1. >
  2. >
  3. >
  4. 月経カップとは?特徴と選び方、人気のおすすめ商品4選

月経カップとは?特徴と選び方、人気のおすすめ商品4選

月経カップとは?特徴と選び方、人気のおすすめ商品4選のタイトル画像

最近話題になっている「月経カップ」をご存知ですか?生理用品といえば、ナプキンやタンポンが主流ですが、月経カップは洗って再利用できるなど、いろいろな利点があります。慣れるととても快適な月経カップをご紹介したいと思います。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10736002671
目次 月経カップとは?
月経カップの使い方
月経カップのメリット・デメリットは?
月経カップの安全性は?
月経カップ使用者の体験談
月経カップを選ぶポイント
おすすめ月経カップ4選
まとめ

月経カップとは?

月経カップとは、「ナプキン・タンポンに次ぐ生理用品」と言われるものです。主にシリコン製で、チューリップのような形をしており、膣内に挿入して使用するものです。

ナプキンが出てきた経血を膣の外で受け止め、タンポンが膣の中で経血を吸収するのに対し、月経カップは膣の中で経血を溜めるのに使用します。自分で膣の中に入れなければいけませんので、最初は戸惑うかもしれませんが、一度コツをつかんでしまえばメリットも多いです。

欧米では50年以上使われている歴史を持っておりますが、日本ではまだまだナプキン・タンポンの方が市場ではメジャーではあります。それでも口コミでその良さがじわじわと広がっていき、利用者も増えつつあるところです。ようやく2016年3月より、医薬品医療機器等法に基づいて販売される製品も登場し、今後注目されるものとなるでしょう。

月経カップの使い方

月経カップは、チューリップのような形をしています。カップの底にステム(取りだすときのつまみ)が付いているので、ステムがついている方を下に、カップを上向きにして使用します。使用方法は以下の通りです。

1. 手でカップの部分をU字の形に折り曲げる
2. U字の形に折り曲げた先端部分を、さらに少し尖らせる
3. 膣内に挿入する
4. 取り出すときは、底に付いているステムに触れたら、少し空気抜きをしてから引く
5. 経血をトイレに流す
6. カップを洗ったり、トイレットペーパーなどで拭いて、再度膣内に挿入する

手順1・2での折り方は個人でも調節可能なので、一番挿入しやすい形に折り曲げてください。3で膣の中の奥の方まで入れ込みます。膣の中に入れていくとき、浅いと違和感があると思います。どんどん奥に押しやって違和感が無くなった所がベストな場所です。

最初は慣れないかもしれませんが、何回かやっているうちにコツをつかめるようになるようです。生理中でないと膣内が乾燥しやすいので、挿入の練習は生理中にリラックスした状態でする方がよいでしょう。

月経カップのメリット・デメリットは?

メリット

1. 再利用可能
月経カップの特徴として一番大きな長所は、洗浄して再利用できることです。従来の生理用品は使い捨てのものがほとんどですので、一定のコストがかかってしまいますが、月経カップは一度買ってメンテナンスをしっかりすれば、10年は持つと言われています。

2. 経済的
月経カップは1つ約3,000~7,000円程度で売られています。洗い替えは絶対に必要というわけではありませんが、替えがほしい方は準備してもいいかもしれません。初期費用は少々高価に感じるかもしれませんが、コストパフォーマンス面では月経カップは優秀です。

3. 長時間使用可能
約12時間まで利用可能ですので、従来の生理用品と比べて長時間連続して使用できます。ナプキンを頻繁に取り換える手間を考えれば、時間を取られなくて便利です。ただし経血量等は個人差がありますので、連続使用時間は個々の体調に合わせて下さい。

4. 経血が外に出ることがほぼないので、月経時につきものの匂いが気にならない
生理時の匂いは、経血が空気に触れることで起こります。経血が外に漏れてしまう心配が少ない月経カップならば、匂いを気にすることもそんなにないでしょう。ただし絶対に漏れないということではありませんので、心配な場合は布ナプキンなどでカバーしてもいいかもしれません。

5. 毒素性ショック症候群(TSS)になる心配が少ない
この症例はタンポンの使用が原因の場合が多く、場合によっては生命の危険もある症状です。何らかの理由でタンポンが膣内を傷つけることによって、細菌が血流に入り、毒素が回ってしまうことが多いです。月経カップは約50年ほど使用されてきていますが、過去TSSの報告がないのは、膣内を傷つける心配がほぼないからかもしれません。

デメリット

1. 使用するのにコツをつかむ必要がある
例えばタンポンだと、アプリケーターが付いていて押し出すだけなので最適な位置に入れる事が出来ますが、月経カップは自分で最適な位置を探って入れなければいけませんので、入れるコツをつかみづらいことがあるかもしれません。

2. 挿入する際に手が汚れてしまう
アプリケーターがついていませんので、必然的に装着時や取り出し時には手が汚れてしまいます。個室内に水道がついているところは少ないので、ティッシュペーパーで拭いたり、またはウェットティシュや使い捨て手袋等を用意する方法もあります。

3. 完全に漏れないとも限りません
最適な位置に収まっていないと漏れやすくなります。また取り換える時間の目安に対して経血量が多くなってしまうと漏れてしまいます。不安なときは、紙ナプキンや布ナプキンなどと併用してもよいでしょう。

月経カップの安全性は?

