1. >
  2. >
  3. >
  4. おもちゃのレンタルサービスとは?使い方、おすすめサイト4選まとめ

おもちゃのレンタルサービスとは?使い方、おすすめサイト4選まとめ

おもちゃのレンタルサービスとは?使い方、おすすめサイト4選まとめのタイトル画像

子どものおもちゃは使う期間が限られるため、「全てのおもちゃを購入するのは経済的に難しい・・」という方もいっらしゃると思います。また、大型のおもちゃを買いたくても「収納スペースがない・・」なんてことも。そんなときは、おもちゃのレンタルサービスを活用してみてはいかがでしょうか?今回は、レンタルサービスの使い方や注意点、おすすめサイトをまとめてご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030001591
目次 どんなときにおもちゃをレンタルする?
おもちゃのレンタルはどこでできる?
レンタルだと衛生面は平気?
厳選レンタルサイト4選!
子どもおもちゃのレンタルを利用した体験談
まとめ

どんなときにおもちゃをレンタルする?

乳幼児にとって、おもちゃで遊ぶことはいい刺激となり、成長にも役立ちます。おもちゃは月齢に合わせて使うものが異なってきますので、成長するにつれて新たなものが必要となってきます。「使う期間が限られるおもちゃをレンタルする」という発想は、以前はあまり考えられなかったのですが、最近は以下のような理由から徐々に広まりつつあります。

・たくさんのおもちゃを買い込んでしまうと、収納スペースに困る
・親族や知り合いにおもちゃを欲しい人がいるなら譲れるが、タダで譲ってしまうと高額なおもちゃを購入しても損をしてしまう
・ネットオークションやフリマサイトでも売れるが、定価よりかなり安くなってしまうのに加え、取引や梱包、配送が面倒
・大型のおもちゃが不要になったときに、処分費がかかる場合がある


こうした課題に対して、レンタルおもちゃには以下のようなメリットがあります。

・必要なときに必要なだけ借りられ、不要になったら返却すればいいので、処分や片付けの手間がかからない
・購入すると高くつく人気ブランドのおもちゃも格安でレンタルできる(利用する業者による違いはあります)


赤ちゃんのものは新しく購入したくなる方が多いと思いますが、買ってから後悔するケースは少なくありません。レンタルのおもちゃなら種類も豊富で、月齢に合わせて借り換えていけることがメリットです。

おもちゃのレンタルはどこでできる?

子どもおもちゃのレンタルは、インターネット経由が中心です。検索から予約申し込み、不要となった場合の回収や返却手続きもネットで完結します。ほとんどのレンタルサイトでは、画像を見ながらレンタルしたいおもちゃを探せます。

レンタル料金は、おもちゃの種類やレンタルする期間によって決められています。また、月々定額制でおもちゃを貸出・回収するサイトもあります。サイトによっては、レンタル期間を延長できたり、気に入ったらそのまま買い取りも可能なことがあります。それぞれのサイトごとにシステムは異なりますので、事前によく確認しておきましょう。

レンタルだと衛生面は平気?

子どもおもちゃのレンタルサイトを利用するにあたり、一番気になるのは衛生面でしょう。小さい子どもはおもちゃをなめたり、口に入れたりすることがあります。レンタルサイトのおもちゃは、あくまでも不特定多数の子どもで使うおもちゃですので、衛生面の管理体制がしっかりしている業者を選ぶことが大切です。

レンタル品を扱っている以上、どの業者も回収後にはきちんと除菌や消毒をしています。詳しく知りたければサイトでも紹介されていますし、更にメールや電話で直接問い合わせることもできます。どうしても気になるようなら、除菌や殺菌作用のあるスプレーやウェットティッシュで拭いてから使ってもよいでしょう。

厳選レンタルサイト4選!

