1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 親子仲良く子連れ旅行のすすめ!旅行先の選び方・持ち物・準備・注意点まとめ

親子仲良く子連れ旅行のすすめ!旅行先の選び方・持ち物・準備・注意点まとめ

親子仲良く子連れ旅行のすすめ!旅行先の選び方・持ち物・準備・注意点まとめのタイトル画像

子どもと一緒に旅行に行って楽しさを共有するのも、子育ての楽しみのひとつ。でも、子どもと一緒の旅行になると、大人だけの旅行のようにはいきません。具体的にはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。旅先の選び方や持ち物、準備や注意点についてまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030022102
目次 初めての子連れ旅行!子どもからは目を離さないが基本!
子連れ旅行の宿泊先を選ぶ時のチェックポイント
子連れ旅行をする前にしておくべき準備
子連れ旅行の準備品・持ち物リスト
子連れ外出の進め方ガイドライン
子連れ外出におすすめな親子仲良しコーデ
子連れ外出で注意しておきたいこと
まとめ

初めての子連れ旅行!子どもからは目を離さないが基本!

子どもと一緒の旅行、楽しい思い出にするには第一に、子どもの安全に十分気をつける必要があります。子どもはちょっと目を離したすきに、興味のある所へ走って行ってしまったりするものなので、旅行となるとなおさら注意が必要です。

旅先には普段見慣れない場所やものがたくさんあるので、子どもの好奇心を刺激するものに事欠きません。リラックスできるはずの宿泊施設であっても、子ども仕様になっていないと危ないことも。安全で楽しい旅にできるよう、パパママが安全に十分配慮してあげる必要があります。

子連れ旅行の宿泊先を選ぶ時のチェックポイント

子連れ旅行の宿泊先を選ぶ際は、以下のポイントをしっかりチェックしておきましょう。

■宿はバス・トイレが部屋についているかどうか

温泉宿や宿泊プランによってはバス・トイレが別の部屋もあります。でも、子どもが小さいと部屋にお風呂やトイレがないと不便なこともあります。子どもが大浴場に行きたがらないこともありますし、部屋で飲み物をこぼしたりして体が汚れることもありますよね。また、夜中にトイレに行きたくなった時に一度部屋を出なくてはいけないと、我慢できずに漏らしてしまうおそれもあります。

■部屋はベッドなのか布団なのか

普段、家で布団で寝ていると急にベッドで寝るのは難しいかもしれません。逆もまたしかりです。慣れないので興奮して眠れないかもしれませんし、ベッドは高いので怖がることもあります。また、子どもは寝ている間に大きく動くのでベッドから落ちてしまうこともあります。壁際に子どもを寝かせたり、落下防止用のベッドガードを頼むなど工夫が必要です。

■歯ブラシやタオルなどはついているかどうか

宿のプランによっては、子どもの添い寝は無料という宿もあります。しかし、その場合歯ブラシやスリッパなどの備品が大人の分のみで、子どもの分がついていないこともあるので、持参する必要があります。

子連れ旅行をする前にしておくべき準備

子連れ旅行をスムーズに楽しむために、事前に確認しておきたいことがあります。

■車で行くなら、休憩所はあるかどうか

子どもは急にトイレに行きたくなることもありますよね。車で長時間移動するなら、事前にトイレ休憩できる場所を調べておきましょう。また、子どもはずっと車に乗っていると飽きてしまったり、気分が悪くなることもあるので、少し体を動かして遊べるところがあるとベストです。高速道路のサービスエリアやハイウェイオアシスの中には、ちょっとした広場があるところもあります。

■アレルギーがある場合は宿に確認を

子どもにアレルギーがある場合は、宿に直接電話をしてアレルギー対応の食事を作ってもらえるか確認しておく必要があります。もし難しいようなら現地で調達するか、素泊まりのプランにして宿以外のレストランなどで食事をする必要があります。

■普段禁煙している家庭は、宿に禁煙部屋かどうか確認を

宿のプランによっては、部屋が禁煙部屋か喫煙部屋か選べるところもありますが、中には予約の時に何も表示がないこともあります。宿によっては、喫煙部屋しか空いていなくても、空気清浄機を無料で貸し出してくれることもあります。気になる方は直接電話してみると安心です。

子連れ旅行の準備品・持ち物リスト

子連れ旅行の時には、持ち物も多くなりがち。どんなものが必要なのでしょうか。

■子どもの服や下着は多めに持っていく

旅行中に、子どもの服が汚れてしまうことも多いので、服や下着は2~3着ほど余分に持って行くのがおすすめ。オムツも、多めに持っていくのが安心です

■絵本や音が出ないおもちゃがあると便利

車や新幹線や飛行機で移動する場合、どうしても途中で飽きてしまいます。その時に遊べるおもちゃがあれば気をそらすことができます。大きな音が出るおもちゃは公共の場では使いにくいので、絵本や音を消せるDVDプレイヤーなどがおすすめです。DVDプレーヤーやゲーム機はイヤホンを使ってもいいでしょう。電車内だと窓際に座らせて景色を見せると、子どもは楽しめます。

