1. >
  2. >
  3. >
  4. マタニティブラは必要?いつから着けるの?種類と選び方まとめ

マタニティブラは必要?いつから着けるの?種類と選び方まとめ

マタニティブラは必要?いつから着けるの?種類と選び方まとめのタイトル画像

妊娠すると、次第に胸が大きくなりますよね。すると、今まで着けていたブラジャーがきつくなってきます。そんなときの救世主が、妊婦さんや産後のママのために作られた「マタニティブラ」です。マタニティブラって何?いつから必要なの?何を選んだらいいかわからない!とお悩みの方のために今回は、マタニティブラの必要性や種類、選び方をご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044012342
目次 マタニティブラは必要なの?妊娠中の胸の変化
マタニティブラはいつから着けるべき?
マタニティブラの種類
マタニティブラの授乳機能って?
マタニティブラを選ぶ際の5つのポイント
マタニティブラのおすすめブランド4選
4.ユニクロ
まとめ

マタニティブラは必要なの?妊娠中の胸の変化

女性は、妊娠から出産までにだいたい2カップ以上、アンダーバストも1サイズはアップすると言われていますので、妊娠前のブラジャーとはしばしのお別れをしなければいけません。マタニティブラは必要か不要かの以前に、きつくて入らなくなってしまいますからね。まず、妊娠前の一般女性用ブラジャーとマタニティブラとでは、つくりが違ってきます。

■普通のブラジャー
バストを垂れさせないようにしっかりと支えてかたちを整えるためのもの。胸の脂肪が背中やお腹に散らないようにする効果も。胸を持ち上げ、スタイルを綺麗に見せることを主な目的として作られている。

■マタニティブラ
妊娠して大きさ、かたちが変わっていくバストをやさしく包み込むためのもの。また、産後は授乳がしやすいようすぐにめくれたり、前側にボタンがついていてパッと開けられるタイプになっている。

このように、普通のブラジャーはバストを適度に押さえつけて、かたちを良く見せることを目的としています。それに比べてマタニティブラは、妊娠出産で変わりゆくバストや授乳に適応できるように作られているのです。

マタニティブラはいつから着けるべき?

いちばんおすすめなのは、妊娠したとわかったらすぐに、普段のブラジャーからマタニティブラへと切り替えること。なぜそんなに早く?と思う方も多いかもしれませんね。でも実は、女性の胸は妊娠したその日から、母乳を出すための準備を始めているのです。

それなのに、妊娠前のブラジャーをずっと着けていたらどうなるでしょう?「まだきつくないから大丈夫!」と思っていても、知らず知らずのうちに乳腺の発達を押さえつけ、妨げてしまうことに。その結果、胸が痛くなってしまったり、産後の母乳の出に支障をきたしてしまうということが考えられるのです。

そうならないためには、なるべく早くにマタニティブラに付け替える必要があるのです。とくにつわりがある時期は、今まで着けていたブラジャーをすると苦しくて気持ち悪くなってしまうこともあります。そんなときに妊婦さんや産後のママのための専用のインナーがあれば、とっても楽ちん。さらにバストのかたちの崩れも防止してくれるので、ぜひ早めに購入を考えることをおすすめします。

マタニティブラの種類

マタニティブラには、大きく分けて「ハーフトップタイプ」と「ブラジャータイプ」の2種類があります。

ハーフトップタイプ

ハーフトップタイプは、タンクトップが胸下までの長さになったようなかたちです。ノンワイヤーで締め付けがないのでつわりの時期にもぴったり。授乳しやすい機能がついているので、産後も活躍します。

全体的にとてもやわらかい素材で作られていることが特徴で、着けていることを忘れてしまうほどやさしいフィット感。「とにかく楽なインナーがいい!」というママにおすすめです。

ブラジャータイプ

こちらは、ハーフトップタイプよりも多少ホールド感があるタイプ。ワイヤーのついているものがほとんどで、バストの垂れや背中への流れをしっかりと防ぎつつも、大きくなっていく胸を締め付けないつくりです。

また、ハーフトップタイプよりもおしゃれなデザインが多いところも特徴的。授乳ブラジャーにもなるので、「産前〜産後も長く使えるおでかけ用ブラが欲しい!」というママにおすすめです。

マタニティブラの授乳機能って?