1.Babyrenta

Babyrentaは、元保育士の方が運営しているベビーグッズのレンタルショップです。おもちゃをはじめ、ベビーカーやチャイルドシートなどの大型赤ちゃん用品・生活家電まで品揃えが豊富なのが特徴です。レンタル品で一番気になる衛生面での管理は、メンテナンス専門スタッフが商品を1点ずつ確認し、洗浄、除菌、殺菌消毒までを丁寧に行っています。

手続きはすべてWEB上で行えます。価格帯は小さいおもちゃなら500円から1,000円前後、大きいおもちゃでも2,000円から3,000円前後となっています。

http://babyrenta.com/

2. RELASH

RELASHは、子ども向け雑誌にも紹介されている、ベビーやママ向けのおもちゃとグッズのレンタルショップです。海外ブランドの大型・小型おもちゃの品揃えが豊富なのが特徴です。気になっている海外のおもちゃ、使ってみたいけど高いので買うのは考えてしまう・・・そんな方にぴったりのサイトです。

月齢ごとにおもちゃを探せますし、最短10日間からレンタルでき、最長90日間まで延長可能なことも魅力です。レンタル品が気に入ったら買い取ることもできます。

価格帯は小さいおもちゃなら無料~3000円、大きいおもちゃなら無料~7000円前後です。年会費制度を利用すれば、レンタル料・配送料・延長料すべての費用が無料になるというサービスもあります(金額に応じてサービス内容は変わります)。

http://www.relash.jp/

3.DMM

DMMは広範囲に渡ってのレンタルには定評がありますが、ベビーグッズのレンタルも人気があります。レンタルは1ヶ月単位のものが多く、価格帯はだいたい2,000円から5,000円前後です。

小型のおもちゃよりも、乗って遊ぶ大型の遊具が中心です。購入には少しためらってしまうような、おもしろそうだけど場所を取りそうなおもちゃも揃っていて、楽しみながら選べます。支払いはクレジットカード決済のみになりますが、DMMポイントを持っている方はポイントをレンタル料に充てることができます。

いろいろレンタル ベビー・キッズ DMM.com

4. トイサブ!

トイサブ!は、月齢、性別、指向性に合わせて自然の温もり、立体感覚、色彩能力などを刺激するおもちゃベビーインストラクターが厳選し、プラン(後述)ごとに設定されたタイミングで届けてくれるサービスです。レンタルされるのは国内外の著名な知育玩具なので、環境面・教育面、双方に配慮したおもちゃを揃えている点が特徴です。

料金システムは往復配送料込みの月額制となっており、月額980円(年2回配送)、同2,480円(隔月配送)、同3,980円(毎月配送)の3プランがあります(居住地域によって料金は異なる)。

良質の知育玩具を子どもに与えたいという希望をお持ちのパパ・ママは多いと思いますが、高価であったり、海外のものだと取り寄せが大変だったりすることがあります。そういった問題をトイサブ!は解決してくれます。

トイサブ!

子どもおもちゃのレンタルを利用した体験談

実際に子どもおもちゃをレンタルした体験談をチェックしてみました。

こうして見てみると、おもちゃをレンタルする理由としては、対象月齢のおもちゃを安く借りて、不要になったら返せるというものが一番ですね。仮にレンタルしたおもちゃが、赤ちゃんのお気に召さなかったときや、逆にレンタルを延長したいときにも、柔軟に対応してもらえるのも大きなメリットです。

もし、レンタルショップがあったとしても、あまり使わないかな?と思います。
まず、小さいうちだと衛生面で誰が使ったかわからないもの(舐めたりしてるかも)は嫌だな…と思います。

レンタルのおもちゃは便利ですが、やはり衛生面を気にされる方はいらっしゃるかもしれません。大勢が使うのでなかなか新品がないレンタルのおもちゃですが、誰かが使う前に使いたい場合は、気になっているおもちゃが新入荷するかどうかサイトチェックをして、予約を早めにしておくというのも1つの方法です。

まとめ

おもちゃまでレンタルする時代になったんだ・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、経済的なこと、収納スペースの広さのこと、対象月齢に対してのおもちゃであることを考えると、おもちゃは1つずつ買い揃えるよりも、レンタルで済ませてしまったほうが効率がいいこともあるのかもしれません。子どもおもちゃのレンタルサイト、賢く利用してみてはいかがでしょうか。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

知育 遊び・教育

この記事を書いた人

サラダパン

1歳児の女の子の母です。
毎日賑やかな家庭でせかせか主婦をやっています。
その傍らたまに記事も書かせてもらっています♪
みなさんのお役に立てるようなことを...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. おもちゃのレンタルサービスとは?使い方、おすすめサイト4選まとめ