1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 高嶋さち子さんのゲームバキバキ事件から考える「子どもとの約束」

高嶋さち子さんのゲームバキバキ事件から考える「子どもとの約束」

高嶋さち子さんのゲームバキバキ事件から考える「子どもとの約束」のタイトル画像

バイオリニストでありテレビで毒舌キャラで大人気の高嶋ちさ子さんが、子どものゲームをバキバキに折ったことが話題になっています。 “ゲームは土曜日だけ”という高嶋家のルールを破った息子さんに対して、ゲーム機を2つに折った写真を公開したことで話題になっています。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174009912
目次 ゲーム機バキバキ事件
方針を貫くため、高嶋さんはどうすればよかったのでしょうか?
親が徹底する態度も必要です
まとめ

こんにちは。『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子です。子どもに罰を与えることには効果があるのでしょうか。また、子どもはどのように感じているのでしょうか。

ゲーム機バキバキ事件

高嶋さんのコラムによると、高嶋さんは子どもにゲーム機を与えない方針でしたが、ママ友からゲーム機をプレゼントされたため、特別に子どもにゲーム機を使うことを許すことにしました。

ただし、ゲームは「週末に宿題が終わって時間が余ったときだけ」とお子さんと約束しました。ところが、ある金曜日の夜に長男がゲームをしているのを見つけ高嶋さんは激怒し、ゲーム機を手でバキバキと折ったのです。コラムでは、「約束は守らないといけません」と書いて2つに折ったゲーム機2台の写真を載せていました。

「ルール違反した息子のゲーム機バキバキに折った」 高嶋ちさ子氏の子育てコラムに賛否両論

方針を貫くため、高嶋さんはどうすればよかったのでしょうか?

もし、高嶋家がゲーム禁止だったら次のような方法でもよかったのではないでしょうか。

ママ友は、高嶋家のルールに反する贈り物をくれました。だったら、家庭の方針を崩さずに「もう少しあなたが大きくなるまでママが預かっておきます」「返品してきます」と子どもに伝える対応でもよかったのではないでしょうか。

子どもにとって魅力的なゲーム機が目の前にあって「週のうち一日しかやってはならない」というのは「空腹の人の目の前にかつ丼を置いて食べてはいけない!」「目の前に裸の女性を置いておいてムラムラしてはならない!」と命じているようで酷な気がします。だったら、最初の方針通り“子どもの目の前からゲーム機をなくす”方がよかったのではないかと私は思います。

親が徹底する態度も必要です

でも、実際は高嶋さんのような親は少数派で「言っていることとやっていること」が違う人も結構いるのではないでしょうか。

例えば・・・
・公園に出かける前、リビングに散らかっているおもちゃを指さして「おもちゃ片付けなさい!」と叱りながら時間がなくなったからと、そのままにして出かける。あるいは親が全部片付けてしまっている。

・使ったおもちゃを片付けない子どもに「片付けないんだったら捨てちゃうからね!」と叱りながら、「高かったから捨てるのはもったいない」「捨てたら子どもがかわいそう」「子どもが大騒ぎするから実行にはうつすのは止めよう」と行動には起こさない。

こんな風にしていると子どもは「ああ、ママは口先で脅しているだけ、」と思うようになります。そして、言うことを聞かなくなります。親は子どもに暗に「私の言葉に従わなくても構わないのですよ」というメッセージを送っていることになるからです。

そういう点で高嶋さんは徹底していると思います。

まとめ

しつけとはルールを一つ一つ丁寧に教えていくことです。力づくで言うことを聞かせることではありません。

例えば、ピアノのレッスンを嫌がっている子どもに対して「ピアノの練習をしないんだったら夕飯抜きよ」とか「今度の誕生日プレゼントはなしよ」とか叩いたり、押し入れに閉じ込めたり・・・これをすると子どもは幼いうちは親よりも弱い立場ですから、恐怖を逃れるために練習するかもしれません。

これで「厳しくしつけて罰を与えた方が子どもが反省する」と思っているのは親の錯覚です。子どもは「ピアノをさぼるのはよくないことだから、これからは改めよう」とはなりません。音楽そのものが嫌いになってしまうリスクも出てきます。

大切なことは「それはやってはいけないことだ」と叱ればいいことです。真剣に表情と言葉で伝えれば子どもは必ず「親の期待に応えよう」と反省するものですよ。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

立石 美津子

子育て本著者、講演家、自閉症児を育てる母親

著書は『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』
『読み書き算数ができる子にするために親がやっては...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 高嶋さち子さんのゲームバキバキ事件から考える「子どもとの約束」