1. >
  2. >
  3. >
  4. 生後3ヶ月・4ヶ月の赤ちゃんの便秘、原因、対策まとめ

生後3ヶ月・4ヶ月の赤ちゃんの便秘、原因、対策まとめ

生後3ヶ月・4ヶ月の赤ちゃんの便秘、原因、対策まとめのタイトル画像

生まれてから3ヶ月~4ヶ月ほど経つと、赤ちゃんのうんちのリズムが変わり、「便秘かな?」と不安になる方も多いのではないでしょうか?しかし、便秘だと決めつけてしまうのは早いかもしれません。今回は、生後3ヶ月・4ヶ月の赤ちゃんの便秘の症状と、原因別の対処法をまとめてご紹介していきます。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015201523
目次 生後3ヶ月・4ヶ月は便秘になりやすい?
赤ちゃんの便秘ってどんな状態? 
生後3ヶ月・4ヶ月の赤ちゃん、便秘の原因と対策は?
マルツエキスで便秘を解消
それでもダメなら、綿棒浣腸がおすすめ!
まとめ

生後3ヶ月・4ヶ月は便秘になりやすい?

言葉を話せない赤ちゃんにとって、うんちは健康のバロメーターです。うんちの色や回数で、ママたちは赤ちゃんの健康をチェックしていますが、生後3ヶ月~4ヶ月になると、多くのママが「今まで1日何回もうんちしていたのに、回数が減った/出ない日がある」ということに悩みます。しかし、3ヶ月~4ヶ月の赤ちゃんにとって「うんちの回数が減る/出ない日がある」こと自体は、便秘ではありません

うんちの回数が減る/出ない日があるのは、腸の発達と大きく関係しています。消化器官が成長すると、食べたものを消化・吸収できるようになり、排便のペースがゆっくりになるためです。大人の場合、1日の排便は平均的に1~3回ですが、赤ちゃんの腸も急成長して大人の腸に近づいているのです。

赤ちゃんの便秘ってどんな状態? 

数日うんちが出ずに「便秘かも?」と思ったら、赤ちゃんの様子を注意深く観察してみてください。数日うんちが出ていなくても、「元気がある」「食欲がある」「うんちがスムーズに出る」という場合は問題ありません。腸が発達している証であるか、一時的な粉ミルクの消化不良、母乳量の不足などが原因であると考えられます。

ただし、以下の症状がみられた場合は便秘の可能性があります(場合によっては小児科を受診する必要があります)。

 ・うんちに血が混じっている(すぐに病院へ)
 ・お腹がパンパンにはっていて、ぽっこりしている
 ・食欲がない/ミルクやご飯を食べてもすぐに戻してしまう
 ・機嫌が悪い/泣き続ける

生後3ヶ月・4ヶ月の赤ちゃん、便秘の原因と対策は?

便秘の原因は主に次の4つが考えられます。

 ① 栄養不足
 ② 水分不足
 ③ 運動不足
 ④ 生活習慣・環境

ここでは、それぞれの原因ごとの対策について詳しく説明します。「便秘かも?」と不安になったら試してみてください。

原因と対策①: 栄養不足 - 母乳育児やオリゴ糖入りミルクを!

うんちが出ない原因のひとつに、オリゴ糖不足が考えられます。オリゴ糖は腸内環境を整える働きがあり、母乳にはオリゴ糖が多く含まれています。完全母乳で育てる場合、生後3ヶ月~4ヶ月の赤ちゃんの授乳回数目安は1日8回程度です。母乳だけで育てるのは難しいという場合は、粉ミルクで足りない分を補う方法もあります。以下では、母乳を増やす方法とオリゴ糖を多く含む粉ミルクをご紹介します。

■母乳の量を増やす方法
 ・頻回授乳をする(赤ちゃんが吸う刺激で母乳を出すホルモンを増やす)
 ・厚着をして身体を温める
 ・温かい水分をとる(ほうじ茶、白湯など)
 ・根菜を中心にした煮物を食べる
 ・母乳マッサージをする

■オリゴ糖入り粉ミルクを使う
 ・ほほえみ(明治)… オリゴ糖の保有量が多い
 ・価格 … 2,830円
 

 ・バランスミルク(アイクレオ) … 乳糖の保有量が多い
 ・価格 … 1,173円

原因と対策②: 水分不足 - こまめな水分補給を

水分補給は、母乳やミルクによって行いましょう。便秘が続く場合は、果物の果汁や砂糖水を与えることも効果的だといわれています。ただし、生後6ヶ月以前に果汁を与えると、食物アレルギーになったり、下痢になったりする可能性があるので注意が必要です。

砂糖水を与えるときは、5%の砂糖水を作ることが理想的だといわれています。水100ml(コップ半分程度)に砂糖5g(小さじ1杯)で、大人がなめると「少し甘いかな?」と感じる程度に調整しましょう。砂糖水の濃度が濃すぎると、腸内の悪玉菌が増えるため注意が必要です。

原因と対策③: 運動不足 - マッサージやお散歩で腸を刺激

3ヶ月~4ヶ月の赤ちゃんは自分で運動することができないので、ママとパパがサポートして身体を動かしてあげましょう。

■「の」の字マッサージ
お腹を時計回りに優しくマッサージします。ポイントは、指でお腹を強く押さないように、手のひら全体を使うことです。その際、赤ちゃんを摩擦で傷つけないようにオイルを手につけると良いでしょう。

