1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの手形・足形を記念に残そう!取り方のコツとおすすめ商品をご紹介

赤ちゃんの手形・足形を記念に残そう!取り方のコツとおすすめ商品をご紹介

赤ちゃんの手形・足形を記念に残そう!取り方のコツとおすすめ商品をご紹介のタイトル画像

赤ちゃんは日々成長していて、あっという間に体が大きくなり、いろいろなことができるようになっていきます。そんな成長のひとつひとつを記念に残す方法のひとつに、手形や足形があります。今回は、手形・足形の取り方、取る時期やコツ、おすすめの商品をご紹介します。

目次 手形・足形で赤ちゃんの成長記録を残そう!
どんなタイミングで手形・足形をとるのがおすすめ?
大きく分けて2通り!手形・足形の取り方
手形・足形を取るコツ
おすすめの手形・足形記録グッズ
まとめ

手形・足形で赤ちゃんの成長記録を残そう!

赤ちゃんの成長を形に残していくやり方はいろいろとありますが、今回おすすめしたいのが手形や足形での記録作りです。新生児の小さな手足はとてもかわいらしく、どんどん大きくなっていくため、成長の軌跡を残す方法としてもぴったりです。大きくなった時に、家族みんなで手形や足形を見ながら、「昔はこんなに小さかったんだね!」と思い出に浸ることができるかもしれません。

どんなタイミングで手形・足形をとるのがおすすめ?

赤ちゃんの手形や足形は、成長の節目となるタイミングで残す人が多いようです。

・産まれた時
・産院を退院する時
・ハーフバースデー
・毎年のお誕生日

この他にも、おじいちゃん・おばあちゃんへの誕生日プレゼントとして手形や足形が入ったカードを贈ったり、クリスマスやお正月などの季節のイベントに合わせて、手形・足形入りのオーナメントやカードを作ったりする人もいるようです。また、幼稚園や保育園へ通うようになると、お誕生日や進級のタイミングで手形・足形を取ってくれることもあるようです。

大きく分けて2通り!手形・足形の取り方

手形・足形の取り方には、2通りの方法があります。【1】墨やインクで紙にうつす方法と、【2】粘土や石膏で型取りをする方法です。それぞれの方法について詳しくご紹介します。

【1】墨やインクで紙にうつす

■必要な道具
・塗料(墨・インク・絵具など)
・台紙
・塗料をふき取るタオルやおしりふき

■取り方
①ベビーオイルや保護クリームを赤ちゃんの手足に塗る
②型を取る手足に塗料を塗って、台紙に押し当てる
(強く押し当てすぎると、実際の手足の大きさよりも大きくなってしまうので注意が必要)
③取り終わったらすぐに塗料をふき取る


■メリット
・費用が安い
・手軽にできる
・台紙のデザインを自由にアレンジできる

■デメリット
・少しでも手足が動くとインクがついてしまい、きれいにとるのが難しい
・赤ちゃんの皮膚が塗料でかぶれてしまう可能性がある
・塗料がこぼれる可能性がある

【2】粘土や石膏で型取りをする

■必要な道具
・手形用の粘土や専用キット
(100円均一などで販売されている紙粘土でも可)
・長方形の粘土入れケース

■取り方
①長方形の粘土入れケースに粘土を入れる
②その上から赤ちゃんの手足を押し入れて、手形や足形を取る
③粘土を乾燥させる
④お好みで、型部分に色を塗ったりデコレーションをしたりする

■メリット
・手足が汚れにくい
・赤ちゃんの肌への負担が最小限で済む

■デメリット
・粘土に手足を押し当てる時、インクよりも力がかかるため赤ちゃんが嫌がることがある
・粘土が割れると、元に戻すことができない

手形・足形を取るコツ

赤ちゃんはすぐに動いてしまったり、なかなか手をパーにしてくれなかったりするので、上手に手形・足形を取るのは意外と難しいものです。少しでも成功率をアップさせるためのコツをご紹介します。

