1. >
  2. >
  3. >
  4. プロラクチンの正常値は?高いと不妊症になるの?男性の場合は?

プロラクチンの正常値は?高いと不妊症になるの?男性の場合は?

プロラクチンの正常値は?高いと不妊症になるの?男性の場合は?のタイトル画像

脳下垂体から分泌されるプロラクチンは、乳汁分泌ホルモンとも呼ばれ、妊娠出産時にはなくてはらないホルモンです。実はプロラクチンは女性だけでなく、男性にも分泌されています。プロラクチンの働きや正常値、不妊症との関係などについてまとめてみました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015201533
目次 プロラクチンとは?
プロラクチンの役割は何?
男女のプロラクチンの正常値
高すぎると不妊の原因になるの?!高プロラクチン血症とは
高プロラクチン血症にならないために
高プロラクチン血症の治療法・改善法
まとめ

プロラクチンとは?

女性ホルモンの一つであるプロラクチンは、乳汁分泌ホルモンともよばれて、妊娠・出産に大きく関わるホルモンです。 

さまざまなホルモン産生と放出を司る脳下垂体から、プロラクチンも分泌されています。女性だけでなく男性にも分泌されており、精嚢腺や前立腺などの性機能の発達を促しています。 

女性の妊娠出産をサポートするはずのプロラクチンですが、実は分泌が多すぎると不妊になる恐れがあります。プロラクチンが身体に与える影響と不妊との関係をみていきましょう。

プロラクチンの役割は何?

①乳腺を発達させる

女性は妊娠すると脳下垂体からプロラクチンが分泌され、母乳を作る乳腺を発達させます。妊娠中には、黄体ホルモン(プロゲステロン)が乳汁の分泌を抑えているので実際には母乳はほとんど出ませんが、出産後にむけて乳房内では母乳を作り出す袋が発達し、赤ちゃんに母乳をあげるためスタンバイしています。

出産後には、赤ちゃんがおっぱいに吸い付くことでオキシトシンが分泌されます。幸せホルモンともいわれるオキシトシンが分泌されることで、さらにプロラクチンが分泌されて母乳が出てくる仕組みになっています。

②排卵を抑制

プロラクチンには、排卵をおさえる働きがあることがわかっています。

産後のお母さんは赤ちゃんに母乳を与え、産まれたばかりの命を繋いでいかなくてはいけません。そんなときに、ママが妊娠してしまうようなことがあれば、母体に大きな負担がかかります。小さな赤ちゃんを守るため、プロラクチンが排卵を抑えて妊娠を防ぐとされています。

③子宮収縮を促し、子宮の回復を図る

プロラクチンは、産後に子宮収縮を促し、子宮を回復させる働きがあります。この働きをさらに促してくれるのが授乳です。赤ちゃんがおっぱいに吸い付くことを“吸啜(きゅうてつ)反射”とよびますが、その刺激でお母さんの体ではプロラクチンが多く分泌され、子宮の収縮と回復が促されるのです。

男女のプロラクチンの正常値

一般にプロラクチン正常値は測定法により異なる.各種検査法による正常値
は EIA 法 2.7~28.8ng-mL
IRMA 法 1.4~14.6ng-mL,
CLIA 法 4.3~32.4ng-mL である.
また現在使われている PRL の標準品は 1990 年以降 WHO のものである.
プロラクチン値は生理的変動も大きいので解釈には注意を必要とする

プロラクチンの量が適切かどうかは、採血をして血液中にあるプロラクチンの値を測定し、判断します。

正常値は、妊娠していない女性では6.12~30.4(ng/ml)、閉経後では4.00~25.02(ng/ml)となっています。これに対し男性は3.6~12.8(ng/ml)と女性の方が高いことがわかりますが、検査方法によっても正常値の幅は多少違ってきます。

女性の場合、出産後にプロラクチンが増え始めて数値が上昇し、閉経してからは数値が低くなります。これらの正常範囲を越えるようであれば、高プロラクチン血症の可能性があります。100ng/ml以上ある場合には、下垂体腫瘍の疑いがあります。

男性でプロラクチン値が高い場合には、インポテンツ(ED)、性欲低下が現れます。

高すぎると不妊の原因になるの?!高プロラクチン血症とは

プロラクチンが正常値を越えている場合には、高プロラクチン血症とよばれる病気と判断されます。高プロラクチン血症になると、授乳中と同じようにプロラクチンが働くことで卵巣機能をおさえてしまい、生理不順になったり、妊娠していないのに母乳がでるなどさまざまな症状が現れます。プロラクチンが高い状態が続くと、排卵ができなくなって不妊につながることもあります。