マタニティブラにはさまざまな授乳機能の種類があり、大きく4つに分かれています。ママの好みで選んでみましょう。

1.ストラップオープン

ストラップから片手でカップを外せるタイプ。カップはブラから外れないようになっています。授乳後はカップをストラップに付け直します。

2.フロントオープン

真ん中のスナップボタンで開けるタイプ。大きく開くので、赤ちゃんの顔に当たりにくいです。授乳後はボタンを付け直す必要があります。

3.クロスオープン

カップがフロントで交差するように作られているタイプで、カップを下にずらして授乳します。終わった後はカップを上に戻すだけでOK。

4.ウインドーオープン

外側のカップを外して、内側のカップの丸い窓枠から授乳するタイプ。バストを固定したまま授乳できます。

マタニティブラを選ぶ際の5つのポイント

初めてのマタニティブラは、どのように選んでいいか迷いますよね。そんなときに役立つ5つのポイントをまとめました。ここさえ押さえれば失敗しないはずですよ。

1.授乳のしやすさ

1日に何回も授乳をすることになるママにとっては、授乳のしやすさはとっても重要ですよね。上でご紹介した、ブラの開き方のタイプを参考に選んでみましょう。

例えば、クロスオープンはひょいと下にずらして授乳が終わったら直すだけなので、いちばん手間がかからないタイプかもしれません。しかし、これはバストが大きいママでないと、バストの下にずらした部分が上に上がってきてしまいますね。そうすると、授乳中に何回も下に下げなければいけないことに。

それをふまえて考えると、バストのボリュームが少なめのママは、しっかりカップの開くストラップオープンやフロントオープンのほうが向いているかもしれません。また、ウインドーオープンはバストを固定させて授乳できるので、安定して授乳をしたいママにおすすめです。

2.肌にやさしい素材

妊娠中や出産後のママの皮膚はとってっもデリケート。妊娠前はまったく敏感でなくても、すぐにかゆくなったりかぶれたりしやすいです。そのため、インナーの素材には綿やコットン素材、パイル生地などの素材を使用しているものを選びましょう。

3.カップの大きさ

妊娠6ヶ月までは1〜2カップ、妊娠7ヶ月以降は2〜3カップ大きなサイズを選ぶことになるでしょう。個人差がありますので、自分で測るか、マタニティブラの売っている下着屋さんで測ってから購入すると良いですね。

4.アンダーの大きさやタイプ

アンダーも妊娠期間を通して大きくなりますので、ちゃんと測定してから買いましょう。また、産院ではノンワイヤータイプのブラを持ち物に指定される場合が多いので、ノンワイヤータイプはいくつか揃えておくことをおすすめします。ワイヤーありのタイプは、おでかけ用に追加で購入するかたちでも良いですね。

5.ストラップやホック

ストラップの質感や太さは、付け心地にも大きくかかわってきます。肩にくいこまなくて、ずり落ちないような太めのものを選ぶと安心です。また、ホック付きのものは、4段階以上の留め場所があるものが適しています。

マタニティブラのおすすめブランド4選

1.ベルメゾン

ベルメゾンのマタニティブラは種類が豊富で、産前〜産後まで長く使えるものがそろっています。

ワイヤーありやノンワイヤーのもの、無地やドット柄、可愛いディズニー柄などさまざまなタイプから選べるので、好みにぴったりのブラを見つけることができますよ。価格がお求めやすいところも嬉しいポイント。

2.ローズマダム

ローズマダムは、妊婦さんのためのランジェリーショップ。「妊娠出産のためだけに下着を買い替えるのはちょっと…」というママのために、産後もずっと使える授乳兼用ブラもたくさん揃っています。

写真のようなシンプルなものから、有名芸能人やギャルママ協会とコラボした可愛い商品も豊富です。値段もおさえられているので、何枚も必要なママにはとっても助かりますね。

ローズマダム 授乳兼用ブラジャー

3.ワコール

下着専門メーカーのワコールから出ているマタニティブラは、高い品質とその美しいデザインでおしゃれなママたちから支持されています。

産前・産後ブラや入院準備のためのノンワイヤーブラなど、用途に合わせてわかりやすくラインナップされているので選びやすいですね。素材もやさしいものを使っているので、肌が弱いママでも安心して着けることができます。

ワコール マタニティ

4.ユニクロ

ユニクロから出ているワイヤレスブラは、締め付けがなく楽な付け心地なのでマタニティ期にも適したインナーです。

ノンワイヤーなのにバストを美しく見せられるようになっていて、産後もずっと使えるのでとってもお得。カラーバリエーションも豊富なので、選ぶのも楽しくなりますね。値段も安く丈夫なので、何回洗濯してもヨレることがないと口コミでも人気です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?妊娠や出産で大きくなった胸を締め付けずに支えてくれるマタニティブラは、産前・産後も快適に過ごしたいママには必須のアイテムですね。「私はブラは着けないわ」という方でも、出産後は母乳があふれてきてしまうので、母乳パッドを入れるためのカップ付きブラは必要ですよ。

さまざまなタイプがあって迷ってしまうかもしれませんが、じっくりと吟味して、自分にぴったりなものを選びましょう。ぜひお気に入りの専用ブラを見つけて、楽しいマタニティライフをお過ごしくださいね!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 マタニティウェア

この記事を書いた人

Diana

2015年生まれの女の子の母です。
最近は離乳食作りに奮闘する毎日。
慣れない育児も、楽しみながら過ごしています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. マタニティブラは必要?いつから着けるの?種類と選び方まとめ