月経カップは1930年代にアメリカで存在が確認されていました。そして1970年代に米国食品医薬品局に認定登録されています。以来現在まで、タンポンでは時折引き起こされる毒素性ショック症候群(TSS)の例は報告されていません。

最初はゴム素材でしたが、1990年代になるとシリコン素材の製品が開発され、より使いやすくなりました。タンポンには漂白剤や消臭剤、吸収ジェルなどが含まれていますが、月経カップはシリコンだけという極めてシンプルな構造ですから、それらのものは不要です。そしてシリコンのなめらかな表面が、膣内の自浄作用を邪魔しないところも、TSSが今までなかった理由でしょう。

肌に直接触れたり、体内に入れるものなので、品質には十分に気を付けることも必要になってきます。安易に値段だけで選ばず、品質を吟味して選べば、安全性は高いと言えるでしょう。

「TSS(トキシックショック症候群)について」 一般社団法人 日本衛生材料工業連合会

月経カップ使用者の体験談

実際に月経カップを使ってみた方の声を集めてみました。やはりメリットとデメリットがあるようですが、それぞれ体験してみても、使ってみてよかったという感想を持つ方が多いようでした。

月経カップを選ぶポイント

月経カップを選ぶにあたって、次の2点は必ず確認するようにしましょう。

1.素材
現在はシリコン製が主流ですが、一口にシリコンといっても様々な種類があります。シリコンのグレード・不純物が混じっていないかは必ずチェックするようにしてください。
医療で使うシリコンは比較的安全とされていますので、ラテックスにアレルギーのある方は医療用シリコン使用のものを選ぶと安全です。

2.サイズ
多くのメーカーでは、月経カップのサイズは2種類展開されており、一般的には大きいサイズは経産婦向きとされている事が多いようです。

帝王切開での出産や、小さめの赤ちゃんを産んだ場合だと、月経カップを選ぶ時は小さめのサイズでも十分だったという意見もあります。膣に対して大き過ぎるものを買ってしまうと痛いですし、小さめのものでは漏れてしまう事もありますので、自分の膣のサイズに合ったものを選ぶことが大事です。

おすすめ月経カップ4選

スクーンカップ

スクーンカップは、日本で「医薬品医療機器等法」に基づいて販売が許された、初めての月経カップとなります。日本人の体形に合うように研究を重ねた製品へのこだわりもさることながら、素敵なデザインの小袋などが用意されているところも、細やかな気遣いを感じます。なお注文を受けてから90日までの間なら、万が一サイズが合わなかった場合にはサイズの交換をしていただけます。

価格:5,190円
素材:シリコン(心臓手術などに用いられる医療グレードのもの)
カラー:8色(ハーモニー、ZEN、ウェルネス、サンライズ、ホープ、バランス、メディテーション、クラリティ)
サイズ1:出産未経験の方、または帝王切開による出産のみをご経験の方
サイズ2:通常の出産をご経験の方(帝王切開は除きます)

ナチュラルカップ

医療用シリコンを100%使用しています。2つのサイズがあり、サイズ1は30歳以下、サイズ2は30歳以上または経腟での出産経験がある方におすすめですので目安にしてください。日本語説明書も付属しています。お得な2個セットになっています。

価格:4,680円(同一サイズの2個セット)
素材:医療用シリコン使用
カラー:ピンク
サイズ1:30歳以下の方
サイズ2:30歳以上、または出産経験のある方

楽天での購入はこちら

ディーバカップ

世界中の女性から愛されている、カナダ製の月経カップです。1回の使用で12時間連続使用することができます。

価格:3,970円
素材:シリコン100%(着色料、プラスチック、BPA、ラテックス不使用)
モデル1:30歳未満の出産未経験の女性用
モデル2:30歳以上やご出産経験のある女性用

ディーバカップ 楽天市場

ルネット月経カップ

フィンランドでひとつひとつ丁寧に作られている月経カップです。アメリカFDAに承認されている医療グレードのシリコン素材を使用していて、オリジナルの可愛いサテン·ストレージ·ポーチが付いてきます。一度に最大12時間使用可能で、水泳や激しい運動時にも問題なく利用できます。

価格:7,600円
素材:シリコン
モデル1:経血量が少ない女性、若い女性、もしくは性交の経験がない女性向け
モデル2:経血量が通常もしくは多い女性用

まとめ

使い捨てが当たり前だったこれまでの生理用品ですが、再利用できて環境にも優しい月経カップが日本でも入手しやすくなってきたことで、試してみようと思う方も増えてくることでしょう。

使い方に少しコツがありますが、慣れてしまうと、ナプキンが肌に触れることの不快感もなく快適だそうです。月経カップを試してみると、憂鬱だった生理に対しての気持ちも軽減するかもしれません。新しい生理用品、月経カップを試してみて、新しい気持ちで生理に向き合ってみませんか?

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 健康管理

この記事を書いた人

ゆうこ

男の子が二人います。最近は上の子のイヤイヤに困っています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 月経カップとは?特徴と選び方、人気のおすすめ商品4選