1. >
  2. >
  3. >
  4. 心を閉ざしていた少年…ある先生との出会いで人生が変わった実話

心を閉ざしていた少年…ある先生との出会いで人生が変わった実話

心を閉ざしていた少年…ある先生との出会いで人生が変わった実話のタイトル画像

深い悲しみを抱いた少年の心を救った先生と、いつまでも感謝の気持ちを持ち続けた少年の実話に多くの人が涙しました。人は人によって救われる、じんわりと温かい気持ちになれる話です。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015083155

子どもたちにとって教師は、親の次にいろんな影響を与えてくれる存在であり、
そして学校は、人との関わりを学び友情を育てる場所であるとも言えます。

そんな学校で起きた、一人の少年と先生の出会いが、多くの感動を呼びました。
35万人もの人が涙したと言われる思いやりに溢れた実話とは、どんなものなのでしょうか。

心を閉ざした、ある少年

心を閉ざしていた少年…ある先生との出会いで人生が変わった実話の画像1

ある教師が、担当することになった小学校5年生のクラスには1人だけ気になる生徒がいました。

遅刻が目立ち、挨拶をしても返事はなく、目を合わせようともしない少年。

教師は次第に、その生徒を毛嫌いするようになってしまいました。
毎日の生活態度の記録をしようにも、ダメなところだけが浮かび、良いところが浮かばなくなっていたころ…

ふと、少年の小学1年生からの記録が目に留まったのです。

それには、「社交的で親切、勉強も熱心に行っている」というもの。
今とは正反対の記録内容に教師は驚きます。

そして続く2年生の記録を目にしたとき、少年を襲った悲しい出来事を知ることとなったのです。

母親が病気で亡くなったことから…

心を閉ざしていた少年…ある先生との出会いで人生が変わった実話の画像2

それは少年の母親が病気で亡くなり、また
その悲しみからアルコール依存症になってしまった父親から、暴力を受けているというもの…。

少年は母親が亡くなるまで、幼いながらも懸命に世話をしていたようでした。
本来であれば父親に抱きしめられ思いきり泣けるはずが、
その場所さえも与えられなかった少年の心の傷はどれだけ深いものだったのか。

教師は、自分が少年に対して「ダメだと決めつけてしまっていた」ことに気づきます。

そして少年に声をかけるのです。

放課後の教室で始まった、二人の勉強会

心を閉ざしていた少年…ある先生との出会いで人生が変わった実話の画像3

「夕方まで教室にいるから、先生が勉強を教えようか?」
そう言って、放課後に教室で勉強を教えることでなるべく少年に寄り添うことにしたのです。

少年は熱心に予習復習するようになり、やがて次第に笑顔も見せるように。

授業では、おずおずとですが手をあげて発言もするようになり、
少しずつ少年は本来の姿を取り戻していくようでした。

やがて、6年生になりその教師は担任を外れることになりました。

その少年からもらった、初めての手紙

心を閉ざしていた少年…ある先生との出会いで人生が変わった実話の画像4

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

loiseau

あまえんぼな一人息子がいます!仕事のあと、簡単で栄養満点な夜ご飯を1時間以内に作ることが毎日の課題。肌の衰えが気になるこの頃は美容関係の記事を読み漁ってます。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 心を閉ざしていた少年…ある先生との出会いで人生が変わった実話