1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 5ヶ月の赤ちゃん

5ヶ月の赤ちゃん

5ヶ月の赤ちゃんのタイトル画像

色や人の顔の見分けがつくようになることでいっそう好奇心が増し、離乳食をスタートすることも多い生後5ヶ月の赤ちゃん。この時期の赤ちゃんのからだの特徴やお世話のポイントについてまとめました。

生後5ヶ月の赤ちゃんのからだ

生後5ヶ月の赤ちゃんの身長は60~70cm、体重は5.8~9.8kgほどです。これまでの時期に比べ体重の増加はゆるやかになり、授乳の間隔や時間も短くなっていきます。この頃になると、寝返りを始めるなど赤ちゃんが一人でできる動作が増えてきます。新しい経験をすると、感情の種類も豊かになります。怖い・嬉しい・悲しい・不満・不安といった気持ちを、表情や体の動きを使って表せるようになってきます。

生後5ヶ月の赤ちゃんの動き

寝返りを始める赤ちゃんが増えます。もし腰をひねっていたり、体を左右に動かしたりするところまで出来ていたら手助けしてあげましょう。仰向けにすれば手で足を掴んだり、うつぶせにすれば顔をしっかりあげて両手か片手で上体を支えます。うつぶせの姿勢のまま両手両足を床から離し、「飛行機ブーン」の動作を楽しんだりすることも。両脇を支えながらお座り姿勢をさせるとしばらく座っていられる赤ちゃんもいます。視野が広がるのは赤ちゃんにとってとても嬉しいことなので、「高い高い」の遊びも大好きです。

5ヶ月の赤ちゃんの画像1

生後5ヶ月の赤ちゃんの視力と興味

生後5ヶ月になると両眼視ができるようになり、奥行きをとらえられるようになります。赤、黒、黄、白などの色が分かるようになるだけでなく、人の顔を見分ける知恵がつきます。初めて会う人を見ると泣いたり不思議そうな顔をしたり、ママが怖い顔をしたら泣きそうな表情をすることもあります。



ものを識別する力が備わることで、好奇心や探求心もいっそう増します。手先も器用になっていくので、自分が興味を持ったものには何でも手を出してつかんだり振ったり叩いたり。音の出るおもちゃや、色の変化を楽しめるおもちゃなどは赤ちゃんの発達の手助けとなるでしょう。

生後5ヶ月の赤ちゃんのごはん

生後5ヶ月ころになると、いよいよ離乳食の始まりです。離乳食スタートの合図は、赤ちゃんがママとパパがごはんを食べる姿をみて口をもぐもぐしたり、よだれが出ていたり。母乳の量が足りなくなることも合図のひとつになります。



離乳食の目的は、液体状の食べ物から始めて形のある食べ物を食べられるようにしたり、形のある食べ物を咀嚼して飲み込めるようになること。食べることへの意欲を育てる大切なプロセスでもあります。離乳食は最初は1種類の食材から始めましょう。お米やパンのおかゆ、カボチャやジャガイモなどの根菜類、白身魚や豆腐などを、スプーンですくうとぽたぽた落ちるくらいの柔らかさにして与えます。



しかしこの時期は、まだ離乳食だけではなくおっぱいから栄養を取っています。スプーンに抵抗したり、昨日食べたのに今日は食べない…なんてことがあっても大丈夫。楽しく食べることをちょっとずつ教えていきましょう。

生後5ヶ月の赤ちゃんの育児ポイント

生後5ヶ月になると夜泣きが始まるあかちゃんも。色々な原因を探って解消しても泣き止まないこともありますが、赤ちゃんはママの抱っこが一番好き。抱っこをして安心させてあげましょう。まだ喃語ですが、大きな声を出して大人の注意をひいたりします。「バッブー」「プップ」といった言葉が出れば、上下の唇を使った発音もできるようになったという証拠。おしゃべりが多くなるので、一緒に会話を楽しんでくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まなみん

妊娠に関する記事を書いています。よろしくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 5ヶ月の赤ちゃん