1. >
  2. >
  3. >
  4. 「お揃い」に対する双子の執着心がすごかった・・・。

「お揃い」に対する双子の執着心がすごかった・・・。

「お揃い」に対する双子の執着心がすごかった・・・。のタイトル画像

毎日お揃いの洋服を着せている双子。親の趣味で最初は着せていたのですがいつの日か、自分の意志でお揃いにしたがるように。それは服だけではなく身に着けるものすべてに対しても同じようです。

なんでもお揃いにしたがる双子

我が家の双子は、毎日お揃いの洋服を着ています。色が同じものから、色違いのものまでさまざまですが、とにかく毎日が双子コーデ。
最初は、「その方がカワイイ」という親の趣味が強かったのですが、いつの日か、本人たちが、お揃いじゃないと嫌がるようになってしまいました。
片方だけにスカートを履かせると、もう片方も履きたい!と主張します。

怪我をした時の絆創膏もお揃い

ある日、妹のきゃえたんが転んでしまい、手をすりむいてしまいました。

「お揃い」に対する双子の執着心がすごかった・・・。の画像1

大した傷ではなかったのですが、本人が傷を気にするので、絆創膏を貼ってあげました。

すると、それを見た、姉のなーたんは…

「お揃い」に対する双子の執着心がすごかった・・・。の画像2

きゃえたんと同じように手を出して、絆創膏を貼ってとお願いしてきます。

しかし、当然、その手は傷ひとつないぷっくぷくの手。



「きゃえたんは怪我をしたから、絆創膏を貼ったんだよ~。」

「なーたんは、怪我をしてないから、絆創膏はいらないんだよ~。」



そう言っても納得しません。

「お揃い」に対する双子の執着心がすごかった・・・。の画像3

あまりにも泣いてお願いするので、しょうがなく傷のない手に絆創膏をぺたん。

「お揃い」に対する双子の執着心がすごかった・・・。の画像4

きゃえたんと、お揃いになって、やっと満足するなーたんなのでした。

相手のものが、よりよく見える!?

生まれた時からずっとそばにいるなーたんと、きゃえたんは、洋服もおもちゃも、二人の共有のものです。
二人の間に愛情の差がないように、片方だけに特別に与えるということはしていません。

絆創膏のような些細なものであっても、同じように身に着けたいと思うのはそういうところからきているのかもしれません。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

田仲ぱんだ

はじめまして、田仲ぱんだと申します。
2013年に誕生した一卵性の双子の女の子、なーたんときゃえたんとの日々をブログでも公開しています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「お揃い」に対する双子の執着心がすごかった・・・。