1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 3ヶ月の赤ちゃん

3ヶ月の赤ちゃん

3ヶ月の赤ちゃんのタイトル画像

生まれた頃に比べて機嫌のよいときと悪いときの区別が分かるようになり、時には「あ〜」「う〜」といった喃語も話すようになる生後3ヶ月の赤ちゃん。この時期の赤ちゃんのからだの特徴やお世話のポイントについてまとめました。

生後3ヶ月の赤ちゃんのからだ

生後3ヶ月の赤ちゃんの身長は55~66cm、体重は5~8kgほどです。体重は産まれた時の2倍ほどになっているのが目安です。ほっぺたがふくれ、手足に肉がつき、手首足首にくびれができる赤ちゃんもいます。



また生後3ヶ月になると、赤ちゃんにも社会性が見られるようになります。産まれたての赤ちゃんの笑いが反射的なものであるのに対し、この頃の赤ちゃんはあやされることに喜び、それにこたえて笑います。ママやパパなど、いつも近くにいてお世話をしてくれる人のことを特別な存在として認識し始めるのもこの時期です。

生後3ヶ月の赤ちゃんの動き

生後3ヶ月になると、首すわりがみられるようになる赤ちゃんもいます。お座りの姿勢にして、前にガクッと首が落ちなくなったら首がすわっている状態です。首が座るとママの縦抱きも楽になり、赤ちゃんの視野もぐっと広がります。うつぶせの姿勢にすると、顔を床からしっかりあげられるようになり、中には胸を上げる赤ちゃんも。あおむけの姿勢の時は手足ともによく動かします。両足を空に向かって蹴り上げる様子も。手足もだんだんと左右が一致した動きになってきます。

3ヶ月の赤ちゃんの画像1

生後3ヶ月の赤ちゃんの体の意識

生後3ヶ月の赤ちゃんは、自分の体の動きをおもちゃにしてひとりで楽しむ時間も見られるようになります。指しゃぶりは最高の遊び。握りこぶしのまま口に入れたり、洋服の袖口や上着の袖をしゃぶったりすることもあります。それまで片手だけだったハンドリガードも両手になり、両手を目の前で合わせることができるようになる赤ちゃんもいます。

生後3ヶ月の赤ちゃんの興味と情緒

おもちゃを出すと手を伸ばして取ろうとしたり、手にするものをなんでも口に入れようとしたりと、興味いっぱい。ガラガラもしばらくの間握っていられるようになります。ママのことがしっかりと認識できるので、姿が見えなくなると首を回して目で追うようになります。情緒も発達し、自分の感情を表情で伝えることができるようになります。



たそがれ泣きや3ヶ月コリックが現れるのもこの時期。たそがれ泣きは、毎日同じ時間に泣き出し、何をしても泣き止まないのが特徴。3か月コリックは、甘え泣きや自分の欲求がうまく通らない時にイライラ泣きをすることを言います。

生後3ヶ月の赤ちゃんの育児ポイント

生後3ヶ月になる頃には、大人の指をギュッと握るなどの原始反射も少しずつ消えていき、動きがなめらかになっていきます。昼間の授乳は3~4時間おきですが、おっぱいの最中に目を開けてきょろきょろしたり手足をばたつかせたりなど、遊び飲みが始まることも。



生後2ヶ月目に予防接種を受けさせていない場合は、この時期からスタートしましょう。生後6ヶ月目までに7~8種類のワクチンを受けさせておくのが良いとされ、接種回数は15回以上にもなります。生活リズムも整ってくるこの時期、赤ちゃんとママ自身の健康に気を配ってみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まなみん

妊娠に関する記事を書いています。よろしくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 3ヶ月の赤ちゃん