1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. 匿名ブログから考える「待機児童問題」と広がりはじめた新たな動き~待機児童ゼロチャレンジ~

匿名ブログから考える「待機児童問題」と広がりはじめた新たな動き~待機児童ゼロチャレンジ~(2ページ目)

匿名ブログから考える「待機児童問題」と広がりはじめた新たな動き~待機児童ゼロチャレンジ~のタイトル画像

「保育園落ちた日本死ね」という匿名ブログをきっかけにクローズアップされている待機児童問題。でも、実はこのブログが注目される前から、待機児童問題について様々なブログで取り上げられているのをご存知ですか?今回は、待機児童問題から広がりはじめた新たな動き、「待機児童ゼロチャレンジ」についてご紹介します。

チャレンジへの参加方法と、公開された記事の探し方

「待機児童ゼロチャレンジ」は、以下の2点を満たしていれば誰でも参加できます。

・ブログなど自分の想いを記事にする場所がある
・Twitterで「#taikijidou0challenge」と発信・拡散することができる

詳しくは、上で紹介しているリンクに書いてありますので、たくさんの人が「現場の生の声」を上げてくれることを期待しています。現役で子育て中の方、もうすでに子どもが大きくなった方、まだ子どもがいない方、独身の方などの様々な視点から、この「待機児童問題」について意見が出ればまた違った「大きなうねり」が起こせるかもしれません。

記事を書くことができなくても、これまでに公開された記事を読んでいただき、思うことをfacebookやTwitterで発信・拡散していただくこともできます。
Twitterなら「#taikijidou0challenge」で検索していただければ、関連するツイートの中から記事を読むことができます。

Yahoo!やGoogleでの検索もできます。
「#taikijidou0challenge」や「待機児童ゼロチャレンジ」と検索していただければ、数多くの記事がヒットしますので、お好きな記事を選んでいただくことができます。

動き始めた待機児童問題。一過性で終わらせないために…

待機児童の問題は、実は毎年春になると話題になります。しかし現実は、残念ながらすぐに沈静化してしまう…ということの繰り返しです。

この「保育園落ちた」ブログをきっかけに世間は動きはじめています。この動きが一過性の出来事で終わってしまわないために、少しでも多くの人にこの問題を知ってもらいたいと思います。そして議論が深まり、現場のママパパが子育てをしやすい環境・働きやすい環境が一刻も早く整うことを祈っています。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
双子のパパYuichiの画像
双子のパパYuichi

こんにちは、二卵性双生児の男児2人のパパをしている39歳の Yuichi です。
昼間はファイナンシャルプランナー、夜は子育て修行中のパパ2年生です。初めて...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. 匿名ブログから考える「待機児童問題」と広がりはじめた新たな動き~待機児童ゼロチャレンジ~