1. >
  2. >
  3. >
  4. 花粉症シーズンの妊娠準備

花粉症シーズンの妊娠準備

花粉症シーズンの妊娠準備のタイトル画像

薬なしではツラい花粉症。妊娠中に花粉症の薬を使用した場合、お腹の赤ちゃんへの影響は大丈夫なのでしょうか。そんな不安を持つ妊婦さんに花粉症への予防と薬について説明します。

花粉症は体内の毒素を排出している時の症状

花粉症を東洋医学から見る場合、「体に溜まった毒素を排出する期間」と考えられるのだそうです。そして花粉症が春先に多いのは、春に肝臓の解毒作用が高まり症状が出やすいため、と考えられています。また花粉症のシーズンに毒素を排出して体が浄化されると、自然と妊娠しやすくなるとも言われています。とはいえ、中には花粉症と妊娠期間が重なってツラいと感じる人もいるでしょう。その時は医師に相談することをおすすめします。

内服や点眼、点鼻薬が一般的な花粉症の薬

一般的に花粉症には内服、点眼・点鼻薬が処方されます。体の内側からアレルギー反応を抑えるのが内服薬で、点眼・点鼻薬は目や鼻のアレルギー症状を抑えます。鼻づまりなどの症状が日常生活に差し支える人に花粉症の薬は欠かせませんが、妊娠中となれば赤ちゃんへの影響が心配になるでしょう。妊婦さんの場合、多くは医師から薬の服用をやめるようにアドバイスされます。ただし点眼・点鼻薬に関しては、赤ちゃんへの影響が少ないとされます。

薬を服用しても大丈夫な時期とは

妊娠発覚前に服用していた花粉症の薬が赤ちゃんに影響を与えることは少ないと言われています。妊娠発覚後に服用をやめれば、副作用の心配はあまりないと考えられているからです。妊娠中に花粉症の薬を内服することは控えたほうがいいでしょう。赤ちゃんが薬の影響を受けやすいのは妊娠初期なので、妊娠の可能性がある人はむやみに薬を飲まない方が無難です。薬の副作用が気になる方はかかりつけ医や薬剤師に相談してください。

妊娠がわかってからは点眼、点鼻薬がメイン

妊娠中は、赤ちゃんへの影響を考えると慎重に薬を選ばなければなりません。妊婦さんは薬の使用を控えたほうが無難ですが、薬なしで花粉症をやり過ごすのがツラい人は妊婦さんでも安心して使用できる薬を処方してもらいましょう。妊婦さんに処方される花粉症の薬の一例として、点眼・点鼻薬が挙げられます。赤ちゃんへの影響の心配が少ないため、必要に応じて使用するとスッキリするでしょう。薬の使用上の注意は必ず守ってください。

事前にかかりつけ医に相談しておきましょう

妊婦さんが花粉症で受診する時には、妊娠していることを伝えておく必要があります。また妊娠の可能性のある人も妊娠した場合の赤ちゃんへの影響を配慮し、かかりつけ医には事前に薬の相談をしておくことがのぞましいでしょう。妊婦さんでも処方された薬を安心して使用できます。薬のことで悩んだり、薬を我慢して花粉症が悪化したりするのはストレスになってしまうため、必要に応じてかかりつけ医の適切な治療を受けるようにしましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ひろりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 花粉症シーズンの妊娠準備