1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「ご主人の立ち会い、希望しますか?」「要りません!」今だから笑える出産エピソード

「ご主人の立ち会い、希望しますか?」「要りません!」今だから笑える出産エピソード

「ご主人の立ち会い、希望しますか?」「要りません!」今だから笑える出産エピソードのタイトル画像

その瞬間は大変だけど、後で笑い話になりますね。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030026796
目次 今考えると笑える…!?口走ってしまった失言の数々
予想外すぎる、出産時の行動あるある(笑)

今考えると笑える…!?口走ってしまった失言の数々

激痛に耐えきれず出産に立ち会ったパパや医師、助産師、看護師に八つ当たりしたり、
妙にテンションが高くなったりと先輩ママたちの反応はいろいろ。

あとから冷静に振り返ると赤面したり、思わず笑ってしまうこともあるようです。

「暑くてたまらない」=「ハワイにいるみたい」!?

私はとにかくハイテンションになっていたように思います。
なんだかもう暑くて暑くてたまらなくなり、言っていたのは『ハワイみたい~!』『ハワイだハワイだ!』…いま考えると訳がわかりません。
助産師さんに「ハイハイ、落ち着いたらハワイにいってくださいね~」とあしらわれてました(泣)

頑張って…と言ってくれた夫に対して

私に付き合って二晩殆ど徹夜だった夫がニコニコしながら「もう少しだよ、がんばって」と私に声を掛けてくれたその時。。。
「男のあんたになにがわかんのよっ!」と叫んだそうです(汗)

でも私、ぜんっぜん覚えていないんです。
産後数日してから「君の本音を聞いて悲しくなった」と言う夫から聞かされて、私が一番驚きました。
ただなんとなくですが「人が苦しんでるのにニコニコすんな!」と思ったのは覚えているんですけどね(笑)

友だちがたくさんできた出産(笑)

「うぉおおおお誰のせいじゃこんちくしょー!
 いたいいたいいたい、い゛ーだーい゛ーぇ゛!
 地球の終わりがいつか来るってか?!
 なら今だ今!今すぐ割れる!
 地球が割れるか私の腹が割れるかどっちかだ!
 なにぃ?!まだまだこれからですよってか?!
 何を根拠にそんなこと言うんだ痛いのは私だ!
 ああもうだめだ死ぬかもしれないっ!
 死んだら骨はどこか外国の綺麗な海に、くうっ!
 いででであんぐぐぎぎぎ⇒以下産むまで頭から再生」

授乳室が陣痛室の隣だったので
同室の方々は大爆笑だったそうです(赤恥)
そのせいかどうかは解りませんが
お友達が大勢できました。。。

「間に合ってます!」

主治医から「ご主人の立ち会い、希望しますか?」と聞かれました。分娩室に入る直前に!陣痛の痛みで「要りません!間に合ってます!」と叫んでしまいました。パパ、ごめんよ…。

昼ドラがあぁ~…!

分娩中は何故か時計と毎日見ていた昼ドラ(ちょうど助産師と妊婦をテーマにしたドラマが放送されていた時期でした)のことが気になって、

「ひひひ、昼ドラ!あと二時間!」
「あなたも天使の代理人(ドラマに出てくる助産師)ですか?!」

とかわけのわからないことを喚いてました。助産師さん「お産が終わったらゆっくり見てね~」「あれはフィクションです~」と笑って流してくれてたけど……。今思い出すと恥ずかしいです。

予想外すぎる、出産時の行動あるある(笑)

あまりの痛さに我を忘れて叫ぶだけでなく、
暴れて周りを困らせる行動に出たママもいたようです。

看護師さんの手に負えないほど…!

170センチ以上の大女があばれるのを、たった一人の当直の看護師さん(その日お産が6つもあり、他の方は激務に疲れて帰ったそうです)が押さえつけ、どうにもできなくなり、「ご主人、ちょっと一緒に奥さん押さえて!」と夫が呼ばれる始末。二人で必死に私を押さえていたようです。(あまり記憶にありません、出産後は多くの看護師さんがいました)

今思うと、私はパニック状態だったのです。
目の前が真っ白でしたから。相当暴れたようです。ほんとにほんとに恥ずかしい。

お産が終わってからの入院生活は、針のむしろでした。

旦那の手に噛みつく!?

妹は「なんで私だけこんな痛い思いしるのよ!」「あんたも味わえ!!」と旦那の手に噛みついてたそうで血が・・・。
よくできた旦那でひたすらに耐えていたそうな。
出産後に出てきた義弟の真っ赤な手を見て、話聞いて、姉たる私、両親、平謝りしました(涙)

歌っていたらしいです。。

促進剤を打ったものの子宮口が開かなくて朦朧としつつ、あまりにも痛くて「もうやだーおうちに帰るー」とか、床で転げまわりながら「もういいー床で産みますー分娩台にあがれませーん」とか、考えてみると色々口走ってました。

予定ではBGMもかけられる分娩室の予定(もちろんCDも用意していた)だったのに、緊急のお産の方がきて予備の分娩台に追いやられ、多分いじけていたのでしょう。あとで看護師さんに、「かける予定だった曲を自分で歌ってたわよ」と言われて逃げ出したくなりました。確かクラシックだったんですが、音楽がないからって自分で歌うことはないだろう…

いかがでしたか?
いかに出産が壮絶なものか分かる言葉の数々だったと思います。
出産している最中は死ぬ思いをしても、無事に赤ちゃんが誕生してすくすく成長している
今となっては家族の笑い話になっていることでしょう。

このエピソードだけ見ていると「出産するのが怖い」と改めて思った方もいるかもしれません。

しかし、出産の痛みは「思ったより痛くなかった」「死ぬほど痛かった」など人によっていろいろ。
すごく痛い!と思った人も産まれてきた我が子に初めて対面したときは、
あまりの感動に痛みを一瞬で忘れてしまい「また産みたい」と思ってしまうこともあるようです。

出産前は不安に思うこともいっぱいあると思いますが「案ずるより産むが易し」という
ことわざにもあるように、リラックスして出産に臨んでくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 出産の基本情報 陣痛

この記事を書いた人

r05o12

子どもの考えることは奇想天外でびっくりぽんです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「ご主人の立ち会い、希望しますか?」「要りません!」今だから笑える出産エピソード