1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 4ヶ月の赤ちゃん

4ヶ月の赤ちゃん

4ヶ月の赤ちゃんのタイトル画像

お昼寝や授乳、おしっこの生活リズムがだんだんと整ってきて、首がすわれば抱っこやおんぶもできるようになる生後4ヶ月の赤ちゃん。この時期の赤ちゃんのからだの特徴やお世話のポイントについてまとめました。

生後4ヶ月の赤ちゃんのからだ

生後4ヶ月の赤ちゃんの身長は58~68cm、体重は5.5~8.5kgほどです。産まれたときから体重は2倍、身長も10~15cmほど伸びている状態が目安です。産まれて100日を迎える日もこの時期。運動機能や情緒が発達し、泣き声を使い分けたりぴょんぴょん嬉しそうにしたりと、かわいらしさがさらに増す頃です。赤ちゃんの成長を見るのがさらに楽しくなる時期と言えるでしょう。

生後4ヶ月の赤ちゃんの筋力

生後4ヶ月の頃になると、多くの赤ちゃんは首がすわってきます。首がすわると、抱っこひもやホルダーを使って抱っこやおんぶができるようになるため、ママも両手があいて楽になります。仰向けにし、両腕を持ってそっと引っ張る引き起こし遊びもできるようになるでしょう。腕の筋肉がついてくるので、うつぶせの状態から首をしっかりと持ち上げたり、胸まで持ち上げたりする赤ちゃんも。寝返りに挑戦し始める赤ちゃんもいます。両脇を支えて立たせてあげると、喜んで足をぴょんぴょんするかもしれませんよ。

4ヶ月の赤ちゃんの画像1

生後4ヶ月の赤ちゃんの視力と興味

視力もさらに発達し、立体感や遠近感が少しずつわかるようになります。それに伴い好奇心も旺盛に。手に触れたものを何でも口に入れて確かめようとします。赤ちゃんが思いもよらないものをなめる姿をみてびっくりするかもしれませんが、赤ちゃんの口の中の感覚機能や舌の感覚が発達していく大事なプロセス。口に入れても大丈夫なものや、噛んでも壊れないもの、洗えるものをおもちゃに与えてみましょう。ものを掴む力もついてきます。軽いガラガラを与えれば、自分で振って音が出るたびに嬉しい表情を見せてくれますよ。

生後4ヶ月の赤ちゃんの授乳

この頃になるとミルクの飲み方に個人差が出てきます。これは、赤ちゃんが自分の食欲をコントロールできるようになったから。授乳回数も1日5回程度になり、生活リズムが整ってきます。上手にたくさん飲めるようになると、空腹になることも減り、ぐっすり眠る時間も増えてきます。たくさん飲んでくれるから、おっぱいの張りが解消するママがいる一方、乳首が切れたり腫れたりといったトラブルに悩まされるママも。離乳食の準備が始まるのもこの時期。ママとパパが何か食べていると欲しそうな顔をしたり、口をもぐもぐしたり、よだれを垂らしたり…このような様子が見られたら、離乳食の準備を始めましょう。

生後4ヶ月の赤ちゃんの育児ポイント

お昼寝は午前と午後で1回ずつ、おしっこは目が覚めた時や授乳のあとなど、赤ちゃんの生活リズムが整い始めます。食事や沐浴は毎日決まった時間にするようにするなど、生活リズムを作ってあげましょう。いろいろなものに興味を示し始める時期でもあります。特にほかの赤ちゃんには興味いっぱいなので、一緒に遊ばせてあげるのがおすすめです。いないいないばあで記憶力を刺激したり、赤ちゃんを鏡に映してあげることも楽しい遊びになるでしょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まなみん

妊娠に関する記事を書いています。よろしくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 4ヶ月の赤ちゃん