「の」の字マッサージの他にも、両脇のウエストからへその中心に向けてたぐり寄せるようにマッサージしたり、腹ばいにして反時計回りにマッサージしたりしても効果があります。

■足、お腹のエクササイズ
赤ちゃんの膝を持って、自転車のペダルをこぐように股関節を動かすエクササイズをしましょう。膝でハートを描くように動かすのがポイントです。おむつ替えやお風呂上りのタイミングがおすすめです。その他にも、一方の足を伸ばして反対の足をクロスさせ、お腹の横の筋肉を動かすエクササイズ(クロス運動)も効果があります。

また、赤ちゃんが起きているときはずっと仰向けの状態にせず、腹ばいにさせて背筋や腹筋が鍛えられるようにしましょう。この腹ばい運動だけでも、便秘を解消することができる場合があります。

原因と対策④: 生活習慣 - 安心してうんちができる環境を

便秘を予防するためには、赤ちゃんが常に安心してうんちをできる環境を整えることが非常に大切です。特に、おむつかぶれや切れ痔には注意しましょう。おむつかぶれや切れ痔を起こしてしまうと、うんちをするときに痛みが生じてしまい、赤ちゃんがうんちをするのを嫌がることがあります。

■おむつかぶれ、切れ痔の原因
・おしっこ…体内の老廃物など肌を刺激する成分が時間が経つと分解されて肌を刺激する
・うんち…刺激性が強くすぐにおむつかぶれになってしまう
・汗、ムレ…ムレてふやけた皮膚は傷つきやすく、排泄物の刺激を受けやすくなる
・こすられ刺激…目には見えない細かな傷でも炎症になる
・カビ(カンジダ)…カビによる皮膚炎・合併症

これらを防ぐために、こまめにおむつを取り替えてあげるようにしましょう。また、お漏らしをしてしまった際に叱ったりイライラしたりすると、赤ちゃんが「お漏らしはいけないこと」だと思ってしまい、それが便秘の原因になることがあります。ため息が出てしまう気持ちもわかりますが、お漏らしはできるだけ温かく受け入れてあげてください。

参考:おむつかぶれの基礎知識(花王)

マルツエキスで便秘を解消

「マルツエキス」は赤ちゃん用の便秘治療薬です。主成分である麦芽糖がゆるやかに発酵し、腸の動きを活発にしてスムーズにうんちができるようにしてくれます。「薬」といってもマルツエキスの主成分はさつまいもを原料とした麦芽糖であるため、副作用は少ないです。

主な副作用は激しい嘔吐と腹痛であると考えられていますが、明治39年から発売開始されて以来副作用の報告はないそうです(とはいえ赤ちゃんによって副作用が起こる可能性はあるため、初めは少量ずつ服用しましょう)。

また、マルツエキスは糖分の他にカリウムなどを摂取できるため、栄養補給としても有効です。和光堂のマルツエキスは水あめ状でほのかに甘さがあり、赤ちゃんでも飲みやすいです。

■マルツエキスの購入方法
・医療機関
・薬局、ドラッグストア
・インターネット通販(Amazonなど)

■和光堂「マルツエキス」の価格(缶入りと個装があります)
・マルツエキス260g(缶入り)…1,236円

・マルツエキス スティック(個装、9g×12袋)…775円

それでもダメなら、綿棒浣腸がおすすめ!

ここまで試しても便秘が解消されないという場合は、綿棒浣腸をしてみましょう。簡単ですが、不安な方は病院で指導を受けることができるので、小児科などで相談してみてください。

■用意するもの
・綿棒(大人用サイズ)
・ベビーオイルまたはオリーブオイル

赤ちゃんに使うからといって、ベビー用綿棒を準備しないように注意してください。ベビー用の綿棒では細すぎて効果が期待できないことに加え、腸内の粘膜を傷つけてしまうことがあるため、必ず大人用のサイズを用意しましょう。

■綿棒浣腸の手順
1.大人用綿棒の先に、ベビーオイルまたはオリーブオイルをたっぷりつける
2.綿棒の先を軽くほぐしてから、赤ちゃんの肛門に出し入れを繰り返す

綿棒の先をしっかりと中まで入れるのがポイントです。また、綿棒浣腸に頼りすぎると、赤ちゃんが自力でうんちをする力を失ってしまうことがあります。どうしても便秘が解消されないという場合のみ実施するようにしましょう

まとめ

生後3ヶ月~4ヶ月になると、赤ちゃんと一緒の生活にも少しずつ慣れてきた時期で、毎日リズミカルに同じことが繰り返されていることでしょう。そんなときに突然うんちが出なくなったら不安になってしまいますよね。でも、赤ちゃんの便秘の多くは体の発達とともに良くなっていくんで、赤ちゃんが着実に成長している証拠だと前向きに捉え、少し肩の力を抜いてみてください。

赤ちゃんが便秘だとわかったら、糖分・水分の補給を基本に、今回ご紹介した運動やマッサージも合わせて試してみてくださいね。もしご自身で判断できない場合は、医療機関へ相談するようにしましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 おむつ・おむつ替え

この記事を書いた人

アンジェニスタ

現在1歳の娘がいる30代の主婦です。10年間技術系派遣会社で正社員として働き、現在フリーランスになり育児とライター業に追われる日々を送っています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 生後3ヶ月・4ヶ月の赤ちゃんの便秘、原因、対策まとめ