1. >
  2. >
  3. >
  4. 「空とぶ赤ちゃん」の写真を撮り続けたカメラマンのパパが伝えたいメッセージとは

「空とぶ赤ちゃん」の写真を撮り続けたカメラマンのパパが伝えたいメッセージとは

「空とぶ赤ちゃん」の写真を撮り続けたカメラマンのパパが伝えたいメッセージとはのタイトル画像

「ダウン症の息子は、私たち家族を”普通”という規範にとらわれた世界観から出してくれました。」…その想いを写真に表現した、父親でありカメラマンでもあるアランさんの作品をご紹介させてください。

目次 ダウン症の息子は「特別な才能」を持ってうまれてきた!?
世界中の人々を魅了した「空飛ぶ赤ちゃん」の写真の数々
「普通」ってなんだろう?

ダウン症の息子は「特別な才能」を持ってうまれてきた!?

アメリカ・ユタ州に住むカメラマンのアラン・ローレンスさんは、3児の父親でもあります。
そのアランさんの3人目の子どもであるウィリアム君は、生まれた時にダウン症と診断されました。

障害を持って生まれたウィリアム君。
そんなウィリアム君をスーパーマンに変身させたのは、父親であるアランさんでした。

なんとアランさんは、息子ウィリアム君を撮った写真をフォトショップを使い加工し、ウィリアム君を「空飛ぶ赤ちゃん」に変身させたのです!!

アランさんは、

"ウィリアムは特別な才能を持って生まれてきた。空を飛ぶ事だって出来るんだよ。そしてそれは、彼が持つ障害を乗り越える力でもあるんだ。"

と語り、ウィリアム君の空飛ぶ写真を撮り続けています。

世界中の人々を魅了した「空飛ぶ赤ちゃん」の写真の数々

そんなアランさんの撮ったウィリアム君の写真は、瞬く間に世界中の人々を魅了しました!
アランさんに許可をいただいたので、ご紹介させてください。

■今日もぼく、イケてる?

■ここから見る景色って最高!

お姉ちゃんのアイスもーらった!

■はい、みんながんばってがんばってー。

■ママ、いつもおいしいごはんをありがとう!ぱくっ

■お城のできあがりっ♪

■ぼくの大好きな兄弟たちと過ごす大好きな時間

■お姉ちゃん、濡れちゃうよー!!

■いつも一緒

「普通」ってなんだろう?

アランさんに「ウィリアム君は、アランさんたち家族にとってどんな存在なのか」を聞いたらこんな答えが返ってきました。

"ウィリアムは私たち家族に新しい視点をもたらし、”普通”という規範にとらわれた世界観から出させてくれました。
これからもウィリアムの成長を見守りながら、彼を通して”生きるとはどういうことか”を見つけていきたいと思います。"



アランさんはカメラマンとして活動するだけでなく、ダウン症児を支援する資金援助プロジェクトも開設し、ウィリアム君の写真をカレンダーにして発売しています。

Wil Can Fly(ダウン症の支援のためにカレンダー発売を行っているサイト)

皆さんは、アランさんの「空飛ぶ赤ちゃん」の写真を見て、何を感じましたか?

アランさんがおっしゃっているように、「普通」とは何なのか、改めて考え直していきたいですね。

THAT DAD BLOG(アランさんブログ) ※写真の掲載許可をいただいております。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

個性と自己肯定感 個性・多様性 子育て・育児

この記事を書いた人

あけみ

初めまして!2児のママあけみです。
“自分たちらしい家族を築くこと”をモットーに日々子育てに奮闘中!
皆さんと色々な情報を共有出来ればと思っています^^
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「空とぶ赤ちゃん」の写真を撮り続けたカメラマンのパパが伝えたいメッセージとは