1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊娠性痒疹(ようしん)とは?症状、原因、対処法まとめ

妊娠性痒疹(ようしん)とは?症状、原因、対処法まとめ

妊娠性痒疹(ようしん)とは?症状、原因、対処法まとめのタイトル画像

妊娠性痒疹とは、妊娠中に発症する皮膚疾患のことです。手足や体の様々な部位に蕁麻疹(じんましん)のような湿疹や水ぶくれができるのが特徴です。今回は、妊娠性痒疹の原因、対処法、注意点をまとめてご紹介します。

目次 妊娠性痒疹(ようしん)とは?
妊娠性痒疹の原因
胎児への影響は?
妊娠性痒疹の注意点
妊娠性痒疹を発症した際の対処法
まとめ

妊娠性痒疹(ようしん)とは?

妊娠性痒疹(ようしん)とは、妊娠中期から後期にかけて、手足、背中、お腹などに赤いプツプツとした湿疹や水ぶくれでき、強烈な痒みを伴う症状のことです。はじめは部分的に表れ、徐々に広がっていきますが、出産が終わると自然に治るといわれています。また、経産婦に多く、一度発症すると再発しやすいという特徴もあります。

妊娠性痒疹の原因

残念ながら、現在のところ決定的な原因は分かっていません。妊娠中のホルモンバランスの崩れによるトラブルであるという説や、ストレスが関係しているという説、免疫力の低下に起因するという説、胎児の性別や血液型と関係しているという説などがあります。

胎児への影響は?

妊娠性痒疹そのものは、胎児への影響はないといわれています。ただ、妊娠中の薬の服用は好ましくないとされていますが、かゆみ止めとして抗ヒスタミン剤を処方されることがあります。基本的には、妊娠5ヵ月を超えているのであれば問題ありませんが、薬の影響が心配な場合はかかりつけのお医者さんに相談するようにしましょう。

妊娠性痒疹の注意点

湿疹をかきむしると出血して跡が残ってしまうこともあるため、注意が必要です。また、「妊娠性皮膚掻(そうよう)痒症」などのように、妊娠性痒疹とよく似た症状と間違えやすい場合もあるため、医療機関を受診して病気を特定した上で対処していく必要があります。

妊娠性痒疹を発症した際の対処法

妊娠性痒疹は他の皮膚トラブルと混同しやすいため、まずは病院でかゆみの原因を診断してもらいましょう。その上で、自宅でできるケアをいくつかご紹介します。

①患部を冷やす

患部を冷やすことにより、炎症やかゆみ、腫れを抑えることができます。逆に体を温めてしまうと症状が悪化するため、熱いお風呂に入ったり、運動したりするのは避けましょう。

■おすすめ商品

品名:叩けば冷える 瞬間冷却材
値段:468円

袋を叩くと、中の薬剤が反応して瞬時に0℃以下になります。冷却効果は15~20分と比較的短いですが、外出先などで強いかゆみを感じたときに、患部を冷やすことでかゆみを軽減することができます。

②保湿クリームを使用する

かゆみの原因が皮膚の乾燥である場合は、保湿クリームを塗ることが効果的です。医師や薬剤師に相談し、妊娠中でも使える保湿クリームを選びましょう。

■おすすめ商品

品名:アルテクリーム80g(カワラヨモギクリーム)
値段:3,240円

アルテクリームは、カワラヨモギエキスを用いた無香料の薬用スキンケアクリームです。ステロイドを使用していないため、肌の弱い方や赤ちゃんにも用いることができます。後ほど紹介するアルテニーニローションと一緒に使うことで、より効果が高まるという口コミもあります。

③ヨモギを取り入れてみる

医薬品を使うことに抵抗のある方は、古くから民間療法で用いられているヨモギを活用してみるのも良いでしょう。ヨモギには、かゆみを軽減し、炎症を抑制する効果があるといわれています。市販されているものには、ヨモギ茶やヨモギローション、ヨモギ風呂の入浴剤などがあります。

ただし、ヨモギ茶に多く含まれているタンニンは葉酸の働きを阻害し、赤ちゃんの発育に悪影響となる場合があるため、特に妊娠初期には注意が必要です。

■おすすめ商品

品名:アルテニーニローション
値段:1,650円

天然よもぎ抽出液をベースにビワ葉エキスを配合したローションです。患部に塗ることで、スースーとして痒みが和らぐと口コミでも評判です。

④医療用クリームを使用する

妊婦さんでも使用できる、低刺激のクリームを用いるのも効果的です。医薬品であるため市販はされていませんが、皮膚科で処方してもらうことができます。

まとめ

妊娠中のかゆみは、ストレスにもつながりやすくなるべく避けたいものです。強いかゆみや湿疹、水ぶくれなどの症状がみられた場合は、早めに医療機関に相談してみてください。少しでも妊婦さんの安心材料の一つとなり、参考となれば幸いです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の病気・症状 妊娠中のアレルギー

この記事を書いた人

ふるらふる

はじめまして(*^_^*)
5人の育児に毎日奮闘中のふるらふるです。
下3人が年子で、2歳、1歳、0歳(1ヶ月)と、とても可愛い♡が
毎日がチビ達との闘い...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊娠性痒疹(ようしん)とは?症状、原因、対処法まとめ