1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理後のニキビや肌荒れの原因は?簡単かつ効果的な対策と予防法とは?

生理後のニキビや肌荒れの原因は?簡単かつ効果的な対策と予防法とは?

生理後のニキビや肌荒れの原因は?簡単かつ効果的な対策と予防法とは?のタイトル画像

ニキビや肌荒れに悩まされるのは生理前、と思い込んではいませんか。なかには生理前には調子がいいのに生理後になると途端にニキビや肌荒れに悩まされるという人もいます。生理後のニキビや肌荒れの原因や、簡単で効果的な対策と予防法をまとめました。

目次 毎回生理の後、ニキビ・肌荒れで悩む人は多い!
生理後のニキビ・肌荒れの原因
生理後のニキビ・肌荒れはどんなところにでやすい?症状は?
生理後のニキビ・肌荒れの対処法
生理後のニキビ・肌荒れの予防法
まとめ

毎回生理の後、ニキビ・肌荒れで悩む人は多い!

一般的に生理前になると肌トラブルに悩まされるという人は多いもの。これに対し、生理後は比較的肌のコンディションが良く、スキンケアの効果も出やすい時期とされています。

しかし一方では、生理後のニキビや肌荒れに悩まされている人も少なくありません。本来、肌トラブルが増えるはずの生理前には特に変わった様子がないのに、なぜか生理が終わった途端にニキビや吹き出物が出たり、肌荒れが酷くなって困っている人も多くいるようです。

生理後に肌荒れ。

生理前はなんともありません。生理終わりにかけてニキビが増え,終わった日にはもう…赤いニキビが。顔中ぶつぶつです。

生理前や生理中の肌荒れはよく聞きますけど,生理後ってあるんですか?
また,対策などがあれば教えてください(;-;)

わたしは、生理後にニキビが増えます。
食生活は変わらず気をつけているし
睡眠も0時までには必ず寝ます。
エミオネというニキビ用の化粧水も使っています。
どうしたらよいでしょうか。

生理後のニキビ・肌荒れの原因

生理後のニキビや肌荒れの原因は?簡単かつ効果的な対策と予防法とは?の画像2

女性は体の調子だけでなく、肌の状態も実は生理周期に影響されています。生理が終わると美人ホルモンともいわれるエストロゲンが分泌されているので、本来は肌トラブルは起こりにくく、肌の調子が良くなっているはずです。しかし、生理後にニキビや肌荒れに悩まされるということは、体に何か不調があるのかもしれません。考えられる原因は3つあります。

■ホルモンバランスが乱れている
生理の周期に合わせて、女性の体ではエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが交互に割合を増やしながら分泌されています。本来、エストロゲンが多く分泌される時期には肌の調子が良く、排卵から生理前のプロゲステロンが多く分泌される時期は肌トラブルが多くなるものです。しかしなんらかの原因で、生理が終わってもエストロゲンの分泌が少なかったり、プロゲステロンが過剰に分泌されるなどの分泌バランスが乱れると、プロゲステロンの影響で生理後にニキビや肌荒れを引き起こしていることが考えられます。

■プロラクチン値が高くなっている
脳下垂体から分泌されるプロラクチンというホルモンは、通常は量が少ないのですが、妊娠・授乳の時には値が高くなります。しかし、ストレスなどの影響で妊娠や出産をしていないのにプロラクチンの値が高くなると、ニキビや肌荒れを引き起こす可能性があります。

■鉄分が不足している
鉄分は全身の血液に酸素を送る働きをしています。この鉄分が不足すると、全身へ十分な酸素が行き届かず、肌の潤いがなくなってきます。肌は乾燥するとバリア機能が失われてしまうので、肌荒れを引き起こします。さらには、肌は乾燥を補おうとして皮脂の過剰分泌を始めます。そのためにニキビができやすくなってしまいます。

生理後のニキビ・肌荒れはどんなところにでやすい?症状は?

生理後のニキビや肌荒れは、フェイスライン周辺に多く見られます。この場所はホルモンバランスの影響を受けやすい場所と言われています。乾燥しやすく、毛穴も小さい上に手で触ったり、服でこすれたりと何かと刺激を受けやすいエリアでもあります。他にもこめかみなども乾燥で余分な皮脂がでるため、人によってはどんなに清潔にしていてもべたついてしまい、ニキビが出ることもあります。

症状としては、お肌だけでなく髪の毛が乾燥したり、逆にべたつきがちになったりします。なかには、ヒリヒリした痛みを感じることもあります。白ニキビや赤ニキビが混ざってできることも。この場合のニキビはあまり大きくなく、小さなニキビが多いようです。また、生理後のニキビは跡が残りやすいこともあるので注意が必要です。ひどくなると、首にまでニキビが出ることもあります。

■毎月繰り返しニキビが出ることも

このニキビのやっかいな所は、治ったと思っても何度も繰り返し出ることです。生理後に決まってニキビが出てしまい、これが毎月続くという事態になることもあります。

肌荒れを治そうとして、新しいスキンケア化粧品を試してみたくなる人もいるでしょう。しかし、生理後にニキビが出ていたり、肌荒れしている状態の時には新しいスキンケアを使い始めるのはやめましょう。お肌が敏感になっていることが多いので、肌に合わずに肌荒れを悪化させてしまう可能性もあるからです。

