1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 生後6ヶ月赤ちゃんの成長と育児に関する7項目!知っておきたいことまとめ

生後6ヶ月赤ちゃんの成長と育児に関する7項目!知っておきたいことまとめ

生後6ヶ月赤ちゃんの成長と育児に関する7項目!知っておきたいことまとめのタイトル画像

生後6ヶ月の赤ちゃんは、「おすわり」ができるようになったり、乳歯が生え始めたり、離乳食が始まったりとまだまだ変化していきます。この時期の体の成長や遊びなど、生後6ヶ月の赤ちゃんに関する様々なことについてご紹介します。個人差が如実に表れてくる時期ですので、あくまで目安として、参考にしてみてください。

生後6ヶ月の「体の成長」

男女別の体重・身長 平均値ってどれくらい?

生後5ヶ月くらいから始まる離乳食の影響で、生後6ヶ月の赤ちゃんの体重や身長の増え方には、個人差がありますが、目安となる平均値は以下の通りです。平均値にあてはまっていなくても、「増え方」に問題がなければ心配ありませんが、不安な場合はお医者さんに診てもらうと安心でしょう。


■生後6ヶ月の男の子
生後6ヶ月の男の子の平均身長は約63.5cm~72.0cm、平均体重は約6.0~9.5kgです。

厚生労働省:平成22年乳幼児身体発育調査データ

■生後6ヶ月の女の子
生後6ヶ月の女の子の平均身長は約61.5cm~70.5cm、平均体重は約6.0~9.0kgです。

厚生労働省:平成22年乳幼児身体発育調査データ

おむつ サイズダウン?!

生後6ヶ月になると、おすわりしたり、動いたりと、様々な体勢をとるようになるため、筋肉が引き締まり、一時的にサイズダウンしてしまう赤ちゃんもいます。そんな時のために、小さいサイズのおむつも捨てずにとっておくと安心です。薄いおむつに替えてあげると、動きやすくて赤ちゃんも快適です。


また、他の赤ちゃんに興味を示すことも増えてくるため、積極的に外で交流をする場を設けてあげるのもよいでしょう。

寝返り・おすわり 注意点

この頃になると、多くの赤ちゃんが寝返りをします。気付いたらベッドやソファなどの高い所で寝返りをしていた…なんていうこともあるので、転落には注意が必要です。また、寝返りして手が届く所には、危ないものを置かないよう配慮しましょう。


また、首から背中の筋肉が発達してくるため、サポートがあればお座りができるようになります。しかし、頭の重さでバランスを崩しやすいため、転倒に注意を払うことが必要です。

生後6ヶ月の「情緒・コミュニケーション」

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まなみん

妊娠に関する記事を書いています。よろしくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 生後6ヶ月赤ちゃんの成長と育児に関する7項目!知っておきたいことまとめ