1. >
  2. >
  3. >
  4. うちの子は育てにくい子?そう思い込んでいた私を救ったのは…

うちの子は育てにくい子?そう思い込んでいた私を救ったのは…

うちの子は育てにくい子?そう思い込んでいた私を救ったのは…のタイトル画像

産後は頭も身体も、いつも通りに動かない事が多いです。心もなんとなく弱っていたりします。そんな時に言われる言葉は、時に頭にこびりつき、そうなのだなと思い込んでしまったりします。でも、大丈夫。その子が笑っていれば、オールオッケー。笑わない事があっても、その子らしくしていれば大丈夫!これは私が経験した、今でも心に留めているお話です。

目次 「育てにくい子ね」と言われて…。
笑っていれば大丈夫
何気無い一言に一喜一憂

「育てにくい子ね」と言われて…。

うちの子は育てにくい子?そう思い込んでいた私を救ったのは…の画像1
うちの子は育てにくい子?そう思い込んでいた私を救ったのは…の画像2

産後ってなんであんなにぼーっとするのでしょうね。

私は母乳だったので、毎回赤ちゃんの体重を測って、飲んだ量を計算していましたが、その簡単な引き算ができないのです。
授乳室には計算機が常備され、同じ時期に出産したママ同士で使っていました。

病院から支給された育児本を読もうとしても、見出しすらまともに読めない。
読もうとすると、カチッとロックがかかった感じになる。
わたしはこの事を「脳内チャイルドロック」と呼んでいました。

脳がまともではないので、心も弱っていました。
そんな中助産師さんに「この子は泣いてばかりで、おっぱい飲むのも下手だし、育てにくい子ね」と言われたのです。
弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂、傷口に塩を塗る…あと、なんだっけ…とにかくすごくショックでした。

そして、子育て経験も赤ちゃんと接する経験も無いわたしは、刷り込みのように、「うちの子は、育てにくいんだ」と思っていました。

笑っていれば大丈夫

うちの子は育てにくい子?そう思い込んでいた私を救ったのは…の画像3
うちの子は育てにくい子?そう思い込んでいた私を救ったのは…の画像4

「育てにくい子だ」そう思っていた私の話を、静かに親身になって聞いてくれた先生は、わしたち親子が初めて子育て支援センターに行った時も、明るく挨拶してくださったり、ニヤッと微笑した息子をみて「あ、笑ってくれた。嬉しいな」と、どこでどう育ったらそんな優しい言葉が次々出てくるんだろうというくらい、とても明るくて優しい先生でした。

産後に言われた何気無い一言に衝撃をうけ、「育てにくい子」と決めつけていた私。

この先、育てにくい子のままだったらどうしよう。
育てにくい子を、こんな私が育てられるのだろうか。
不安で不安でたまりませんでした。(私の他の記事からもお察しかもしれませんが、なんでも不安に思ってしまう性格です。お恥ずかしい限りです。)

そんな私にも優しくアドバイスをくださった先生のおかげで岩のようにガチガチだった私の頭や心は次第にほぐれていくのがわかりました。

育児3年目、未だに不安や心配は消えませんが、子どもがにこっと笑っていれば大丈夫。その子らしくしていれば大丈夫。を心に留めて、また子育て頑張ります!

何気無い一言に一喜一憂

産後は大袈裟に言えば、一時間ごとに感情が違うような情緒不安定の最強版みたいな日々でした。
何気無い一言に一喜一憂して、泣いたり笑ったり落ち込んだり諦めたり。

産んだら、同時に肝っ玉母ちゃんになれると思っていましたが、甘かった…一喜一憂を繰り返し、精神鍛錬が必要なんですね…。
とほほ…。
でもまあ、息子も笑い袋みたいにケラケラ笑ってますし、まあ、いっか。


今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育ての悩み 子育て・育児

この記事を書いた人

めぐっぺ

はじめまして。めぐっぺと申します。
福島県在住の1984年生まれのアラサー引き子守り母ちゃんです。お絵描きとチョコとお茶が大好きです。

2012年生まれ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. うちの子は育てにくい子?そう思い込んでいた私を救ったのは…