1. >
  2. >
  3. >
  4. あなたの”睡眠の質”は大丈夫?快眠テクニックで今日からぐっすり眠りましょう

あなたの”睡眠の質”は大丈夫?快眠テクニックで今日からぐっすり眠りましょう

あなたの”睡眠の質”は大丈夫?快眠テクニックで今日からぐっすり眠りましょうのタイトル画像

子育て中のママは、睡眠が不規則になりがち。。困ったときには、快眠テクニックで質のよい睡眠を取り戻しましょう。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015201772
目次 眠りの「環境」を再確認してみる
ちょうどよい枕の高さは?
眠りに効果的なハーブの香り
睡眠誘導のホルモンに似た「ラクッコピコリン」とは?
刺激的な玉ねぎの香りが睡眠に導く
甘酸っぱいりんごの香りに包まれて

赤ちゃんの夜泣きする時期には、ママの生活リズムも崩れがち。
体が疲れているのにすんなり睡眠に入れないのはつらいものです。

眠りについてそんな悩みを抱えているなら、少しでも早く睡眠リズムを取り戻せるように、快眠テクニックを試してみませんか。

眠りの「環境」を再確認してみる

体や精神の活動を休めて、今から睡眠に入ろうとするときには、とかく五感の影響を受けやすいものです。
寝室は、眠りに入りやすい環境が整っているでしょうか。

目を閉じる前に映る寝具やカーテンの色は、落ち着いたものがよいとされています。
ベージュや茶系、グリーンなどは目に柔らかく映る色です。
とりわけブルー系のカラーは、精神を落ち着かせてくれる効果が高いので、カーテンや寝具に使うにはおすすめです。

ちょうどよい枕の高さは?

あなたの”睡眠の質”は大丈夫?快眠テクニックで今日からぐっすり眠りましょうの画像2

快眠のためには、枕の高さも重要であるとよく言われています。枕は頭に対して高すぎても低すぎても、首や肩のコリ、違和感などを感じてしまいます。頭の大きさは人それぞれ違うものですし、市販の枕がぴったり合っているとは限りません。

布団に横になった状態を、鏡で見たり家族に見てもらったりして、確認しましょう。
横向きに寝たときに、顔の中心と胸の中心がまっすぐになっていれば、ちょうどよい枕の高さ。

高さが合っていないときには、折りたたんだバスタオルなどで調節するのも1つの方法です。

眠りに効果的なハーブの香り

あなたの”睡眠の質”は大丈夫?快眠テクニックで今日からぐっすり眠りましょうの画像3

眠れない夜に、コーヒーなどカフェインの入った飲み物を飲むのは避けたいものです。

眠る前に飲むのなら、カフェインの含まれないハーブティーがおすすめです。ハーブにはさまざまな種類があり、植物によって違った効用を持っています。睡眠前には、鎮静効果のあるハーブを選ぶとよいでしょう。

よく知られているのがラベンダー。ほかにリンゴの香りのするカモミール、柑橘系のオレンジピールやベルガモットなどがあります。また、睡眠に導く効果が高いとされているのがバレリアンです。複数のハーブを飲みやすいようにブレンドしてもよいですね。

ハーブティーを飲むのが苦手という人もいるかもしれません。ハーブは香りによってもリラックスさせてくれるものなので、エッセンシャルオイルを使うという方法もあります。

睡眠誘導のホルモンに似た「ラクッコピコリン」とは?

あなたの”睡眠の質”は大丈夫?快眠テクニックで今日からぐっすり眠りましょうの画像4

食事として取るとよいものがレタスです。レタスには、ラクッコピコリンという成分が含まれています。

ラクッコピコリンは、睡眠に誘導するホルモンの1つメラトニンに似た働きをします。このレタスの睡眠への働きには即効性があり、口に入れてから脳の睡眠中枢に届くまでの時間は30分ほどです。

ただ、この効果が得られるにはレタス1/4個の量が必要なので、フレッシュサラダで摂るには無理があるでしょう。幸いなことに、レタスは加熱してもおいしく食べられるので、炒めたりスープにしたりするとカサが減り、たくさん摂ることができます。

刺激的な玉ねぎの香りが睡眠に導く

血液をサラサラにする玉ねぎも快眠に向いている食材ですが、単に食べるだけでなく、寝室に置くことでもよい睡眠に導く作用があります。

置くときのポイントは玉ねぎをスライスすること。玉ねぎを切ったときには、硫化アリルという成分が揮発し、鼻や目を刺激します。調理のときには邪魔になるこの成分、実は鎮静作用があり、気持ちをリラックスさせることがわかってきています。

あまり香りが強いと、かえって気になってしまうかもしれませんので、スライスする量や置く場所を調節してみましょう。

甘酸っぱいりんごの香りに包まれて

あなたの”睡眠の質”は大丈夫?快眠テクニックで今日からぐっすり眠りましょうの画像6

枕元に置くなら、りんごもおすすめのアイテムです。りんごの香りはいくら吸い込んでもさわやかなので、たくさん置いても大丈夫。

りんごは昔から健康によいと知られ、世界のことわざに残っているほど。
食べることでも、整腸作用や免疫力アップ、血糖値の抑制などに役立ちます。

このりんごの甘酸っぱい香りが、精神安定の効果からよい眠りに導いてくれるのです。りんごの香りは、偏頭痛の痛みを軽減し、さらに
は子どもの夜泣きにも効果的と言われています。


1度タイミングを失ってしまうと、自分の意志とは無関係にとれなくなってしまう睡眠。
健康と密接な関係にある睡眠は、規則正しいリズムでとりたいものです。

眠れない夜が続いてしまったら、ぜひ快眠テクニックを試してみてください!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 健康管理

この記事を書いた人

yumiCR

四国在住。猫と犬と子どもの世話に追われながら、ライターをやっています。男の子を育てるうちに性格が変わったかも、と思う今日この頃。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. あなたの”睡眠の質”は大丈夫?快眠テクニックで今日からぐっすり眠りましょう