1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 簡単!ドライフラワーの作り方とアレンジ方法♪

簡単!ドライフラワーの作り方とアレンジ方法♪

簡単!ドライフラワーの作り方とアレンジ方法♪のタイトル画像

暖かい季節や、暖かい地方にお住みの方は一年中お花を楽しめますよね.。しかし寒い地方やお花を育てる事が出来ない方にもぜひお花を楽しんでもらいたい。そんな方、必見!簡単に素敵なドライフラワーを作れてしまう方法と、そのプチプラアレンジ方法を教えちゃいます。

出典:https://instagram.com/p/0QcNiiM6zT/
NOAのアイコン NOA
簡単!ドライフラワーの作り方とアレンジ方法♪の画像1

ドライフラワーの作り方にはたくさんの種類があります

ドライフラワーの作り方には、シリカゲル法・ハンキング法・乾燥法・電子レンジ法、ワイヤリング方法等沢山の種類があります。一番簡単なのは、自然乾燥法。私は自然乾燥で簡単なドライフラワーづくりを楽しんでいます♪

簡単!ドライフラワーの作り方とアレンジ方法♪の画像2

自然乾燥は、湿度の低い季節に行うのがおすすめ。カーテンを閉め暗闇にして、通気性がよい部屋で行うのがおすすめです。花びらや花が小さい場合は花を下にして逆さにして乾燥させます。花びらが大きい場合は花から茎を切りお菓子の袋等に入れて乾燥させます。

簡単!ドライフラワーの作り方とアレンジ方法♪の画像3
簡単!ドライフラワーの作り方とアレンジ方法♪の画像4
簡単!ドライフラワーの作り方とアレンジ方法♪の画像5

いまはやりの紫陽花(あじさい)ドライフラワーも自然乾燥で簡単に出来ます。



紫陽花は茎が長いので、沢山ある場合は花を下にして逆さにして乾燥させます。写真のようにカーテンや洗濯干しに洗濯ハサミで挟むと良いでしょう。気温や湿度によって異なりますが、早くて一日程で完成します。



簡単!ドライフラワーの作り方とアレンジ方法♪の画像6

きれいにドライフラワーにできる紫陽花の種類

生き生きとした紫陽花より、少し終わりかけの《秋色あじさい》や《アナベル》がおすすめです。アナベルは花びらも小さく、普通の紫陽花より水分が少ないため他の種類より早く、きれいに乾燥させることができます。



夏場も十分にできますが、水分が多いため見た目がクシュッと縮んだようになってしまうものがいくつかできてしまいましたので、秋頃にやってみるのをおすすめします。



関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

ライフスタイル 住まい・インテリア・収納 DIY

この記事を書いた人

NOA

一歳と三歳の二児のママ
主に100円ショップの商品を使ってリメイクや作品をチマチマ作っています
北海道の田舎に住みながら、アマチュア作家活動をしています...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 簡単!ドライフラワーの作り方とアレンジ方法♪