1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「がんばっている」・「がんばっていない」…決めるのは子ども?それとも大人?【きょうの診察室】

「がんばっている」・「がんばっていない」…決めるのは子ども?それとも大人?【きょうの診察室】

「がんばっている」・「がんばっていない」…決めるのは子ども?それとも大人?【きょうの診察室】のタイトル画像

「がんばったね!」「えらい!」などの言葉は、子どもを励ましたり応援するつもりで、よく使う言葉ですよね。でも、子どもの視点で見直すと、実はちょっと疑問に思うこともあるのかもしれません。

きょうの診察室:「がんばってない!」

インフルエンザの流行が、やっと落ち着いてきました。
今シーズン、熱を出してインフルエンザの検査をしたお子さんも、多かったのではないでしょうか。

今回のお話に出てくる5歳のIちゃんも、そんなお子さんのひとり。

熱が出た直後に近くのお医者さんでインフルエンザの検査をして陰性だったけれど、熱が続くのでもう一度検査してほしいというご家族の希望で、夜の救急外来にやってきました。

相談の結果、インフルエンザの検査をすることになりました。

でもあの検査って、すごく過酷な検査ですよね。
鼻のおくーのほうまで細い棒をつっこまれ、オエってなって涙がでる…大人でもつらい、やりたくないと思う人もいるほどです。


Iちゃんの場合、ご家族があらかじめIちゃんに「インフルエンザの検査されるかもしれない」と伝えてくださっていたので(事前に子どもがこれから何が起こるか知っているということはとても大切なことです)、半泣きになりながらも、診察と説明には耐えてくれました。


でも、いざお鼻の棒がでてくると…

ふんばっていた気持ちがぷつっと切れたかのように、
自分の鼻を死守すべく、これでもかと殴るわ蹴るわの大暴れ。


格闘の末、やっと検査が終わってから思わず、

「がんばったね」
「がんばった、うん」
「えらかったね」


と、汗だくのお母さんも私も看護師さんも口々にIちゃんの言葉をかけました。


すると、Iちゃんが叫んだんです。
「がんばってない!!がんばってなーーい!!!」


はっとして、おとな一同沈黙。


そうか、彼女はべつに自分のやりたいことを懸命になってやっていたわけではなくて、
ただ強制的にせまり来る力に耐えただけなんだ
、と。


「がんばった」って言いたかったのは、言われたかったのは、がんばってIちゃんを押さえつけた私たちだったのかもしれません。

その言葉の「中心」にいるのは誰なのか、考えていきたい

「がんばっている」・「がんばっていない」…決めるのは子ども?それとも大人?【きょうの診察室】の画像2

がんばる、ってなんだろう?

やりたいことに懸命になること?
つらいのに無理して耐えること?

そもそも「がんばったね」というのは、
本人ではなくて、大人の満足感を表している場合もあるかもしれません。
子ども自身の立場でとらえ直してみると、
違った表現になるのかもしれないですよね。


同じように考えると、
「いい子にしていたね」「困った子で…」といった子どもに対してよく使う表現も、
「誰にとっていい子」で、「誰にとって困っている」のか…
子どもの視点でもういちど振り返ってみると、その中心は大人だった、ということもありそうです。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 声掛け 褒め方

この記事を書いた人

小児科医 やまぐちありさ

小児科医。
目標は「こどもとその周りで支える人々が、少ししんどい時にこそ、がんばらなくてもいい社会を実現すること」。

高校を中退後、ロンドンのインド人病...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「がんばっている」・「がんばっていない」…決めるのは子ども?それとも大人?【きょうの診察室】