1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理前のニキビや肌荒れ!原因・症状・対策・予防法まとめ

生理前のニキビや肌荒れ!原因・症状・対策・予防法まとめ

生理前のニキビや肌荒れ!原因・症状・対策・予防法まとめのタイトル画像

生理前の症状として体に表れることが広く一般的にしられているのが、生理前のニキビ・肌荒れ。「肌荒れてない?」「生理前だからね~・・・」そんな会話を昔はよくしたものです。しかし、その原因がただ「生理初期症状」という認識だけで、なぜ肌が荒れるのか?ということを知ろうともしていませんでした!今回はそのなぜ?を調べてみました。

目次 生理前のニキビや肌荒れの症状
生理前のニキビや肌荒れの原因
生理前のニキビ、肌荒れ予防法①食事
生理前のニキビ、肌荒れ予防法③サプリや漢方
生理前のニキビ、肌荒れの対処法
荒れにくい肌を作ろう

生理前のニキビや肌荒れの症状

生理前のニキビや肌荒れ!原因・症状・対策・予防法まとめの画像1

ニキビや肌荒れと言いましても、症状は人それぞれですよね。ポツっとできていたり、大きいのがボンッとできていたり、肌荒れも粉拭き程度の乾燥からヒリヒリと炎症を起こしてしまうものもあります。個人差はありますが、一般的には年代別に症状のでる部位が変わってきたりします。

10代~20代前半

おでこ・鼻周辺のTゾーンにニキビや肌荒れが出やすく「思春期ニキビ」とも呼ばれます。成長期にあたるこの頃は体を作るために成長ホルモンが分泌されるのですが、ホルモンが皮脂腺を刺激するので皮脂が過剰に出てしまい、アクネ菌が増殖して肌荒れ・ニキビができやすくなります。

20代後半以降

あご・口周りのUゾーンにあたるフェイスラインにニキビや肌荒れが出やすく「大人ニキビ」とも呼ばれます。大人になってからのニキビ・肌荒れは成長期のホルモンが関係するのとは違い、不規則な生活習慣やストレス、冷暖房による乾燥、スキンケア用品・化粧品など様々な要因によって引き起こされます。

しかし、生理前のニキビ・肌荒れの症状は年代問わずUゾーンに表れることが多いようです。それはどうしてなのでしょうか?

生理前のニキビや肌荒れの原因

生理前のニキビや肌荒れはどうしてフェイスラインにできやすいのでしょうか?それはフェイスラインがホルモンの影響が表れやすいほど、皮膚が薄く毛穴が小さく詰まりやすい部位だからです。それではどうしてニキビや肌荒れが起こるのでしょうか?それには女性ホルモンの1つプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が関係していました。

皮脂が過剰に分泌される

生理近くなるとプロゲステロンの分泌量が徐々に増え始めます。「思春期ニキビ」でもご紹介しましたように、このプロゲステロンも皮脂腺を刺激し皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。皮脂が毛穴が詰まりやすくなり、炎症が起こってニキビ・肌荒れとなるのです。

肌の水分量の減少

プロゲステロンは妊娠に向けて体の中に栄養や水分を溜め込もうと働きかけます。このとき一時的に肌の水分量が減ると同時に乾燥が進み、乾燥によって厚くなった角質が毛穴につまりやすくなります。さらに皮脂が過剰に分泌されているので、角質と混ざったりすることにより肌の炎症が起こります。

アクネ菌の増殖・抗菌ペプチドの減少

「アクネ菌」とは私たちの体に生息している常在菌です。アクネ菌は「空気が入らない・脂肪分が多い」という場所を好みますので、皮脂や角質の詰まった毛穴を住処として増殖してしまいます。このアクネ菌がニキビの炎症を起こしてしまいます。

実は、このアクネ菌を退治してくれる物質が私たちの体には存在します。それが「抗菌ペプチド」です。その名の通り「抗菌=病原性微生物などを攻撃する」「ペプチド=アミノ酸が50以下で結合している小さな分子(多数結合している場合をタンパク質といいます)」なのです。

