1. >
  2. >
  3. >
  4. 【入院準備の失敗談】心配しすぎてバック○つ分(笑)!今思うとちょっと多すぎだった荷物たち

【入院準備の失敗談】心配しすぎてバック○つ分(笑)!今思うとちょっと多すぎだった荷物たち

【入院準備の失敗談】心配しすぎてバック○つ分(笑)!今思うとちょっと多すぎだった荷物たちのタイトル画像

もともと旅行等にも、アレもコレも持っていかないと心配〜!なタイプの私。初めての出産の入院準備はどっさりに…!

【入院準備の失敗談】心配しすぎてバック○つ分(笑)!今思うとちょっと多すぎだった荷物たちの画像1

入院準備は落ち着いてよく考えましょう(笑)!

初産の時は、とにかく何も分からずただ心配で何でもかんでも詰め込んでしまいました。
産院からの「準備リスト」等ももらっていましたが、必要以上に用意しすぎでした…。

私の場合は、産院からの貸し出しがあるパジャマや赤ちゃんの肌着類など
準備の必要がないものまで色々とバッグに入れてしまっていたんだと思います。
思い出しきれないほど様々なものを入れて、バッグがたくさん…!

一人目の産院は、自宅から離れていたので「いろいろ持って行かなきゃ〜!」と思ってしまった気がします(笑)

ただ、産後のベルトやパンツは、もちろん使う方もたくさんいると思います!
私はたまたまお腹が痛かったので使えなかっただけですので、必要に思う方は入れてくださいね。

「一人で持てるか?」が一つのポイント!

私のようにバッグをいっぱいにしないと心配〜という方がもしいらっしゃいましたら、
是非、一人で持てるか考え直してください(笑)

二人目の時は落ち着いて準備できたので、ちゃんと一人で持てる量に押さえられました。

最初の入院準備していた私に教えてあげたいくらいです〜。

「そんなに要らないよ〜!」
「急に破水して一人で産院に行くことになったら、持ちきれないよ〜!」…と。

私みたいに大荷物な方はあまりいないような気がしましたが、
今思い出すとちょっと笑える話かな…と記事にしてみました(笑)。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 出産準備

この記事を書いた人

Topeko

生まれも育ちも北海道。1歳の息子&4歳の娘がおります。
美容師免許を取得後、CGデザイナーとして7年ほど会社勤務。出産育児を機にフリーのイラストレーターを始...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 【入院準備の失敗談】心配しすぎてバック○つ分(笑)!今思うとちょっと多すぎだった荷物たち