1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「広い海に出よう」さかなクンがおくった“あるメッセージ”に感動

「広い海に出よう」さかなクンがおくった“あるメッセージ”に感動

「広い海に出よう」さかなクンがおくった“あるメッセージ”に感動のタイトル画像

さかなクンがいじめられっ子に向けておくったメッセージをご存知ですか?学校に通っている自分の息子や娘がいじめられていないか不安になる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、このメッセージが届けば、きっとその子たちにとっても、一つの救いになることでしょう。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030000183

さかなクンといえば、今やタレントの枠を超えて、海洋生物関連の専門家として、多大な社会貢献をされています。
そんな彼がいじめられっ子に向けて送ったメッセージをご存知でしょうか?

そこには彼らしい、率直な想いがこもっています。

「さかなクン」のプロフィールとは

テレビでよく見かける印象もあるので、ただ単にお魚好きな一タレントというイメージを持っている方も多いかもしれません。
しかし、実は漁業界においての貢献度は思いの他高く、数々の功績を残しています。

また、非常に多くの肩書きを持っています。

2015年3月には東京海洋大学名誉博士に就任。
皆様にお魚の情報や正しい知識、美味しい食べ方や環境問題、漁業従事者の
皆様とともに明日の漁業を考えて頂こうと全国各地で講演を行っています。

また、2010年には絶滅したと思われていたクニマスの生息確認に貢献。

さらに海洋に関する普及・啓発活動の功績が認められ、「海洋立国推進功労者」
として内閣総理大臣賞を受賞。

2011年農水省「お魚大使」、2012年文科省「日本ユネスコ国内委員会広報大使」、
2014年には環境省国連生物多様性の10年委員会(UNDB-J)「地球いきもの応援団」
の生物多様性リーダーを務めています。
執筆活動では『朝日小学生新聞』にて毎週(土)「おしえてさかなクン」コラムを連載中。

さかなクンが贈った、「あるメッセージ」とは

さかなクンがいじめられっ子に向けて送ったメッセージが、大きな共感を呼んでいます。
「広い海へ出てみよう」というタイトルで掲載されたコメント。内容を一部紹介します。

彼は中学生のときに友人たちから無視されるようになり、戸惑ったときの経験を率直に述べています。
そして、そのときに彼はこのような状況をさかなの世界と似ていると捉え、苦境を乗り越えたのです。

でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

 広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

そうして、学校にいた仲間外れにされていじめられた人とよく魚つりに出かけたそうです。
それだけでお互いに、心が安らいだと彼は言います。そして、記事はこのように締めくくられています。

ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

いじめ 子育ての悩み 子育て・育児

この記事を書いた人

あまり

ただいま、2児の子育てに奮闘中!
時間の合間を見て、執筆業もこなしつつ、てんやわんやの楽しい生活を送っています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「広い海に出よう」さかなクンがおくった“あるメッセージ”に感動