しかし抗菌ペプチドは黄体ホルモンの増加に伴い減少してしまいます。それにより肌のバリア機能が弱まり、アクネ菌が増殖してニキビ・肌荒れが起こるのです。

生理前のニキビ、肌荒れ予防法①食事

生理前のニキビや肌荒れ!原因・症状・対策・予防法まとめの画像3

毎月肌荒れやニキビに悩まされるのは本当に辛いですよね。それならば症状が出る前に食事で予防してみましょう。

脂肪分を控える

プロゲステロンの働きにより皮脂が過剰に分泌されますが、動物性食品などの脂肪分を摂取しすぎるとさらに皮脂の分泌が促されてしまいます。

・バター
・ラード
・牛、豚などの脂身

・スナック菓子
・ナッツ類
・チョコレート など

上記のような食品を多くとりすぎないように注意しましょう。

肌を作る栄養素を摂取する

ビタミンA、ビタミンCには肌のハリやツヤを作る働きがあります。緑黄色野菜を中心に肌にいい働きのある栄養素を摂取するようにしましょう。さらにビタミンB群は皮脂の分泌を抑える働きがありますので、こちらも積極的に摂取してみましょう。

・ビタミンA群・・・・にんじん、ほうれん草、鶏レバー など
・ビタミンB群・・・・豚レバー、焼きのり、にんにく など
・ビタミンC群・・・・赤ピーマン、ほうれん草、芽キャベツ など

ホルモンバランスを整える食品を摂取する

生理前の肌荒れは、女性ホルモンのバランスを整えることで防ぐことが可能とされています。ここで重要なのがもう1つの女性ホルモンである「エストロゲン」です。エストロゲンは女性らしい体を作るために働くホルモンで、肌のツヤを出す働きをしています。別名「美肌ホルモン」と呼ばれるほどです。

このエストロゲン自体を食品から摂取することは不可能ですが、エストロゲンに似た働きをしてくれる栄養素があります。それは「イソフラボン」です。

・豆乳
・豆腐
・納豆
・味噌

など大豆食品に多く含まれていますね。摂取の量は1日70mg~75mgとされていますので、これを目安に摂取を心掛けてみてください。

生理前のニキビ、肌荒れ予防法②日常生活

何気なく過ごしている日常生活にも予防法がありますので、実践してみましょう。

睡眠を十分にとる

特に22時~2時の間は肌が生まれ変わる時間帯です。この時間帯に質の良い睡眠をとっている必要があります。ホルモンバランスが崩れていたり自律神経が乱れていたりすると、なかなか寝付けなくて睡眠不足に陥りがちですので、体を休めるという意味でも6~8時間の睡眠時間を毎日確保することが望ましいです。

ストレスを溜めない

ストレスは女性ホルモンバランスの乱れ・自律神経の乱れを起こし、さらには皮脂の過剰分泌・肌の水分バランスの崩れへとつながり肌本来の機能が衰えてしまいます。肌の生まれ変わりを阻害することにもなりますので、できるだけストレスを溜めない・発散させるようにしてみましょう。

適度な運動をする

軽い運動で大丈夫ですので、運動して汗を流しましょう。汗は体の老廃物を排出し新陳代謝を高めてくれます。また、ストレスの解消にも役立ち、適度に筋肉を疲れさせることでぐっすり眠ることができるので睡眠不足にも効果的です。

生理前のニキビ、肌荒れ予防法③サプリや漢方

サプリや漢方を摂取して肌に必要な栄養素を補っておくことで予防する方法もあります。

サプリを使用する

サプリメントを選ぶ基準としては、肌のハリ・ツヤを作る働きのある「ビタミンA」「ビタミンC」を含むものを選ぶようにしましょう。特にビタミンCは摂取が難しいとされていますので積極的に取り入れてみましょう。

また、商品を購入する場合はできるだけ国内生産の物を選ぶ方がいいようです。なぜかというと、海外のサプリメントも購入することができるのですが日本人の体に合わない場合があります。日本人の体に合わせて製造してある日本国内の販売元の商品が一番安全・安心です。