■酔い止めも忘れずに、お菓子やミルクも

乗り物酔いに備えて、酔い止めの薬を飲ませておくと安心です。酔ってしまってからも飲めるよう、余分に持って行きましょう。移動中、遊びに飽きたタイミングでお菓子をあげるのも、気分がリフレッシュできるのでおすすめです。飛行機なら、粉ミルクと哺乳瓶を持ち込んで乗務員に頼めば、適温のミルクを作ってくれますよ。

子連れ外出の進め方ガイドライン

具体的に、子連れ旅行はどのように計画したらよいでしょうか。

■行き先を決める

子連れ旅行の場合は行き先も工夫する必要があります。大人が行きたい所を選んでもいいのですが、せっかくなので子どもが楽しめるかどうかを重視するほうがいいでしょう。歩いて観光する場所なら、子どもが楽しめそうな場所があるかどうかなどを確認します。途中で飽きてしまってゆっくり観光ができないと大人も楽しめなくなってしまうので、子ども中心の計画にするほうが結局は大人も楽しめます。

また、午前中は大人がメインのところに行ったら午後は子どもメインのところに行く、ということもできます。いずれにせよ、子どもが小さい場合は昼寝の時間を確保するなど、無理のないスケジュールにしましょう。

■交通手段を決める

車や新幹線や飛行機といった選択肢があります。車だと、運転は大変かもしれませんが直接現地まで行くことができますし、子どもが騒いだとしても気をつかうことがありません。荷物も車に乗せられるので便利です。

新幹線だと、目的地まであまり疲れることがなく行くことができます。電車が好きな子どもなら、大喜びですね。子どもが飽きた時のためにおもちゃなどを持ち込んでおくと、比較的ゆっくりと過ごすことができます。

飛行機だと、短時間で目的地に着くので時間の節約にもなりますし、ゆっくり観光することができます。また、遠くまで旅行できるのが利点です。

■宿を予約する

いろいろな種類の宿がありますが、子どもがいる場合はバス・トイレがついている部屋の方が無難です。また、洋室よりも布団で寝る和室のほうが落下の心配がないので安心かもしれません。食事は部屋食なら、子どもが騒いだり眠くなったりしても周囲に気を使うことがないというメリットがあります。また、ブッフェ形式であれば、子どもが好むメニューも多くあるので安心です。

■持ち物をチェック

家から持って行くのを忘れても現地で調達できるものもありますが、下着や洋服は少し多めに持って行った方が安心です。その他、子どものおもちゃも忘れずに

子連れ外出におすすめな親子仲良しコーデ

普段はちょっと恥ずかしいという人でも、旅先でなら親子ペアルックで旅行するのも素敵です。シャツやズボンをお揃いにしたり、女の子ならお母さんとカバンをお揃いにするのもさりげなくておすすめ。旅行の前に親子で選ぶのも楽しいかもしれません。

デパートやショッピングモールには、お揃いのコーデの服が販売されています。無印良品やGAPやユニクロなど、子どもから大人用まで扱っているブランドで、お揃いの服が見つけられる可能性が高いです。

また、通販でもお揃いの服はたくさんありますよ。

子連れ外出で注意しておきたいこと

旅に限らず、子連れでの外出の際には、安全に気をつけることが最も重要です。子どもは好奇心が旺盛なので、興味を惹かれるものがあるとそこに行ってしまいがちです。特に人通りの多い場所では、背の小さな子どもは少し離れただけでも見失ってしまいがち。人ごみでは必ず手をつないでおくようにしましょう。

また、常にトイレがどこにあるかを確認しておくと、安心できます。特に、電車などの公共の乗り物に乗るときには、トイレが混んでいることも多々あります。行きやすいタイミングで早めにトイレに連れて行っておくと、スムーズに外出が楽しめます。

また、移動中に子どもが飽きてしまったり、お腹がすくこともあります。好きなお菓子や飲み物を持っておくと、お店や自動販売機を探し回ったりすることもなく、すぐにあげることができます。

子連れ外出の時には、ルートやかかる時間を計算しておくことが大切です。子どもは疲れやすいので、急な予定変更で移動や行く場所が増えてしまうと、疲れてしまって騒ぎだしたり、歩いてくれなくなることもあります。余裕を持って計画を立てておいた方が無難です。

まとめ

子連れ旅行を楽しい思い出にするためにも、気をつけることや持ち物などはしっかり押さえておきたいですね。準備や計画は、子どもと一緒に進めていくと、子ども自身も楽しめるだけでなく、計画通りに動いてくれるようになるかもしれませんよ。

不安なことは現地や宿に電話をして確認しておくと安心できます。家族で素敵な旅行を楽しんでくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ジェシカ555

はじめまして。現在5歳になる娘を育てているジェシカ555です。
毎日の子育ては新しい発見の連続です。
自分の経験を踏まえて、記事を書いていきたいと思います。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 親子仲良く子連れ旅行のすすめ!旅行先の選び方・持ち物・準備・注意点まとめ