■腫瘍が原因でプロラクチンが増えることも

高プロラクチン血症の原因の一つに、脳の下垂体腫瘍(プロラクチノーマ)とよばれる腫瘍があります。20代~30代女性に多いとされ1:8の割合で女性に多いとされます。本来、脳の視床下部が下垂体に刺激をおくることでプロラクチンが分泌されますが、視床下部に腫瘍ができると、コントロールがうまくいかなくなることがあるのです。腫瘍自体はほとんどが良性で悪性は極めてまれです。 

また、向精神薬、胃潰瘍薬、ピルなどの長期服用でも、高プロラクチン血症になることがあります。また、流産や中絶などの原因でもおこるとされます。

高プロラクチン血症にならないために

①十分休息をとる

過度な仕事、疲れ、睡眠不足、ストレスなどはホルモンバランスを乱す原因になります。疲れをためすぎないように、身体を十分に休ませてあげることが何よりも大切なことです。

少しでも自分の時間を持ち、上手にストレスを発散しましょう。リラックス効果のあるアロマなどを使って、ゆっくり入浴したりするのも効果があります。

②規則正しい生活をする

不規則な生活も、ホルモンバランスを乱す原因となります。体内時計が狂うと、ホルモンバランスも調整が難しくなるので、朝起きる時間も寝る時間や食事時間をなるべく一定にするよう心がけましょう。朝起きて太陽の光をあびると、睡眠ホルモンであるメラトニン分泌が分泌され、夜は眠りにつきやすくなる効果があります。

③バランスのとれた食事

脂肪・糖質を多くとりすぎると栄養が偏り、ホルモンバランスも乱れやすくなります。ホルモンバランスを整える食事は、質のよいタンパク質やビタミン・ミネラルをバランス良く含む食事をとることです。

特に、大豆(豆腐、味噌、醤油など)に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをしてくれる役割があり、ビタミンB6(まぐろ、サンマ、ナッツ類、大豆類など)は女性ホルモンを整える作用が期待できます。また、ビタミンE(アーモンド、植物油、うなぎ、たらこなど)は下垂体や卵巣などの器官の細胞膜を整え、ホルモンバランスを調整してくれます。

④適度な運動

適度な運動をすることで、全身の血のめぐりがよくなります。これにより冷えも改善され、身体のすみずみまで栄養素や酸素が行き届きやすくなります。代謝もアップし、ホルモンバランスも整いやすくなるとされます。

高プロラクチン血症の治療法・改善法

①腫瘍が原因なら、手術で切除することも

プロラクチン値が100ng/ml以上であれば、プロラクチン産生下垂体腺腫(プロラクチノーマ)の可能性があります。この場合、詳しい検査をして手術によって腫瘍を取り除くか、薬物治療かを判断することになります。手術で腫瘍を取り除くことができれば、プロラクチン値も正常にもどるため薬を服用する必要はありません。

②内服治療

プロラクチンは、ドーパミン(快楽ホルモンともよばれる)によって調整されているため、ドーパミンに近い成分をもつパーロデル、テルロン、カバサールといった薬を服用することで、プロラクチンを抑えます。しかし、90%の割合で副作用の吐き気があらわれるため、内服を継続できないことがあります。

テルロンは、パーロデルよりも副作用の吐き気が少ないとされますが、効果が8時間のため、毎日服用しなければなりません。一方、カバサールは効果が長時間続くことから、週に1~2回の服用ですみますが、どのお薬になるか主治医と相談の上、自分に合った薬を処方してもらうことになります。

腫瘍による場合は妊娠に伴って大きくなることもあるため、妊娠中も内服を続けていきます。

③薬の副作用によって起こっている場合にはその薬を調整

向精神薬、胃潰瘍薬、ピル、降圧剤といった薬の副作用で、高プロラクチン血症になる場合があります。この場合は原因となっている薬を中止するか、処方内容を変更することでよくなることが多いでしょう。それでもよくならない場合には、薬を減量するか、プロラクチンを抑える薬を内服します。

まとめ

プロラクチンは産後には母体の子宮回復を早めてくれたり、母乳を促したり、妊娠を防いで母体と赤ちゃんを守る役割を担っている大切なホルモンですが、多く分泌されすぎると不妊などの原因にもなってしまいます。男性でも分泌されますが、多すぎるとEDなどの原因となることもあり、分泌が多すぎる場合は男女問わず医師の元で分泌量をコントロールする治療を行う必要があるでしょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気 病気・怪我・健康 不妊症 妊活・不妊

この記事を書いた人

かぼちゃん

子育てをしながら記事を書いています。宜しくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. プロラクチンの正常値は?高いと不妊症になるの?男性の場合は?