1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理でサラサラの鮮血が出るのは異常?原因と対処法まとめ

生理でサラサラの鮮血が出るのは異常?原因と対処法まとめ

生理でサラサラの鮮血が出るのは異常?原因と対処法まとめのタイトル画像

毎月やってくる生理の経血の状態がいつもと違うと不安になります。それがサラサラの鮮血だと特に心配になりますよね。生理の血がサラサラの鮮血の場合はなにか異常があるのでしょうか?原因や対処法をまとめてみました。

目次 生理でサラサラの鮮血が…これって良いの?悪いの?
正常な生理の血の色とは?
サラサラの鮮血とはどういう状態の血?
生理で鮮血が出る理由:病気による不正出血
生理で鮮血が出る理由:ホルモンバランスの乱れ
生理で鮮血が出る理由:排卵出血
生理で鮮血が出る理由:無排卵月経
生理でサラサラの鮮血が出たら早めに病院へ

生理でサラサラの鮮血が…これって良いの?悪いの?

生理でサラサラの鮮血が出るのは異常?原因と対処法まとめの画像1

女性の身体はとてもデリケートです。毎月くる生理の経血の状態も様々なものが原因となり変化がありますよね。いつもと違う出血があるととても不安になってしまうものです。それがサラサラの鮮血だとびっくりしてしまいますよね。

経血がサラサラの鮮血である場合は心配することはないのでしょうか?それともなにか異常がある状態なのでしょうか?生理がサラサラの鮮血だった場合にはどのような原因があるのか、対処法などをご紹介していきます。

正常な生理の血の色とは?

生理でサラサラの鮮血が出るのは異常?原因と対処法まとめの画像2

まずは正常な状態の生理の血の色が分からないと比べられませんよね。正常な状態の生理の血は普通の血よりは色が濃く、やや暗めの赤、深い赤と表現できるような色です。赤茶色や茶褐色である場合もあります。体内を流れている血と同じくらいの粘度があります。

ですが女性の身体はとてもデリケートなので、生理の経血は生活習慣やストレスなど様々なことが関係し変化が起きやすいものです。個人差がありますので普段の自分の経血の状態を見ておくのも変化に気づきやすくなるいい習慣だと思います。

生理の始めの頃に鮮血が出ることは珍しくないそうで、生理中の多少の鮮血は心配する必要はないそうです。鮮血が出た場合はいつどのくらい出たのかもチェックしておくと良さそうですね。

サラサラの鮮血とはどういう状態の血?

生理でサラサラの鮮血が出るのは異常?原因と対処法まとめの画像3

生理の経血がサラサラの鮮血というのはどのような状態でしょうか?いつもより少し薄い気がする、いつもよりサラサラしている気がする、と思ってもどのような状態のことを言うのかも知っておきたいですよね。

経血には血液に内膜や粘液が混ざっているのが通常の状態です。なので経血には少し粘度があるのですが、粘度もなくサラサラとしすぎている場合は注意が必要です。また鮮血が出るということは新しい血が出ているということです。

またサラサラの鮮血が出た時期にも注意が必要で、先程もお伝えしましたが生理の始めの頃なら問題はありませんが生理予定日より前などの生理期間でない時期にサラサラとした鮮血が出た場合は身体からのサインであることが多いです。

生理で鮮血が出る理由:病気による不正出血

生理でサラサラの鮮血が出るのは異常?原因と対処法まとめの画像4

生理ではない期間にサラサラの鮮血が出た場合は不正出血です。病気が原因で起こる不正出血もありますので、生理の期間以外に出血があった場合は注意しましょう。

子宮がん

子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんの2つを合わせたものを言います。

■子宮頸がん
子宮頸がんの症状は月経時以外で性行為中に出血が出る、おりものの量が増える、経血量が増えたり長引いたりする、下腹部や腰の痛み、性行為中の痛みなどがあげられます。

子宮頸がんは子宮の入り口である子宮頚部にできるがんで、高リスク型ヒトパピローマウイルスの長期感染が原因です。ヒトパピローマウイルスは性交渉によって感染しますが、数種類ある中でも高リスク型と呼ばれるウイルスが子宮頸がんを引き起こすそうです。

感染しても体内から排出されることが多いですが、排出されずに感染した状態が続くことで数年から10年以上かけて細胞が変化し子宮頸がんへと進行していきます。

性交時の子宮頚部への刺激によって出血することもありますが、出血量には個人差があり見過ごされてしまう場合もあるようです。

■子宮体がん
子宮体がんの症状として不正出血やおりものの異常に腰痛や下腹部痛などが伴う場合もあります。閉経後に不正出血がある場合は子宮体がんが疑われます。子宮体がんによる不正出血は初期から現れます。