生理後のニキビ・肌荒れの対処法

生理後のニキビや肌荒れの原因は?簡単かつ効果的な対策と予防法とは?の画像4

出来てしまった生理後のニキビや肌荒れには、以下のように対処するのがおすすめです。

スキンケアをする時には

まずは肌を清潔に保って、余分な皮脂や汚れを洗い流すことが大切になります。注意してほしいのは、洗い過ぎないことです。1日に何回も洗ったり、洗顔の時に強くごしごしとこすったり、スクラブ入りの洗顔料を使うのは避けましょう。肌を強くこすったり、スクラブ入りの洗顔料でこすったりすると肌を傷つけて、肌荒れを悪化させてしまうことがあります。肌に穏やかな洗顔料をたっぷり泡立てて、その泡でやさしく洗うのがコツです。

しっかりと保湿をする

洗顔で肌を清潔にできたら、次は保湿をします。中には、「オイリー肌だから」と洗いっぱなしの状態にしている人もいますが、皮脂分泌に拍車をかけてしまうこともあります。

コットンを使うと繊維がニキビを刺激してしまう可能性があるので避け、手のひらで押さえるように化粧水をつけましょう。乳液も同じように、手のひらに伸ばしてやさしくつけるようにします。乾燥している場合でも、規定量を守り、つけすぎに注意してください。また、荒れている肌やニキビを刺激するので、パチパチとパッティングするのはやめておきましょう。

鉄分を補う

肌荒れやニキビが出ると、少しでもお肌の調子を良くしたいと思ってコラーゲンを摂取する人もいるかもしれません。しかし、生理後のニキビや肌荒れの原因のひとつは鉄分不足からくるものなので、コラーゲンを摂るよりも、まずは鉄分不足を補う方が効果的です。

実は日本人女性は普段から鉄分不足なことが多いのです。鉄分を摂る時には、吸収を高めるビタミンCも同時に摂るのがおすすめです。

できてしまったニキビを刺激しない

生理後でニキビが出来ていたり、肌荒れをしている時には、できるだけ刺激をしないように心がけましょう。ニキビがあるとつい気になって触ってしまいたくなりますが、机やパソコン、書類などさまざまな場所を触っている手には多くの雑菌がついています。その雑菌や摩擦によって、ニキビを悪化させてしまう可能性があります。

普段デスクワークをしている人に気をつけてほしいのが、頬杖です。癖になっている人も多い何気ないしぐさではありますが、頬杖をつくあごやその周辺は毛穴が小さくデリケートな場所です。頬杖をするだけで刺激になり、ニキビの原因にもなってしまいます。

考えごとをする時に無意識であごを触っている人もいますが、同じような理由でNGです。また、髪の毛や服でこすられるのもよくないので、この時期は髪をまとめたり、タートルネックの服やマフラーなどを避けるのもいいでしょう。

生理後のニキビ・肌荒れの予防法

生理後のニキビや肌荒れの原因は?簡単かつ効果的な対策と予防法とは?の画像5

生理後のニキビや肌荒れはできてしまってからケアするよりも、できないように予防をすることが大切です。予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

生活習慣を見直す

まずは、これまでの生活習慣を見直してみましょう。不規則な生活や睡眠不足はホルモンバランスを乱す原因になります。できるだけ夜更かしをやめて、早寝早起きを心掛けたり、十分な睡眠をとるようにしましょう。他には、週に数回適度な運動をして血液の流れと代謝をよくしたり、ホルモンバランスを整えるためにも体を冷やさないように普段から心掛けたりすることも大切です。

栄養バランスのいい食事をする

ニキビには毎日の食生活も深く関係しています。ファーストフードやコンビニで手軽に済ませてしまったり、好きなものばかり食べたり、面倒くさいからと適当に済ませてしまってはいませんか。このような食生活では摂取できる栄養が限られてしまい、悪習慣の積み重ねがお肌に悪影響を与えてニキビや肌荒れにつながってしまいます。栄養が偏りがちな食生活を見直して、バランスの取れた食事を摂ると、ニキビ予防の効果も期待できます。

しかし、現実として毎日栄養バランスのいい食事を用意するのは難しいこともあるでしょう。その場合にはサプリメントなどを上手に活用し、足りない栄養を補うのもいいでしょう。ただし、たくさん摂ればよいというものではないので、規定量を守り、過剰摂取には注意しましょう。

スキンケアで保湿をこころがける

生理後のニキビや肌荒れ予防のためにもスキンケアはしっかりとしましょう。洗顔で肌を清潔に保ち、保湿ケアを心掛けましょう。洗顔する時にはゴシゴシこすったりしないで泡で優しく洗うようにして、しっかりと洗い流してください。オイリー肌の人も、化粧水や乳液をまったくつけないでいると、逆に皮脂の分泌が多くなることがあるのでやめましょう。肌に合った化粧水や乳液を、規定量を守って使いましょう。

ストレスを溜めないようにする

ストレスは睡眠不足と同じぐらいホルモンバランスを乱す原因になります。自分では気がつかないうちにストレスが溜まって、ホルモンバランスを崩してしまっている可能性も。日頃から意識して楽しいと思えることをする時間を取り、ストレス解消することをおすすめします。

まとめ

生理後のニキビや肌荒れに悩んでいる人は少なくありません。肌トラブルが起きた時にはどうしてもスキンケアを真っ先に考えがちですが、実はホルモンバランスやストレス、栄養状態が大きく関係していることもあります。生活習慣を整え、バランスの取れた食事を摂り、ストレス解消をするように心がけることが大切です。でも、どうしても症状が良くならない場合には、婦人科や皮膚科で相談してみましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ももこ

産んだ子・産んでない子ひっくるめて男女3人の子持ちのアラフォー主婦です。
猫とスズメと子供と一緒にマイペースに暮らしています。
笑顔ばかりの毎日じゃないけど...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理後のニキビや肌荒れの原因は?簡単かつ効果的な対策と予防法とは?