1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. マタニティウォーキング

マタニティウォーキング

マタニティウォーキングのタイトル画像

妊娠中、体重のコントロールや気分転換のために、楽しく運動をしたい!と思っている妊婦さんも多いのでは?ここでは妊婦さんにぴったりのマタニティウォーキングについてご紹介します。

手軽にできる運動マタニティエクササイズ

妊婦さんになると、どうしても用心して行動が慎重になってしまいがちですが、妊娠中でも適度な運動を取り入れることは大切です。また、運動することで得られるメリットが数多くあります。そこでおすすめなのが、マタニティウォーキング。特別な道具も必要なく、日常生活の中で気軽に取り入れることができるマタニティエクササイズとして、妊婦さんにぴったりです。運動が苦手な方でも、気負いすることなく始めることができます。

体重増加防止やストレス発散にも最適です

ウォーキングは、誰でも気軽にできる有酸素運動です。歩くと全身が温まることで代謝がよくなり、カロリー消費につながるため、体重の増えすぎや便秘の予防になります。全身の筋肉をバランスよく使う習慣をつけることで体のむくみを防いだり、基礎体力不足から起こりやすいといわれている難産を防ぐ効果もあるのです。また、適度な運動をして気持ちのよい汗をかくことは、気分のリフレッシュやストレス発散、夜の安眠にもつながります。

お腹の赤ちゃんにもメリットがあります

有酸素運動であるウォーキングは、たっぷりの酸素を体に取り入れながら、無理なく全身を動かせます。ある程度の速さで歩くことで心肺機能が高まり、全身の血行が促進される効果もあります。お母さんの体にたっぷりの酸素が取り入れられ、なおかつ血行がよくなることで、お腹の赤ちゃんにも必要な酸素や栄養分がよく行き渡るようになります。また、お母さんが心地よいと感じることはお腹の赤ちゃんにも伝わると言われています。

マタニティウォーキングの歩き方のポイント

正しい準備や基本姿勢をマスターすることで、より安全に、より体に負担をかけずにウォーキングすることができます。いきなり歩き始めることは避け、無理のない程度のストレッチをして体がほぐれてから歩き始めましょう。目線は10メートルほど先を意識し、背筋は伸ばします。猫背になったり、逆に背中を反らせる姿勢になったりしないようにすることが大切です。運動に適した歩きやすい靴を使用し、かかとから着地するようにしましょう。

ウォーキングを始める時期と実施時間は?

ウォーキングを始める時期は、特に体調面での心配がない場合、妊娠初期からでも問題はありません。しかし、自己判断せず、かならずお医者さんの許可を得てからにしましょう。歩く時間は1回に30分程度が理想的です。直射日光が強い時間や気温が極端に高くなる時間、夜遅くなどは避け、午前中や夕方の時間帯に歩くことをおすすめします。その日の体調やお腹の張り具合をきちんと考慮し、決して無理をしないようにすることが大切です。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ひろりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. マタニティウォーキング