1. >
  2. >
  3. >
  4. 幼稚園への初めての送り出しは、さみしくて誇らしかった

幼稚園への初めての送り出しは、さみしくて誇らしかった

幼稚園への初めての送り出しは、さみしくて誇らしかったのタイトル画像

初めての幼稚園への送り出し。生まれてからずっと一緒にいた子どもが自分の手を離れて送迎バスに乗っていく姿を見た時、どのような気持ちになるのでしょうか?

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174008826
目次 大変だった育児にも、いつかお別れの時が来る
子どもと一緒に、「今」を笑顔で過ごそう

大変だった育児にも、いつかお別れの時が来る

いつか訪れる、子どもの旅立ち。

我が子が自分と離れて過ごす姿は、子どもが生まれたばかりのママパパにとっては
遠い未来のように思えますが、意外とその日は早く来るかもしれません。

子どもの初めての独り立ちといえば、保育園デビューですね。
先輩ママパパにとってもドキドキ・ソワソワするもの。

今回は、初めてのお見送りをした時の、ママの気持ちが綴られた記事をご紹介します。

あなたとの4年間

今日 ゆうちゃんが幼稚園へ行った



泣きながら1人でバスに乗ったゆうちゃんを笑顔で見送って

おーちゃんの手を繋いで家へ帰った
(トウくんはおんぶでした。)





年中から入園したゆうちゃんは
午前保育や慣らし保育もなく

登園初日から
朝10時から16時にバスで帰ってくるまで
ガッツリ6時間の保育。。。




この4年間

ずっと ずっと

どんな時も一緒にいたゆうちゃん





ゆうちゃんのいない部屋は

なんだかぽっかり穴が空いたみたいで


洗濯や朝ごはんの片付けなど
やることは色々あったのに



何だかすぐに動く気にはならなくて

午前中はおーちゃんとトウくんと遊んで過ごした




今まで当たり前にそこにあった


日中

ゆうちゃんとおーちゃんの2人で遊ぶ笑い声も聞こえなければ

2人のけんかの仲裁に入ることもない


お昼ご飯は1人分減り


「ママー トイレ一緒に来てー♡」
と私のことを呼ぶ

怖がりなゆうちゃんの声もない



いつも
みんなで手をつないで歩いた散歩道も

みんなで遊んだ公園の砂場も


これからは

トウくんをおんぶした私と
おーちゃんだけ

みっつ
いつも大事に持っていた風船が

ひとつ
手からすり抜けて行ってしまったような…


そんな

すごく フワフワ 心もとない感じ


ゆうちゃんのいない空気に

私も おーちゃんも

なんだか なかなか慣れなくて…




そして ふと思ったんだ



ゆうちゃんが 今日から幼稚園へ行った

幼稚園が終われば小学校へ行く

小学校が終われば中学校へ…




。。。あぁ


ゆうちゃんとひと時も離れずにそばにいられる時期って

ゆうちゃんのことを
両手で支えていた時期って


もう 終わってしまったんだ と。




その小さな手を握って

道に咲く小さな花を見つけては
きれいだね うれしいね と笑い合う

そんな散歩道がずっと続くと思ってた


笑って
怒って
謝って
仲直りして…

その日々の繰り返しで

私を『ママ』に成長させてくれたあなたの存在に

私がどれだけ支えられていたのかを思い知る




きっと

おーちゃんの時も

トウくんの時も


私は 同じように涙が出るのだろう



幼稚園
小学校
中学に高校…

そして社会人になり


いつか

あなたたちが大切な人と出会い
この家を出る時も


私はきっと

その度に


子どもたちの成長に歓喜して

子どもたちとの記憶に思いを馳せては
涙が出るのだろう





子どもとずっと一緒に過ごせることの

なんて尊い時間だったことか

なんて
愛しい瞬間の連続だったことか



一緒に過ごした日々を思い出して泣くことの出来る

そんな愛しい存在がいることの

なんて幸せなことか



子どもが
当たり前のように自分のそばにいてくれる毎日の

なんて夢のように

満ち足りた日々なことか




子育ての

なんて切なくて

なんて
幸福なことか


給食は楽しく食べられたかな

トイレには 1人でちゃんと行けたかな

おともだちとおしゃべりできたかな


ママのいない景色に 少しは慣れたかな




笑顔であなたを見送るママだけど


本当の 本当は


気になること
心配なことは


ママ

これでもかってくらいに あるんだよ



それでも

泣きながらも

きっと幼稚園で頑張っている
小さな社会の門をくぐったあなたの前では


これからも

ママは
笑顔で「いってらっしゃい」を言い続けるよ



両手が離れても

あなたを

ずっと ずっと 応援し続けるよ




『あなたの成長が何よりもさみしくて

何よりも 何よりも誇らしい』



そんな

『母親』という

嬉しくて切ない はなうた交じりの 幸せを
私に教えてくれたあなたに

こころから感謝をして。。。

【子どもの心から穏やかに育つ魔法の育児法~ママちゃん3人の子育て満喫中~】

「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」というブログを運営している、LICOさんの文章を引用させていただきました。

また他のママたちも、保育園デビューはちょっと切なく感じるようで…

泣いちゃう子どもたちを笑顔で見送ったあと、こっそり涙をながしているママは多いみたいです。

子どもと一緒に、「今」を笑顔で過ごそう

保育園や幼稚園へ行くということは、子どもたちにとっても独り立ちの第一ステップ。

生まれた時は小さかったのに、こんなに大きくなったんだなぁとしみじみ実感したり…
友だちから聞いた言葉をマネする姿を見て「こんな言葉教えたっけ(笑)」っておかしく思ったり…
好きな人ができたことを教えてくれたり…

本当にいろんな出来事の中、成長していくと思います。

ママは自分の知らない子どもの姿に、ちょっとさみしくなるかもしれません。
しかしその気持ちの100倍くらい、誇らしい気持ちで満たされると思います。

子どもは親離れの時、ママが側にいないさみしさに泣いてしまうかもしれません。
しかしその悲しみの分だけ、注がれてきた愛情が旅立ちを支えてくれます。

あっという間に訪れるお別れの時まで。

それまで、「今」を大切に、
お互いにたくさんの笑顔で過ごしていきたいです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

Anna

トレンド情報大好き!な新米ライターです。忙しい毎日でもホッと一息つけるニュースをお届けします♡...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 幼稚園への初めての送り出しは、さみしくて誇らしかった