1. >
  2. >
  3. 卵巣年齢とは?AMH検査(卵巣年齢検査)の内容、費用まとめ

卵巣年齢とは?AMH検査(卵巣年齢検査)の内容、費用まとめ

卵巣年齢とは?AMH検査(卵巣年齢検査)の内容、費用まとめのタイトル画像

「卵巣年齢」という言葉をご存知でしょうか?現在、初産の平均年齢が上がりつつありますが、妊娠できるかどうかには卵巣年齢との相関関係も指摘されています。卵巣年齢の考え方や病院でのAMH検査(卵巣年齢検査)、費用、注意点などについてご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28208000654
目次 卵巣年齢とは?
卵巣年齢を老化させる要因とは?
AMH検査(卵巣年齢検査)とは?
卵巣年齢を老化させないために実践できること
まとめ

卵巣年齢とは?

卵巣は、女性にとって生殖に関する大切な器官です。女性の原子卵胞(卵の元となる細胞)の数は胎児の時点で決まっており、年齢を重ねるごとに排卵を繰り返すことによって、卵巣の卵子の数が減少していきます。卵巣年齢とは、卵巣内に残っている卵子の数によって判断するもので、卵子が多く残っているほど卵巣年齢が若いということになります。

このように、卵巣は加齢による影響を受けますが、必ずしも実年齢=卵巣の年齢というわけではありません。女性を取り巻く環境要因によっては、卵巣の年齢が実年齢よりも若かったり、高かったりすることもあります。

また、卵巣年齢だけが妊娠しやすさに直接影響するわけではありませんが、妊娠しやすい状態かどうかを知るひとつの目安としては有効です。そこで、AMH検査(卵巣年齢検査)によって卵巣年齢を知ることで、不妊治療に役立てられることがあります。

AMH(アンチミューラリアンホルモン)について 医療法人浅田レディースクリニック

卵巣年齢を老化させる要因とは?

卵巣年齢は、身体に負担をかければかけるだけ上がってしまいます。最近では、実年齢よりも卵巣年齢が高い女性が増えてきました。卵巣年齢を老化させる因子としては、主に次のようなものがあります。

1. 喫煙
2. 体重異常(特に痩せ)、過剰なダイエット
3. 全く運動をしない
4. 極度のストレス 
5. 仕事がハード、過労などの生活習慣
6. 遺伝的素因


上記のうち、特に喫煙は非常に老化に影響があります。本人が喫煙しなくても身近での喫煙があると、副流煙を吸うことにより、身体の老化が促進されてしまいます。

また、卵巣そのものが病気にかかったり、手術を受けたりしても卵巣年齢は高くなります。現在だけではなく、過去に不摂生・不健康な生活を送っていた場合も、老化が進んでいる可能性があります。

卵巣年齢ってなんですか?あなたの卵巣年齢は何歳? 医療法人いちご会 美加レディースクリニック

AMH検査(卵巣年齢検査)とは?

AMHとはどんな検査?

卵巣年齢は、AMH検査という血液検査で知ることができます。AMHとは、アンチミューラリアンホルモン(または抗ミュラー管ホルモン)の略で、発育途中の卵胞から分泌される女性ホルモンの一種です。

AMHは、女性が生まれつき持っている原始卵胞が減少していくと減っていき、閉経時にはゼロになります。血中濃度を計ってAMHの値を調べることで、卵巣内に残っている卵子の数がわかります

AMHとは、抗ミューラー管ホルモンとも呼ばれ、発育途中の卵胞から分泌される女性ホルモンの一種です。

AMH検査の数値は何を表すの?

AMHの値が高いほど卵巣年齢が若いことを表しています。ただし、これはAMHの値が低いから妊娠できないということではありません。卵子の数が少なくても、質のいい卵子があれば妊娠は可能だからです。逆に考えると、AMHが高いからといって、必ず妊娠できるとも限りません。むしろ、卵子の質や育ちやすさは、実年齢に関係していると考えられています。

AMH(アンチミューラリアンホルモン)について 医療法人浅田レディースクリニック

AMH検査の費用はどのくらい?

AMH検査の費用は保険適用外で、5,000円~15,000円程度で検査する医療機関が多いです。婦人科の中には不妊治療時のみ検査を行っているところもありますから、「AMH値だけを知りたいから」という理由で検査ができるとは限りません。費用や検査の可否は病院によって異なるため、事前に確認するようにしてください。

卵巣年齢を老化させないために実践できること

卵巣年齢は、若返らせることができません。そのため、妊娠しやすい身体に変えるためにできることは、卵巣年齢を老化させないための予防法を実践することになります。具体的には次のような方法があります。

■禁煙・禁酒
お酒とたばこは、卵巣年齢の老化をより早めてしまう原因の一つです。特にたばこには有害物質も含まれますので、出来るだけ禁酒・禁煙を意識しましょう。

■ストレスを溜めない
ストレスを溜めこむと、自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れるとホルモンバランスも崩れやすく、卵巣年齢の老化にもつながってしまいます。ストレスを溜めすぎないよう、適度に発散を心がけてください。

■ダイエットと食事のバランスを取る
過剰なダイエットをしないこと、栄養バランスを考えた食事を摂ることを心がけましょう。卵巣年齢の老化を防ぐには、生活習慣や食生活などをトータルでコントロールしていくことが有効です。

■体を冷やさない
冷え性は、卵巣年齢の老化を早めてしまう原因の一つです。身体を温めることで血行を促進し、代謝をあげて体内の老化スピードを遅らせる働きが期待できます。温かいものを飲んだり、手足を温めたり、半身浴をしたりするなど、小さなことから心がけていくようにしましょう。

まとめ

妊娠をするためには、実年齢だけではなく、卵巣年齢も重要な要素のひとつです。卵巣年齢を若返らせることはできませんが、体調管理や環境次第で、卵巣年齢の老化を防止することができます。そのためには、毎日の生活の質を向上させ、心身ともに健康的に過ごすことが大切です。これから妊娠を望む方は、卵巣年齢について一通り理解したうえで、正しい健康管理に努めていきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

妊活・不妊

この記事を書いた人

はむはむ

福岡在住の主婦です。子育てしながら在宅で記事を書いています。ママの心に寄り添えるような記事を届けていきたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. 卵巣年齢とは?AMH検査(卵巣年齢検査)の内容、費用まとめ