1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 手荒れを防ぐ♪固形石けんでお皿を洗おう!

手荒れを防ぐ♪固形石けんでお皿を洗おう!

手荒れを防ぐ♪固形石けんでお皿を洗おう!のタイトル画像

手荒れのひどいママさんはハンドクリームを塗ったり絆創膏を貼ったりゴム手袋をしたりといろいろ大変ですよね。手荒れの原因の一つ食器洗いを洗剤から台所用石けんに変えてみてはいかがでしょう?

出典:http://www.untiens.jp/SHOP/sasavon-005.html

どんな石けんを選ぶの?

食器洗いに使う石けんは成分表示に石けん素地90%以上の純正石けんや台所用石鹸を選びましょう。合成化学物質や合成香料などが入っているものは肌への刺激が強いため肌荒れの原因になりやすいので成分表示をご確認の上選ぶようにしてください。



固形石けんを置く石けん台もあると便利です。石けんが水に溶けやすいので水切れの良いものを選びましょう。

スポンジにもこだわろう

石けんは泡立ちが大切です。石けんでのお皿洗いは合成洗剤のように油を溶かして洗うのではなく酸性の汚れをアルカリ性の泡で包み込んで洗うものです。泡がなければ洗浄力も落ちてしまうのです。そのため、泡立ちの良いスポンジを選ぶ必要があります。 洗顔用の泡立てネットとスポンジを併用するやり方もありますが厚みのある荒い目のスポンジを選ぶのもオススメです。

実際に洗ってみよう

お皿についている余分な脂や食べかすはボロ布や新聞紙、キッチンペーパーなどで拭き取っておきます。



1.スポンジをぬるま湯で濡らし、そこに固形石けんを塗りつけます。

スポンジを手で揉んで泡立ってきたらOK。泡立ちが少ない場合はもう少し石けんを塗りつけてみてください。この時スポンジに切り込みを入れ細かく砕いた石けんを予め入れ込んでおくと濡らして揉むだけで泡が立つので便利です。



2.お皿を泡で洗っていきます。この時お皿はお水につけずダイレクトによごれを泡で絡めていくのがコツです。



3.その後ぬるま湯でさっと洗い流します。べとつくようでし たら泡の量が足りないので石けんを足して泡を増やしてやりなおしてください。

手荒れを防ぐ♪固形石けんでお皿を洗おう!の画像2

石けん洗いは環境にもやさしい

お皿を洗った後の排水は私たちの住む地球環境をも壊すおそれがあります。石けんで洗った排水は24時間以内にはすべて分解され石けんかすと水になります。石けんかすは魚のエサになるほどの栄養があるけれども無害なものです。しかし、石油由来の合成化学物質は自然界へ排出されたのち分解されることが難しく、環境破壊や環境ホルモンへの影響が考えられます。



地球のバトンを未来の子どもたちへ繋ぐためにも、自然にやさしい石けん洗いを皆さんも今日からはじめてみませんか。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

いこりん

クレイセラピー、アロマセラピー、布ナプキンの講師をしている“いこりん”です。
自然療法、オーガニック、美肌作り、デトックス、免疫力アップ、女性ホルモンなどにつ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 手荒れを防ぐ♪固形石けんでお皿を洗おう!