1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 8ヶ月の赤ちゃん

8ヶ月の赤ちゃん

8ヶ月の赤ちゃんのタイトル画像

運動神経が発達することでハイハイって活動範囲が広がり、また自己主張や感情表現もはっきりし始める生後8ヶ月の赤ちゃん。この時期の赤ちゃんのからだの特徴やお世話のポイントについてまとめました。

生後8ヶ月の赤ちゃんのからだ

生後8ヶ月の赤ちゃんの身長は64~75cm、体重は6.5~10.5kgほどです。おすわりはしっかりし、体をねじって後ろにあるものを取ろうとしても倒れないようになります。好奇心旺盛で、まわりのものすべてが赤ちゃんのおもちゃになります。目に入ったものすべてに手を出そうとするのは、順調に育っている証拠です。

生後8ヶ月の赤ちゃんのハイハイ

運動神経はどんどん発達し、その成長スピードはきっとママの思う以上に速いでしょう。ハイハイが始まるのもこの時期。自分のほしいものを取ろうとして、はって動くのがハイハイの始まりです。うつぶせの姿勢になった赤ちゃんの手の先に大好きなおもちゃを置いてあげれば、それを手に取りたい気持ちが手をこぎ、足先を蹴るハイハイ動作を誘導します。赤ちゃんのお腹の下に手を入れて体重を支えてあげるなど、ママの手助けも大切です。



ハイハイのスタイルは赤ちゃんによってさまざま。おしりをひきずりながら移動する子や、片方のひじだけを床につけたままのハイハイなど、いろんなタイプがあります。一番の目的は赤ちゃんが自分で自由に動けるようになることです。ハイハイや歩き出すのが遅くても運動神経に異常があるわけではありません。またこの時期、赤ちゃんの目線の高さで危険なものがないか確認し、事故を防ぐことも大切です。

生後8ヶ月の赤ちゃんの記憶と手先

この時期は記憶力の発達が見られます。いないいないばあをカーテンなど全身でやってあげましょう。赤ちゃんはママが隠れたカーテンを見つめ、ママがばあっと出てくると大喜びします。繰り返しやってもらいたがりますが、何でも繰り返すことはこの時期の赤ちゃんの発達にとって大切なこと。ママも楽しみながら何度もやってあげましょう。



手先もより器用になり、小さいものや細かいものもつかめるようになります。両手に持った積み木をかちんかちんと打ち合わせたり、洋服についている飾りやボタンを引っ張ってみたり。やけどするもの、先のとがってるもの、割れるもの、毒性のあるものなどには注意しましょう。

生後8ヶ月の赤ちゃんのごはん

離乳食は中だるみの時期です。食事の種類が増えることに伴い、好き嫌いが出てきます。これは食べ物への関心が深まり、味覚が発達している証拠でもあります。離乳食を自分で食べたがるようになる赤ちゃんもいるでしょう。手づかみで食べようとしたり、スプーンを自分で持ちたがることも。お皿ごとひっくり返すこともあり、食事のたびにあちこち汚れることもありますが、床に新聞やビニールシートをひいたり、赤ちゃんに食事エプロンをつけたりするなど工夫しましょう。

生後8ヶ月の赤ちゃんの育児ポイント

ハイハイが始まると、動き回る赤ちゃんのおむつ替えも一苦労。好奇心のかたまりで手あたり次第手を出そうとしママを心配させることも増えますが、要望にはできるだけこたえ、いけないことはきっぱりダメと伝えましょう。ひとうひとつ対応することで「ママは自分のことを受け止めてくれている」と赤ちゃんは実感し、安心や信頼を深めていきます。



自己主張もはっきりし始めます。自分の気持ちを全身で伝えようとし、希望通りにならないと泣いて怒ったり手足をバタバタさせたり。喃語にも感情をこめて話すようになり、抑揚がつくでしょう。赤ちゃんの心も体も成長するこの時期、色々な場所に連れて行って、ほかの赤ちゃんと交流させてあげてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まなみん

妊娠に関する記事を書いています。よろしくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 8ヶ月の赤ちゃん