1. >
  2. >
  3. >
  4. 羊水検査とは?時期・検査方法や費用は?結果はどう見る?

羊水検査とは?時期・検査方法や費用は?結果はどう見る?

羊水検査とは?時期・検査方法や費用は?結果はどう見る?のタイトル画像

羊水検査とは赤ちゃんが障害を持つか確定させる出生前診断の一種です。羊水検査の結果はおなかの子どもを産む・産まないを決定するために使用するため、まず受けるかどうかが大きな決断になります。ママ友などに気軽に相談するわけにもいかず悩みますよね。納得のいく受診のため必要な情報をご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030014961
目次 羊水検査とは?
羊水検査で何がわかる?
羊水検査の正確性は?
検査方法と検査の流れ
羊水検査にかかる費用
羊水検査の結果通知方法・かかる時間
羊水検査を受けるリスクは?
まとめ

羊水検査とは?

羊水検査とは、出産前におなかの子どもに障害があるかどうか調べる出生前診断のひとつです。羊水内には胎児の細胞が含まれており、それを体外から吸い取って検査します。出生前診断には超音波検査・羊水検査・絨毛採取・母体マーカー検査・新型出生前診断(NIPT)があります。なかでも羊水検査は一番精度が高く、確定検査として使われます。
 

羊水検査で何がわかる?

羊水検査では「胎児の染色体異常」「開放性神経管奇形」などの診断ができます。他の出生前診断と違って、羊水検査の精度は100%に近いです。

現在、羊水検査でわかるものは以下の疾患です。
21トリソミー(ダウン症)…21番目の染色体が三本あることによる異常がある疾患です。知的障害、先天性心疾患、低身長、肥満などの症状がみられます。

18トリソミー(エドワーズ症候群)…18番目の染色体が三本あることによる異常がある疾患です。妊娠中に50~90%が流早産します。主産できても、1年生存率は10%といわれます。

13トリソミー(パウト症候群)…13番目の染色体が三本あることによる異常がある疾患です。多くは生後一か月以内に死亡し、一年生存率は10%程度と言われます。

ターナー症候群…女性で本来XXと二つあるはずのX染色体が一つしかなかったり、二つあっても形がおかしかったりする事によって起こります。ほとんどが胎児の段階で早流産となります。生存しても、先天性心疾患や無月経、二次性徴が起こらなかったりします。

クラインフェルター症候群…男性で本来であればXYの性染色体のはずが、X染色体が複数あるために起こる疾患です。症状の出方はX染色体の数にもよりますが必ずしも比例するわけでもなく、著明な症状がないまま成長するケースもあります。

開放性神経管奇形…神経管の形成に異常が生じ、能、脊髄に異常が起こります。

羊水検査の正確性は?

羊水検査における染色体異常、特にダウン症についての確定の確率は99%です。これはクアトロ検査より正確であり、出生前診断の確定検査として扱われています。

擬陽性率(本当は陰性なのに検査結果では陽性と出ること)は0.1~0.6%で、偽陰性率(本当は陽性なのに検査結果では陰性とでること)は0.6%です。

非常に正確な羊水検査ですが、障害の有無はわかっても程度まではわかりません。もちろん異常があっても子どもが社会的に自立して活躍することもあります。羊水検査を受ける前にパートナーとじっくり話し合うことが大事です。

検査方法と検査の流れ

■検査スケジュール
羊水検査は妊娠16~18週ごろに受けるのが一般的です。

羊水検査は結果によっては妊娠の継続を断念することもあります。そのため、万が一を考え、母体保護法による人工妊娠中絶の期限である妊娠22週までに結果か出て場合によっては措置が行えるように検査計画を立てます。

胎盤の位置やおなかの張り、不正出血によっては検査ができないことがあります。また羊水の採集がうまくいかない場合は、1週間ほどずらして再検査することがあります。

■検査当日の流れ
羊水検査を受けるにあたり、かかりつけの産院で行っていればそこで、ない場合は他院で行います。事前に夫婦での説明を受け、承諾書を書き、日時を決定します。

当日は点滴を行い、処置室で腹部に消毒を行い痛み止めの注射をします。そして、エコーで胎児の動きを確認しながら針先が胎児にあたらない角度、タイミングで穿刺し羊水を採取します。吸引は30秒から1分で終了します。その後は1時間弱病室で安静にして特に問題がなければ帰宅します。

筆者は処置の際エコーを見せてもらっていたのですが、子宮内の胎児をよけた部位でキラキラ光っていた穿刺針と急に活発に動き出した胎児の姿をよく覚えています。

羊水検査にかかる費用

羊水検査は保険が適応されず、全額自費となります。日帰りで6万円~10万円ほどだと考えられます。病院によっては一泊入院となる事もあり、およそ10〜20万と思われます。

参考として、クアトロテストが約2万円、新型出生前診断が約20万(同じ施設で羊水検査を受ける場合はこの中に羊水検査代が含まれることが多いですが、他施設で受ける場合は返金されず、他施設に羊水検査代を払うことになります)と言われています。

羊水検査の結果通知方法・かかる時間

検査を行い結果が出るまで多くは2~4週間かかるといわれます。羊水検査ではG-band法という羊水から採取した細胞を培養して調べますが、これは2~3週間かかります。もう一つの方法であるfish 法では細胞の培養をしないため、結果は1週間以内に出ます。
 
fish法はG-band法と併用することがほとんどで、まずfish法で異常がわかった場合はその時点で連絡が来て、さらにG-band法の結果を待つことになります。

通知方法は、検査直後にはG-band法の結果が出る頃に受診の予約をしておきその時に結果が通知されますが、fish 法で異常が発見された場合は電話で早急に連絡が来るようです。

羊水検査を受けるリスクは?

流産…羊水検査は直接子宮内に針を刺すため、流産のリスクがあります。その確率は0.1%~0.3%です。羊水検査を行う時期は自然流産が多い時期のため、一概に羊水検査のために流産が起こったとは言い切れないところもあります。

羊水流出…1%の確率で穿刺後24時間以内に起こります。穿刺した針の穴が羊水流出の原因になっています。これは一週間程度の入院で治癒します。

母体感染症…ほとんど起こりませんが、子宮内感染を起こした事例があります。

まとめ

羊水検査は子どもに障害があるかどうか確認するためのものです。障害があるとわかった場合、中絶を含めどのように対応するのかしっかりと結論を出してから検査をうけることをおすすめします。

妊娠14週~16週目にはママも胎動を感じています。この時期に決断を下すのは辛いものなので夫婦で支えあいながら対応していきたいものですね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠超初期・妊娠初期(0〜4ヵ月)

この記事を書いた人

ちはちは

1歳と6歳の育児に追われる日々を過ごすママです。子供たちを通じで学んだことや、医療職としてのお役立ち知識をわかりやすくお伝えできればと思います。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 羊水検査とは?時期・検査方法や費用は?結果はどう見る?