの周期でするべき?

大切なことは、「定期的にコツコツと塗ること」です。フッ素を塗るのはだいたい3ヶ月~半年ごとがよいと言われています。半年を過ぎると効果がなくなってしまうので、早めに歯医者へ行くと良いでしょう。

また、自宅でフッ素入りの歯みがきジェルを使う場合は毎日塗布を、フッ素入りの洗口液を使う場合は水に薄めて毎日うがいをするのもおすすめです。小さな子どもは、歯みがきジェルを飲み込んでしまう可能性があるので、うがいができるようになってからフッ素入りの歯みがきジェルを使うのも効果的です。フッ素入りの洗口液は市販されていないことが多いので、まずは歯医者さんを受診してみてください。

家庭で使える!おすすめフッ素製品

1.ピジョン 親子で乳歯ケア ジェル状歯みがき

歯質を強化し虫歯の発生及び進行を予防する、ジェル状歯みがきです。薬用成分フッ素と、食品にも使われている成分でつくられています。キシリトールの自然な甘さで、無香料・無着色、ノンミントです。研磨剤を使用していないため、乳歯を傷つけません。発泡剤無配合で、泡立つことなくすみずみまで丁寧に磨けます。

値段 437円
成分 フッ化ナトリウム、キシリトール、プロピレングリコール、キサンタンガム、安息香酸ナトリウム、パラベン
容量 40ml

2.ライオンDENTチェックアップkodomo 3本アソート

低研磨、低発泡、低香味のソフトペーストタイプで、長時間のブラッシングに適しています。従来の歯みがき粉よりもフッ素の量を高めた独自の新処方です。口コミでは、ストロベリー、アップル、グレープの3つの香りで、子どもが喜んで歯磨きをしてくれると評判です。

値段   564円
薬用成分 フッ化ナトリウム950ppm
容量   60g

フッ素塗布の費用は?

フッ素塗布にかかる費用は、乳児医療補助対象外です。赤ちゃんや子どもの場合は1回500円程度のところが多いですが、自治体によっては補助が出るところもあります。事前に各自治体や歯科に問い合わせてみてください。

まとめ

赤ちゃんに歯が生え始めると、成長を感じて嬉しいものです。赤ちゃんの歯の健康を守るためにも、フッ素についてしっかりと理解したうえで、フッ素の塗布を検討してみてはいかがでしょうか。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子どもの成長・発達

この記事を書いた人

はむはむ

福岡在住の主婦です。子育てしながら在宅で記事を書いています。ママの心に寄り添えるような記事を届けていきたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの歯にフッ素を塗ったほうがいい?フッ素の効果や塗布の方法、おすすめの歯みがき粉をご紹介!