1. >
  2. >
  3. >
  4. 「シムスの体位」で快眠!妊娠中期~後期の妊婦さんにおすすめの寝方、安眠グッズのまとめ

「シムスの体位」で快眠!妊娠中期~後期の妊婦さんにおすすめの寝方、安眠グッズのまとめ

「シムスの体位」で快眠!妊娠中期~後期の妊婦さんにおすすめの寝方、安眠グッズのまとめのタイトル画像

妊娠中期に入りお腹が大きくなると、だんだんとあおむけ寝が苦しくなってきます。ママと赤ちゃんの両方に負担の軽い楽な姿勢を見つけたいですよね。そこで、『シムスの体位』をご存知ですか?妊娠7~8か月以降の妊婦さんにおすすめの横向き寝の姿勢のこと。個人差はありますが、ぐっと安眠しやすくなります。今回はこのシムスの体位を詳しくご紹介します。安眠グッズも必見です!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030031746
mwkのアイコン mwk
目次 妊娠中期~後期に妊婦さんが寝付けない原因
「シムスの体位」とは?
「シムスの体位」で寝る効果・メリット
「シムスの体位」の注意点
「シムスの体位」はこんな時にも使える
質の高い睡眠のために使える安眠グッズ5選
まとめ

妊娠中期~後期に妊婦さんが寝付けない原因

妊娠中期以降お腹がせり出してくるようになると、ぐっすり眠れなくて落ち着かない…といった妊婦さんはとても多いです。産後数か月は赤ちゃんのお世話でなかなか熟睡できないので、身体が寝不足に耐える準備に入ったサインかもしれませんね。とは言え、なぜそんなに眠れないのでしょう?それは次のようなことが原因です。

■お腹が大きくて寝返りがうてない
寝返りは、睡眠中に血液の循環を良くして安眠するための身体の生理的な動きです。妊娠中~後期はお腹が大きいため動きずらく、この寝返りが満足にできません。身体に負担がかかり、自然な睡眠の妨げになっているのです。

■頻尿で、何度もトイレに行くため起きてしまう
大きくなった子宮や赤ちゃんの頭が膀胱を圧迫し、頻尿になります。また、赤ちゃんが大きくなることで母体の血液量が増加し、それによって尿の量も増えます。夜中に何度もトイレに起きてしまうのでなかなか寝付けません。

■胎動が激しい
胎動が激しいのは赤ちゃんが元気な証拠ですが、夜間はこれも睡眠不足の原因に。

■ホルモンの影響
妊娠中はとにかくホルモンの変化で体調が左右されやすいですが、特に後期は、交感神経優位のエストロゲンというホルモンの分泌が活発になり、寝つきが悪くなります。

「シムスの体位」とは?

シムスの体位とは、横向きになって上になった片方のひざを倒し、枕を抱きかかえるような姿勢で眠る妊婦の安楽体位です。寝苦しかったり、あお向けで寝るのが辛くなってきたりしたら、ぜひこのシムスの体位を試してみましょう。やり方はとてもシンプルです。

1.横向きに寝る。(できれば身体の左側を下にしましょう。)

2.下側の足を少し後ろに引いてまっすぐにする。

3.一方の足を前に出して軽く曲げる。

4.下側の手は曲げて頭の下か、背中の方に回す。


大きなお腹をかばうような気分でやってみましょう。抱き枕などをはさむとより安定しやすくなります。抱き枕がない場合は、上の足の下にクッションを入れてもいいかもしれません。また、枕の高さによっても姿勢が変わってきます。自分に合った無理のない高さに調整してください。

「シムスの体位」で寝る効果・メリット

シムスの体位で寝ると、単に楽なだけではなく、妊娠中の身体に良い効果も期待できます。

あお向けで寝る際には、おなかの重みが背中側の大静脈を圧迫して血圧が下がり、気分が悪くなったり胎児が低酸素状態になることもありえます。シムスの体位は、身体の左側を下にすることで静脈をつぶさず、血液の循環をスムーズにしてくれます。

これは気分の回復を促すだけでなく、妊娠後期に起こりがちな身体のむくみ解消にもつながります。実は妊娠中に限らず、貧血やのぼせの際にもとても効果的なんです。介護や救急時の対応にも取り入れられているんですよ。

また、血液の循環がよくなって、赤ちゃんに効率的に栄養が運搬されます。寝る時だけでなく、日中でも休む時はなるべくシムスの体位を心がけたいものです。疲れたり、急に激しい動きをしてお腹が張ってしまった際にも、回復を助けてくれます。

「シムスの体位」の注意点

妊婦さんの悩みを解消してくれるこのシムスの体位ですが、より効果を出すために注意することがあります。それは、身体の向き。

横向きに寝る際、身体の右側ではなく、左側を下にしましょう。私たちの身体には、左側に大動脈、右側には大静脈が走っています。大きなお腹を抱えた妊婦さんが右側を下にして横になると、弾力の少ない大静脈が圧迫され、血行が悪くなってより寝苦しくなってしまうのです。

また、静脈のそばにはリンパ管があります。このリンパ管が圧迫されリンパ液の流れが悪くなると、むくみや静脈瘤を引き起こす原因になります。静脈瘤とは、静脈が蛇行してふくらんだり、こぶのように盛り上がることを言います。妊娠中期以降の妊婦さんの2~3割に見られるトラブルで、改善には血液循環を高めることが第一です。

