1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. ママの仕事
  6. >
  7. 自分の「働く権利」を諦めなくてよかった。母になってもなお、私が働き続ける理由

自分の「働く権利」を諦めなくてよかった。母になってもなお、私が働き続ける理由(2ページ目)

自分の「働く権利」を諦めなくてよかった。母になってもなお、私が働き続ける理由のタイトル画像

『熱が出ているのに仕事に行く母親はダメですか?』そんなわけありません!我が家は熱が出たら休むのは夫、だって有給休暇の残りが多いから!(とはいうものの諸般の事情で有給を取りまくり、12月まで残り5日で生きていかねばなりません)子どもがいるけど働いているんじゃない、仕事してるけど子どもがいるだけなんです。この境地に至った私の軌跡をご紹介します。

母になって働いている今、私が感じてること。

そして私は、時短勤務で再就職をしました。
子どもが生まれる前とは違う、家事育児のために時間を使える方がよいと考えたからです。

でも時短で働いて初めて、自分にとってフルタイムで働くことで得られる達成感や責任感は、家族に心地よい空間や食事を提供することと同じくらい重要だと気がついたのです。
フルタイムで働くようになり日々充実していると感じられるようになりました。

私は今、自分の「働く権利」を諦めなくてよかったと強く思っています。

私にとっては働くことは自分が社会に認められること。
働くことで自己肯定感が高まります。
再就職をしてから、子どもとの関係も自分が複数持つ人間関係の一つとして相対的なものになり、安定した関係が築けるようになったと感じています。

働いている人がいつでもママになれる社会へ

『働くママ(ワーママ)』という言葉がいつか死語になって、働いている人がいつでもママになれる社会を実現したい。

そのための一歩として、私はフルタイムで働きたいという自分の意志を尊重しました。
これからもそんな社会の実現のため、できることを模索していきたいと思っています。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
まっかちんの画像
まっかちん

東京都在住、5歳男児の母。25歳年上の旦那さんと三人暮らしで生活しています。

息子2歳時に時短(残業、休日出有)で再就職、1年後からフルタイム勤務に。
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. ママの仕事
  6. >
  7. 自分の「働く権利」を諦めなくてよかった。母になってもなお、私が働き続ける理由