・あらかじめ爪を切っておく
・大人2人以上で余裕を持ってやる
・手首や足首をしっかり固定できるポーズを取る
・楽しい雰囲気を作る
・赤ちゃんの機嫌が良く、落ち着いている時に取る
・手に力を入れている時は、何か赤ちゃんの興味を引くものを見せている間に取る

何度も手形・足形を取り直すと、赤ちゃんも手足を拘束されてだんだん嫌がってしまいますし、お肌も荒れてしまいます。できるだけ機嫌のよい時に万全の準備をして、さっと短時間で取るようにしましょう。

おすすめの手形・足形記録グッズ

手形・足形は、家にあるもので簡単にとることができますが、専用のキットを使ってインテリア雑貨として残すこともできます。一生の記念として検討してみてはいかがでしょうか?

①満天の輝き フォトフレーム

シルバータイプでキラキラ輝く高級感あふれるフレームです。専用紙に手形と足形をとって送ると、職人がミラーに転載して丁寧に彫刻してくれます。手形と足形を片方ずつ入れることができ、片面には赤ちゃんの写真を飾ることができます。写真は入れ替え可能なのも嬉しいですね。

・値段  : 10,800円
・素材  : スチール(シルバーカラー)、クリスタル誕生石(スワロフスキー) 
・カラー : キラキラ、ピンク
・サイズ : 200×300×80mm

楽天市場 詳細はこちら

②ムーン・フォトスタンド

手形・足形と写真を残せるフォトフレームです。ガラスの15倍の強度を持つアクリル製なので、割れにくくて安心です。こちらも、専用紙にとった手形・足形をもにして、職人さんがひとつひとつ彫刻してくれます。フレームに日本語やローマ字で名入れをすることもできます。

・値段  : 11,880 円
・素材  : アクリル(ガラスグリーン)、自然木(ナラ)  
・サイズ : 220×140×130mm

楽天市場 詳細はこちら

③陶磁器タイル 赤ちゃん手形・足形 記念品

タイルスタンドとして赤ちゃんの手形や足形を残せるアイテムです。タイルの色は赤、緑、青、白の4種類があります。文字入れもOKで、誕生日や身長・体重も合わせて記録に残すことができます。型取り用の専用紙は、失敗しても水洗いして乾かせば再び型取りすることができるので安心です。

・値段  : 10,800円
・素材  : 陶磁器タイル   
・カラー : 白、赤、緑、青
・サイズ : 93×93×7mm

楽天市場 詳細はこちら

④そのまんまあんよ おててプレミアム

赤ちゃんの手形・足形を、大きさも形もそのままキーホルダーにすることができます。素材はアクリルの中でも特に厳選したガラス調アクリルを使用しており、高級感のあるキーホルダーです。手形・足形作成キットは付属していないので、自分で朱肉やスタンプで型取りをしてから送付します。上手く型取りができなかった場合でも、職人が修正して綺麗なかたちに仕上げてくれます。

・値段  : 2,480円
・素材  : ガラス調アクリル  
・サイズ : 赤ちゃんの手形、足形サイズによる

※1歳のお誕生日を迎えるお子様までが対象となっています。1歳以上のお子様の場合は、サイズを縮小する可能性があります。

まとめ

赤ちゃんの成長はあっという間です。日に日に大きくなっていく姿はたくましいですが、小さな赤ちゃん時代の姿はいつまでも大切に覚えておきたいですよね。成長過程の手形や足形を残しておけば、赤ちゃんの成長の大切な思い出として、家族みんなにとって最高の宝物になるでしょう。ぜひ検討してみてください!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子どもの成長・発達

この記事を書いた人

はむはむ

福岡在住の主婦です。子育てしながら在宅で記事を書いています。ママの心に寄り添えるような記事を届けていきたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの手形・足形を記念に残そう!取り方のコツとおすすめ商品をご紹介