このように左側を下にするメリットは大きいのですが、妊婦さんの中にはかえって気分が悪くなってしまう方もいます。この場合、とにかく自分が楽な体勢を心がけてくださいね。枕の高さや形を変えて改善することも多いです。

「シムスの体位」はこんな時にも使える

シムスの体位は寝苦しさを解消するためだけではなく、こんな時にも便利です。

■陣痛の合間にリラックスできる。
陣痛は誰でも痛いもの。でも、痛みが和らぐコツやポーズがいくつかあります。シムスの体位もその一つ。長引く陣痛や微弱陣痛などで寝不足気味の妊婦さんには特におすすめです。痛みが来た時にシムスの体位をすると、陣痛の波が去っている間はゆっくりリラックスできます。ただですら力みがちなお産では、身体に余計な力を入れないことが大切です。

■逆子なおしの体操やマッサージの後、効率よく身体を休めることができる
妊娠30週を超えても逆子なら、医師に逆子体操をするよう指導されることがあります。赤ちゃんを、はまっている骨盤からずらして回転させるのが目的です。逆子なおしの体位として「胸膝位」や「仰臥位」などがありますが、最後にはシムスの体位で30分程休みます。血行が良くなり、体操の効果を高めます。マッサージや鍼灸の際も、リラックスできるシムスの体位がおすすめです。

質の高い睡眠のために使える安眠グッズ5選

睡眠トラブルに見舞われがちな妊娠後期。便利グッズを使って、今より質の高い睡眠を手に入れましょう!今回はおすすめを5点紹介します。自分に合ったアイテムを見つけてくださいね!

■マルチに使える ベビー&ママクッション(アレックス・サンガ)

ベーシックな抱き枕です。抱き枕としてだけではなく、授乳クッションや赤ちゃんのお座りサポートなどいろいろな使い方ができます。カバーは取り外して手洗いでき、別売りの洗い替え用カバーもあります。

【価格】¥3,980
【サイズ】約145×18cm
【素材】カバー/綿100%、中側生地/ポリエステル100%、中綿/ポリエステル100%
【カラー】モカブラウン

■マタニティ ママ ホールディングピロー (MOGU)

シムスの体位に適した抱き枕のママホールディングピローです。お腹のあたりは収縮性のよい水着素材を使用し、素肌が触れる部分には肌ざわりのいいパイル生地を使用しています。

【価格】¥7,670
【サイズ】約110×50×19cm
【素材】表カバー/(パイル部分)綿57%、ポリエステル43%、(伸縮部分)ナイロン85%、ポリウレタン15%、中材/パウダービーズ

■冷えとり 内側シルク外側コットンの二重編みレッグウォーマー(kasane lab.)

肌に触れる部分はシルクの層。外側はコットンの層。生地は柔らかく、薄地で暖かいレッグウォーマーです。手足の冷えは睡眠の大敵。足元の血流が良くなれば全身の血の巡りが改善され、質の良い睡眠が促されます。

【価格】¥1,050
【置き寸】約37cm
【素材】綿 54%、絹 33%、ポリエステル 11%(ゴム糸)、ポリウレタン 2%(ゴム糸) 
【カラー】ベージュ、オフホワイト、チャコール、ライトグレー(画像はライトグレー)

■めぐりズム 蒸気でGood-Night 14枚入(花王)

就寝前、首のつけ根に直接貼ることで首もとを心地よい蒸気で温めてくれる温熱シートです。約40℃が30分程持続します。血管の多い首を温めることで血液循環が良くなり、効率よく身体が温まって眠りを誘います。リラックス効果も抜群!同シリーズのアイマスクもあります。

【価格】無香料¥973、ラベンダー¥1,008
【パッケージサイズ、枚数】14.4x12.7x8.4cm(14枚入り)
【種類】ラベンダー、無香料

■マタニティアロマ エッセンシャルオイル ラベンダー 5ml(MamAroma)

妊娠15週目以降の妊婦が安心して使えるように調合されたアロマオイル。ラベンダーの高いリラックス効果を利用して、おやすみ前に心と体をしっかり落ち着けましょう。同じように妊娠中に使用しても良いと言われているオレンジスイート、レモン、グレープフルーツなどの精油とブレンドするのもおすすめです。ディフューザーで楽しんだり、枕やシーツに少し垂らすなどしてみても。

【価格】¥1,530
【パッケージサイズ、重さ】2.5x2.5x5.8cm、36g
【内容量】5ml(15mlもあります)
【原産地】ブルガリア

まとめ

眠りが浅かったり眠れない日が続いたりすると、お腹の赤ちゃんにも影響するのでは?と不安になる妊婦さんもいるでしょう。眠れないことを気にするのもあまり良くないかもしれません。産後の準備ととらえて、なるべく考え過ぎずリラックスして過ごすことを心がけてみてください。

寝る際にはシムスの体位を意識して、自分が一番快適な寝姿勢を見つけだしてくださいね。お母さんが心地いい状態が、赤ちゃんにとってもベストなはずです。赤ちゃんに会える日はもうすぐですよ。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠後期(8ヵ月以降) 妊娠中の生活

この記事を書いた人

mwk

0歳と5歳の娘育児に奮闘しつつ、自宅で編集とwebライティングをしています。
育児と自分らしく生きていくこと、ゆるりと両立していけたらなぁ~と思っています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「シムスの体位」で快眠!妊娠中期~後期の妊婦さんにおすすめの寝方、安眠グッズのまとめ