ジャック君の話を知り、我が子が誕生してから今までのことを思い返してみると、自然と涙が溢れでてきました。

普段は忙しい育児や家事に追われて子どもたちに優しくできないことも多いですが(ごめんね)、
大変なことよりも多くの幸せをくれる存在である子どもたち。

我が子として生まれてくれたこと、幸せだなぁと感じました。

改めて、子ども一人ひとりの誕生は尊いもので、
今隣りにいてくれているということは奇跡に近いことだということを
心に置き、子どもたちとの日々を大切にしていきたい
ですね。