漢方を使用する

漢方はサプリメントと違い栄養を補給するものではなく、不調部分を根本から改善していくお薬となります。普段病院で処方してもらう西洋薬とは異なり、その人だけの症状に合わせてその人だけのお薬を処方してもらえます。もちろん、市販薬として処方済みの漢方薬もありますが、効果としてしては症状に合わせた処方がより高いのは言うまでもありません。

ただ、西洋薬に比べると即効性はありません。しかし根本治癒が基本ですので、長期に服用すればバリア機能の強い肌を手に入れることができる可能性が高いだけでなく、ホルモンバランスの乱れ・自律神経の乱れの改善にもつながります。

生理前のニキビ、肌荒れの対処法

上記まで予防法を見てきましたが、しかし今できているニキビや肌荒れは何とかできないの?!という方には対処法をご紹介します。

正しい洗顔をする

プロゲステロンの影響で皮脂がたくさん出てしまいますよね。だからといって、皮脂を洗い落とすためにゴシゴシと洗顔をしたり洗顔の回数を増やしたりしてはいけません。肌を清潔に保つことは大切ですが、肌に必要な皮脂までも落としかねません。

皮脂が減りすぎると肌は水分が蒸発し乾燥してしまいます。そうすると、この水分蒸発を防ぐためにさらに皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。これでは悪循環の繰り返しですので、正しい洗い方をマスターしましょう。

■正しい洗顔のステップ
1.手を清潔にする(雑菌が顔に広がるのを防ぐ)
2.ぬるま湯で顔を洗う(乾燥しないように、32~35度くらいのぬるま湯)
3.柔らかい泡で優しく指でマッサージするように洗う(肌と手の摩擦を防ぐため。皮脂の多いTゾーン→頬→目・口の順に洗う)

4.ぬるま湯で洗い流す(すすぎ残しのないようにする)
5.タオルで水分を取り除く(清潔なタオルを使う。手よりも摩擦が起こりやすいのでこすらない)

正しいスキンケアをする

肌が荒れ敏感になっていて皮脂も多いですので刺激が少ないように保湿を控えようとしがちですが、肌が乾燥してしまっては逆に毛穴が詰まって肌荒れ・ニキビの原因となります。しっかり保湿をしましょう。

抗菌ペプチドを増やす

「抗菌ペプチド」のお話を先ほどさせていただきましたが、実は抗菌ペプチドを増やし肌のバリア機能をも高めるものがあります。それは「紫紺」という生薬を用いたものです。外用薬としては「紫雲膏」という軟膏があり、紫紺エキスを配合してあるスキンケア商品もあります。

化粧は薄めにする

できてしまったニキビや肌荒れは隠したいですよね。そう思うあまり、どんどん化粧が厚くなってしまうこともありますね。これは肌にとってとても悪いことで、過剰に分泌した皮脂と化粧品の油分が混ざり合ってドロドロ状態になり毛穴の奥にさらに詰まっていくこととなります。

とは言っても、お仕事をされている方は化粧をしないというわけにもいきませんよね。できるだけ薄化粧を心掛け、化粧品は油分の少ないものを選ぶようにしましょう。

触らないようにする

フェイスラインは手が触れやすいところです。何気に頬杖をついてしまったらニキビに触れて潰してしまった、などという状況が起こりやすい場所です。炎症がひどくなり治りにくくなりますので、できるだけ触れないように気を付けましょう。

荒れにくい肌を作ろう

痛みの無いニキビでも、顔にできたというだけで塞ぎがちになってしまうものです。それが毎月出ては消え、また出ては消えと繰り返すのは気分が落ち込みますね。この症状を繰り返さないためにも、普段の生活を見直し強い肌を作る方法を試してみてください。

ひどい場合やどうしても改善しない場合は病院を受診することをおすすめします。意外と自分では気付かなかった原因があるかもしれません。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

生理 妊活・不妊 病気・怪我・健康

この記事を書いた人

りとわ

熊本県在住、2016年小学校入学となる男児のママです。

ぐうたら大好き!面倒くさいの大嫌い!
そんな母でも、誰に預けても恥ずかしくない自慢の息子に成長し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理前のニキビや肌荒れ!原因・症状・対策・予防法まとめ