子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれます。子宮内膜に発生するがんで、女性ホルモンのエストロゲンが影響していると言われています。エストロゲンの分泌量が多い方ほど子宮体がんにかかりやすいそうです。出産経験がない方、肥満、エストロゲン製剤でのホルモン治療を長期的に行っていた方などは注意が必要です。

エストロゲン以外の原因として考えられるのが高血圧や糖尿病、親族にがんにかかった方がいる場合や乳がん、大腸がんの経験のある方は子宮体がんにかかりやすいようです。

卵巣がん

卵巣がんは体の奥にあるため進行してから自覚症状を感じることが多く、早期発見が難しいと言われています。卵巣がんが大きくなることで下腹部にしこりができたり、圧迫感、腰痛を感じたりすることがあります。膀胱がおされトイレが近くなる、胃痛や下痢や便秘など胃腸に異変が起こる、不正出血が卵巣がんの症状としてあげられます。

卵巣は腫瘍ができやすいですが、そのほとんどが良性です。悪性の腫瘍と良性と悪性のボーダーにあたる腫瘍を卵巣がんと言います。

卵巣がんの原因は初潮が早かった方、妊娠・出産の経験のない方、遺伝、高脂肪食、肥満、高血圧、糖尿病などがあるようです。

子宮筋腫

子宮筋腫は半数以上の方が症状がなく気が付かないこともあります。子宮筋腫は子宮筋層にできる良性の腫瘍です。腫瘍自体は良性なので胃の血にかかわる病気ではありませんが、放置しておくとメロン大まで大きくなることもあります。子宮筋腫には3種類あるようです。

■粘膜下筋腫
子宮の内側を覆う子宮内膜に腫瘍ができる粘膜下筋腫の場合症状として不正出血、月経のときの経血量の増加、月経期間が10日以上続く「過多月経」、ひどい月経痛、貧血、動悸、息切れなどが症状として現れます。

■筋層内筋腫
子宮の壁にある筋肉の中で筋腫が大きくなります。腫瘍が大きくなると子宮を変形させてしまうことによって過多月経、頻尿、便秘、下腹部痛、腰痛といった症状が出てきます。

■漿膜下筋腫
子宮の外側を覆う漿膜にできる筋腫です。子宮の外側に向かって大きくなっていきます。症状が出にくく無症状の場合がほとんどで、症状が出たとしても下腹部痛や腰痛、頻尿、下腹部のしこりなどの軽度のものです。ただし筋腫がねじれてしまうと急激な腹痛が起こります。

詳しい原因は分かっていませんが、女性ホルモンのエストロゲンが関係していると考えられているようです。

子宮筋腫:病気を知ろう:日本産科婦人科学会

子宮内膜症

子宮内膜症は症状のない方もいますが、主な症状としては痛みがあげられます。過多月経や不正出血、排便痛、排尿痛、性交痛、腹痛、腰痛などの症状が出る場合もあります。激しい月経痛で毎月のように寝込む方や痛み止めが効かないという方は要注意です。

子宮内膜症は本来子宮の中にしかないはずの子宮内膜の組織が卵巣や卵管などにできてしまうことで起こる病気です。血液や内膜が体内に残り溜まってしまうことで他の臓器との癒着をお越し炎症や痛みといった症状が出ます。

はっきりとした原因はわかっていませんが、生理の血液が卵管のほうに逆流して腹部あたりに溜まってしまう「子宮内移植説」、腹膜が何かの影響で子宮内膜に変化してしまう「体腔上皮生説」ストレスやアレルギーが原因だという説などがあるようです。

卵巣の機能が活発な20代後半から40代前半の時期に発症しやすく、妊娠を経験したことのない女性に多いと言われます。

子宮内膜症 - 医療と健康[日本医師会ホームページ]

性器クラミジア

性器クラミジアは女性は症状が出にくいようです。自覚症状がない場合が多いですが、おりものの量の増加や変化、不正出血、性交痛、下腹部痛などが症状として現れることがあります。

性器クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌に感染して発症する性感染症です。性行為によって粘膜同士が接触することや精液や膣からの分泌液を介して感染します。細菌が子宮頸管を通り腹膜内に侵入してしまうこともあり、子宮頸管炎や卵管炎を引き起こします。

