1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠中の痔について

妊娠中の痔について

妊娠中の痔についてのタイトル画像

妊娠中、体にはさまざまな変化が起こりやすいもの。そのひとつに痔の悩みがあります。実は8割もの妊婦さんが経験している、痔の原因と対策についてチェックしておきしょう。

妊娠中の便秘が原因!?痔になる妊婦が続出

妊婦さんは痔になりやすいことをご存知でしょうか。これは妊娠中の便秘が大きく関係しているのです。妊娠中の大きくなった子宮は腸を圧迫します。すると結腸周辺の血行が悪くなり、肛門の近くはうっ血しやすくなります。その状態で便秘になり排便の際にいきんでいると、肛門の近くに負担がかかり、いぼ痔や切れ痔を引き起こすのです。一度痔になると排便の時に痛むため、ますます排便が滞って痔が悪化してしまうケースもみられます。

痔の種類は大きく分けて2つあります!

妊娠中に起こりやすい痔は、大きく2種類に分かれます。ひとつめは、いぼ痔と呼ばれる「痔核(じかく)」です。特に妊婦さんは肛門の外側にしこりができる外痔核が多く、患部が痛むこともあります。そしてふたつめは、切れ痔の「裂肛(れっこう)」です。妊娠中、便秘をして固くなった便を出そうといきんだときに、肛門の出口に圧がかかって切れてしまうことがよくあります。切れた場所から赤い出血があるため、トイレの際や下着に付着した血で気がつきます。

妊娠中の痔予防には血行促進が大切です

妊婦さんの痔は分娩時のいきみで悪化することがあるため、早めの予防をおすすめします。まず痔の予防には血行を促進させることが第一です。肛門付近の血行が滞ると痔になりやすいので、入浴やシャワーで体を温め血行を促進させましょう。適度な運動も効果的です。トイレが寒いと肛門付近の筋肉が緊張して便が出にくくなるので、冬はトイレを温めておくのもいいでしょう。併せて便秘対策を心がけると、切れ痔や痔の悪化を予防できます。

痔になった時は、清潔に保つことが重要

痔になってしまったら患部を清潔に保つことが大切です。患部は細菌に感染しやすく、化膿やかぶれを引き起こす可能性があります。排便のたびに肛門を清潔にしておきましょう。トイレのおしり洗浄器でやさしく洗うと効果的です。ただし洗浄ノズルに雑菌が付いていると逆効果となるため、衛生にも気を付けましょう。おしり洗浄器のない場合は清浄綿や赤ちゃん用のおしり拭きで拭くこともおすすめです。毎日の入浴時にも洗っておきましょう。

早めに専門家に相談して症状を改善しよう

痔のせいで、出産後に赤ちゃんを連れて通院しなければならなくなるのは大変です。痔は人に相談しにくい病気かもしれませんが妊婦さんには珍しくないので、悪化する前に肛門科の受診をおすすめします。胎児への影響も考えたいので、ステロイドや鎮痛成分の入った痔の薬は避けたほうが無難でしょう。できれば市販薬よりも産婦人科や薬剤師が処方した薬を使ったほうが安心です。健診の時に相談して薬を処方してもらうと良いでしょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の病気・症状

この記事を書いた人

ひろりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠中の痔について