性器クラミジア感染症について:横浜市衛生研究所

生理で鮮血が出る理由:ホルモンバランスの乱れ

生理でサラサラの鮮血が出るのは異常?原因と対処法まとめの画像5

ホルモンバランスの乱れも鮮血の出血を引き起こします。生理はホルモンの影響が関係して起こるものですが、ホルモンバランスが乱れていると生理前に一時的にホルモンが減少してしまうことがあります。通常の生理のときも生理前に急激にホルモンが減少することで生理が引き起こされます。

ホルモンバランスが乱れ、生理前にホルモンが減少することで体が生理だと勘違いし生理予定日よりも前に出血を起こします。ホルモンバランスが乱れることによって起こる不正出血は病的な原因はありません。

ホルモンバランスの乱れが原因の場合は鮮血だけではなく茶色の場合もあり、鮮血がたくさん出ることもあれば少量がおりものに混ざって出血する場合もあります。個人差があることなので自己判断でホルモンバランスの乱れだと判断するのは難しいかと思います。

ホルモンバランスの乱れはストレスが大きく関係しています。ストレスを上手く発散したり、リラックスした時間を過ごすよう心掛けましょう。

生理で鮮血が出る理由:排卵出血

生理でサラサラの鮮血が出るのは異常?原因と対処法まとめの画像6

排卵出血とは生理と生理のちょうど中間あたりの排卵の時期に少量の出血があることです。排卵痛とも言われる下腹部痛を伴う場合もあります。

排卵出血は排卵で卵子が放出されるときに卵巣の表面が破れることや排卵の時期に卵胞ホルモンが減少するなどホルモンバランスが乱れることで起こります。排卵出血は1~3日程度の数日で治まることが多く出血量も少ないことが多いようです。毎月出血がある方もいるようですが、必ず起こるものではないので経験したことのない方も多いかと思います。

色は黒っぽい色や薄い赤、茶褐色、また鮮血であることがあり鮮血だけではなく個人差があります。時期が生理と生理の中間あたり、前回の生理の開始日から14日前後の排卵期であることや量が少なく出血する期間が短いことなどが判断材料になるかと思います。

また基礎体温を付けておくことで不正出血なのか排卵出血なのかの判断がしやすくなります。出血がだらだらと続く場合などは排卵出血以外の原因も考えられるので、注意しましょう。

生理で鮮血が出る理由:無排卵月経

生理でサラサラの鮮血が出るのは異常?原因と対処法まとめの画像7

生理のときに鮮血が出る理由として無排卵月経も考えられます。無排卵月経は生理はきているけれど排卵をしていない状態のことを言います。生理の周期がバラバラであったり、量が少なくダラダラと続く場合などは無排卵月経が疑われますが、周期がきちんとしていても排卵していないこともあります。

無理なダイエットや激しい運動、強いストレス、不規則な生活や血行不良などが原因となることが多く、通常の生理の経血よりも鮮血が出るのも特徴です。

生理不順が続いている方や閉経に近づいている方はホルモンバランスが乱れると無排卵になることが多いようです。生活習慣の改善やストレスを溜めないように気を付けることでホルモンバランスが整い排卵のリズムももとに戻ることがあるようです。

生理でサラサラの鮮血が出たら早めに病院へ

生理でサラサラの鮮血が出るのは異常?原因と対処法まとめの画像8

生理でサラサラの鮮血が出た場合、ホルモンバランスの乱れなどの気にし過ぎなくてもいい場合もありますが、様々な病気や不調のサインである場合もあります。サラサラの鮮血が出た場合自己判断でそのままにしておくのは病気のサインを見逃してしまうことになるかもしれません。

今回紹介した病気の症状なども参考にしながら少しでも気になることがあれば早めに婦人科を受診することをおすすめします。サラサラの鮮血が出るという症状を伴うものはどれも不妊や流産、早産の原因にもなりかねません。

女性の身体はとてもデリケートにできています。早めに婦人科を受診することで病気の早期発見もできますし、治療や対処法も知ることができます。なにより婦人科を受診することで安心して毎日を過ごすことができますよね!生理の血がサラサラの鮮血である場合は放置せずにできるだけ早めに病院へ行きましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 健康管理 生理 妊活・不妊

この記事を書いた人

みか

2015年7月に長女を出産した新米ママです。
様々な子育ての情報を分かりやすくお伝えできるよう頑張ります!
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理でサラサラの鮮血が出るのは異常?原因と対処法まとめ